autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 注目のプレミアム・クロスオーバーSUV 徹底比較 4ページ目

3台比較 2009/2/20 15:56

注目のプレミアム・クロスオーバーSUV 徹底比較(4/4)

注目のプレミアム・クロスオーバーSUV 徹底比較

プレミアムコンパクトSUVの王道

走行走行

コンパクトSUVにプレミアムという概念を最初に採り入れたモデルとして、X3の存在感はゆるぎない。実際、都内にいると非常によく見かけるのだが、それは、BMWというブランドの強さもさることながら、手頃なサイズや、使いやすいパッケージ、走りのよさ、所有したユーザーの評判がよいことなど、理由はいくつも挙げられる。

何よりも、直6エンジンの気持ちよさや、BMWらしい優れたハンドリングなど、「駆けぬける歓び」を随所から実感させるところが、このクルマの最大の武器だ。SUVに“走り”を求めるのであれば、やはりX3こそ本命だろう。そこにある“味”をも重視するのであればなおのことだ。プレミアムコンパクトSUVとして、依然として王道を行くモデルであり、それをBMWが手がけたという部分に、さらなる価値の見出せる1台である。

メルセデスらしさをアピール

走行走行

プレミアムコンパクトSUVのセグメントは、これまでBMW X3の独壇場であった。そこにメルセデスが満を持して送り込んだのがGLKだ。

一方で、日本市場でのGLKの位置づけは、先代まではラインアップされたCクラスワゴンの4MATICの代わりという見方もできる。そう考えると、ちょっと高めの価格設定にも納得がいく。むしろ、後者の理由もあってか、GLKはSUVライクな面を持ちながらも、いたって乗用車的であることをヨシとしたクルマに仕上がっている。

しかも、SUVテイストとともに、メルセデス車であることを視覚的に強くアピールするデザインが与えられたところもGLKの特徴である。

1グレードで左ハンドルのみという割り切ったラインアップには、日本市場ではハンデとなる面もあるだろうが、逆に、左ハンだからこそ欲しいという人も少なからずいるはずだ。

意外と高いコストパフォーマンス

走行走行

日本車のクロスオーバーSUVにおけるトップモデルであり、価格的にも先代ハリアー(2代目RX)に比べるとだいぶ上がったが、そのぶん中身も充実している。

全体的に、見て、触れて、乗って感じられるあらゆる部分を、先代に対して、いわば強引なまでにグレードアップを図ったように感じられる。それは、日本でもレクサスブランドのクルマとして売ることに対する処置であり、価格上昇に対する相応の価値を与えるためであり、ひいてはライバルとの差別化を求めてのことでもあるだろう。

結果的に、その価格設定には、先代からの上がり幅は気になるところではあるが、コストパフォーマンスは意外と高いようにも思えてくる。

ちなみに、先代の2代目ハリアーについても、今後もしばらくは継続販売されるようだが、これから買うのであれば、ハリアーに比べると高価だが、RXを選んでおいたほうが後悔せずにすむのではないかと思われる。

BMW X3 関連ページ

メルセデス・ベンツ GLKクラス 関連ページ

レクサス RX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW X3 の関連記事

BMW X3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW X3 の関連記事をもっと見る

BMW X3 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22