autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ミドルクラススポーティミニバン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2006/8/16 15:20

ミドルクラススポーティミニバン 徹底比較(3/4)

ミドルクラススポーティミニバン 徹底比較

低床フロアが小さなスペースに最大限の効率を生んだ

インパネフロントシート

最近のホンダ車には大胆なインテリアデザインに驚かされることが多いが、新型ストリームも、オーソドックスな中にユニークな要素を盛り込んでいる。

樹脂パネルは新感覚のシボが入り、メタリックな部分はキズがつきにくいところもいい。

おなじみとなった深海生物系デザインのステアリングホイールに、RSZには赤く光るメーターが装備される。インパネシフトを採用し、ステアリングホイールにはパドルシフトも備わる。このパドルを操作するだけで即時マニュアルモードとなり、2秒ほど無操作であれば自動的にAUTOモードにもどるという、非常に使いやすいものとなっている。シフトチェンジのレスポンスも良好だ。

センターパネル部の張り出しは小さく、運転席から助手席間のウォークスルーは容易にこなすことができる。

シートはクッションもシートバックも厚みのある、しっかりとしたものが装わる。スポーティな形状で、硬さ感もちょうどよく、快適な着座感をもたらしてくれる。

収納スペースついては、とくに目新しい試みはなされていないが、これで十分。ホンダらしく、ドアの取っ手部分をトレーとして使えるようにしているところも特徴だ。

2列目は、ヒップポイントの高さがフロントよりも少し高めに設定されているが、頭上空間はそれほど大きくなく、ミニバンというよりもワゴンに座る感覚に近い。シート自体は1列目と同様にしっかりとしたものが備わる。ドアトリムにはスイングドアのメリットを生かし、大きめのアームレストが備わる。サイドウインドウは前側が60mmほど残るが、リアはほぼすべて下ろすことができる。

シートには肩部と腰部のレバーが個別の機能を持ち、腰部ではフォールダウンし、肩部は3列目へのウォークインスライド機構を持つ。ただし、スライドさせる際の動き始めの操作力がやや重いところはネックだ。フロアが非常に低いので、3列目へのアクセス性もそれほど悪くない。

3列目シートはさすがに小さいが、低床フロアにも助けられ、初代ストリームよりも居住性は大幅に向上している。大人にはきつそうだが、子供なら大丈夫だろう。

ラゲッジスペースの確保は、3列目シートを使用しないことが前提となりそうだ。また、それほど深いわけではないが、アンダーボックスが備わり、ラゲッジボードの裏返すと撥水パネルとなるのも新しいアイデアである。

また、今回の他の2台では、2列目シートのダブルフォールド機構を駆使して最大ラゲッジスペースとするのに対し、ストリームではシンプルなシングルフォールドを採用している。

2列目シート3列目シートパドルシフトラゲッジラゲッジ

乗用車的なインテリア各部のデザイン

インパネフロントシート

インテリアのデザインは、インパネ、シート、ドアトリムなど、いずれも乗用車的なものとなっている。これは乗用車からの乗り換えユーザーに違和感を与えないための配慮と思われる。ドライビングポジションがアップライトであるため、すべてのものが低い位置にある印象がある。

スポーティグレードである「Z」では、メーターの照明が赤となり、ブラックで統一されたインテリアとともに精悍さをアピールしている。

今回の3台の中では唯一、ステアリングにチルトは付くがテレスコピック機構が付かず、またシートリフターこそ備わるものの、上げていくとオシリの部分が持ち上がって座面が水平に近づき、運転しにくくなってしまうあたりなど、やや古さを感じさせる部分である。また、4WDモデルとの共用のためかセンタートンネルが張り出し気味である点も気になった。

3列目へのアクセスは、2列目シート腰部のレバーを操作するとシートバックが前倒しされながら、スプリングにより前方にシートが自動的にスライドする。小さな力で操作できるので、3列目の乗員には重宝されることだろう。

3列目シートは、やはりシートクッションもシートバックも小さなサイズだが、制約のある中で、よくぞこれだけのスペースを確保したものだと感じさせる。リクライニングの角度とクッションの角度が腰部を軸に扇状に同時に動くという、面白い機構を採用しているのも特徴だ。3列目から降りるときは、2列目背後のストラップ引けばよい。

ラゲッジルームは、トーションビームサスのメリットによるものか、今回の3台の中では、フロアの広さや形状においてアドバンテージがあるようだ。3列目シートを使用する場合でも、そこそこのスペースが確保できる。

2列目シート3列目シートシフトラゲッジラゲッジ

用途に応じてアレンジ出来る2列目シート

インパネフロントシート

シンプルでクリーンなデザインのインテリアは、今回の3台においてはもっともミニバンらしい雰囲気のもので、居心地の良さを感じさせる。

センターパネルに配置されたATセレクターは、マツダらしくマニュアルセレクターの方向が通常と逆で、レーシングカーのシーケンシャルシフトのように、押して「-」、引いて「+」となっている。また、メーターパネルにセレクトしたギアが大きく表示される。このあたりを好むユーザーには大歓迎だろう。

プレマシーは2列目シートが特徴的。左側シート下に収められた「カラクリ7thシート」と変幻自在の大型アームレストにより、通常はセパレートシートとして使え、イザとなれば7人の乗車も可能となる。また、右側シートには「カラクリ収納ボックス」も備わる。用途に応じて様々なアレンジを使い分けることができるのだ。さらに、これらのアレンジ操作に対して、シートベルトのキャッチが連動して動くなど、細かい配慮も見られる。2列目シートはスライド量が非常に大きいところもポイントだ。3列目の居住スペースは、常用するにはさすがにキツイが、今回の3台の中では最大となる。

スライドドアは約4秒で全開となり、約6秒で全閉となる。開閉途中のレバー操作に対する動作の設定については、各社により様々だが、マツダではクローズの途中で操作すると、いかなる場合でも必ずオープン方向に動くようにしている。これは誤操作により人や荷物が挟まれないようにとの配慮だろう。ボディサイズのわりには非常に幅の広いスライドドアを持ち、開口幅はかなり大きい。

ちなみにパワーウインドウについては、他の2台には全席にAUTOモードが備わるが、プレマシーは運転席のみ。また、後席サイドウインドウを完全に下まで下ろすことができるのはプレマシーのみである。

ラゲッジルームでは、まずテールゲートに注目したい。樹脂製として重量を軽減するとともに、開く高さを2段階に設定し、爪を傷つけないよう手で触れるところにパッドを貼るなど、女性ユーザーに配慮したポイントが見られる。

また、3列目シートを倒すときの、ワンタッチでクッションが沈み込みながらシートバックが前倒しされ、ラゲッジフロアと同じ高さになる機構は秀逸である。

2列目シート3列目シートシフトラゲッジラゲッジ

内装・装備の総評

限られたスペースの中に、より多くの機能を盛り込むことは、メーカーにとっては至難の命題。このカテゴリーともなると、とくに難しい問題であるはずだが、各社それぞれアイデアを凝らし、使いやすさを追求している点は同じ。また、常用するわけでなければ、3列目シートもちゃんと使えるレベルの居住性が確保されている。使い勝手については、各モデルによりそれぞれ特徴があるので、購入を検討する際は、ぜひ実車を確認して選ぶべきだ。

ホンダ ストリーム 関連ページ

トヨタ ウィッシュ 関連ページ

マツダ プレマシー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ストリーム の関連記事

ホンダ ストリームの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ストリーム の関連記事をもっと見る

ホンダ ストリーム の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25