autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 4座スペシャリティクーペ最新事情 徹底比較 4ページ目

3台比較 2009/3/27 22:39

4座スペシャリティクーペ最新事情 徹底比較(4/4)

4座スペシャリティクーペ最新事情 徹底比較

日本生まれらしいきめ細やかな心配り

走行走行

スカイラインというと、日本ではただならぬブランド力を持つ車種のひとつである。

購入を検討するのは、それなりに目の肥えた層で、「スカイライン」というネーミングを、大なり小なり好意的に捉えている人だろう。そうした人たちにも、このクルマは十分に期待に応えてくれる素養を持っていると思う。

今回の中で唯一の日本車で、価格帯はそれなりに高いものの、内容の充実ぶりを考えると、買い得感すらあると思える。このとおりスタイリッシュで、高級感もあり、走りもよく、装備も充実しており、日本生まれらしいきめ細かな心配りは、インテリアの各種操作系やカーナビの機能を見ても明らかだ。

ドライブフィールには、エンジンの回転フィールにもう少しシルキーな印象も欲しいところだが、乗り手に優越感を感じさせるに十分な動力性能を持っている。ATが7速化されたことで、その印象はより上質なものとなった。

フットワークにもクセがなく、いい意味でいたって無難で、快適にリラックスして乗れる。それ自体がこのクルマの持ち味である。実に大人のクーペである。

MTへのコンプレックス

走行走行

本来、3シリーズクーペは本国ではもっと多くのエンジンバリエーションがあるが、日本には、335iと320iという、上と下が導入されている。そして価格差は、実に240万円と大きい。「もしも325iあたりのクーペがあれば欲しい」という声もよく耳にするが、そこはインポーターの戦略なので、いたしかたないところ。そして、トップエンドの335iはかなりの高価格。なかなか手が出にくいのは否めない。今回の中でもダントツで高価だが、それでも「乗ればわかる」クルマではある。痛快なドライビングプレジャーは、やや安定志向のM3をもしのぐものがあるほど。さらに、7速スポーツATを得たことで、MTにコンプレックスを抱くことなく、いたってイージードライブで、このハイパフォーマンスを楽しめるようになった点を歓迎すべきだろう。

欲しいと思っている人は少なくないはず

走行走行

マスタングは、厳しいアメリカの現状、とりわけスポーティモデルを取り巻く環境の中において、販売的には比較的健闘しているようだ。そして、本国ではいたって身近な存在でありながら、日本に来るといきなりプレミアムなスペシャリティカーの1台となるのがマスタング。それはそれで悪くないと思うが、もう少し価格が安いとか、燃費を含む維持費が低いとか、販売網が充実していれば、実は欲しいと思っている人も少なくないのではと思う。往年のスタイリングを現代的に再現し、北米で成功を収めているマスンタングのスタイリングは、日本でも好意的に捉えられている。

これまでも数多くの限定車が送り出され、どれも魅力的だったが、今回の45周年記念車は、グラストップを持つ点が、他モデルとの大きな違い。内容的にはお買い得でもある。すでに2010年登場といわれる次期モデルの情報もあるが、この限定45台を手に入れたい人は、急いだほうがいい。

日産 スカイラインクーペ 関連ページ

BMW 3シリーズクーペ 関連ページ

フォード マスタング 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 スカイラインクーペ の関連記事

日産 スカイラインクーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 スカイラインクーペ の関連記事をもっと見る

日産 スカイラインクーペ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22