autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 売れ筋アッパーミドルセダン 徹底比較 4ページ目

3台比較 2007/6/8 19:57

売れ筋アッパーミドルセダン 徹底比較(4/4)

売れ筋アッパーミドルセダン 徹底比較

グランドツーリングカーとしての素性を追求

走行走行

もともとレガシィは、水平対向エンジンと、それを軸とするシンメトリーAWDシステムを持つという、個性的なパッケージのクルマである。これにより、あらゆる状況下で安定して速く走れるという万能性をウリとするモデルである。

この3台の中では、前述の明快なキャラクター性を備えることで、コダワリの大きなユーザーから大いに支持され続けている。

今まで2Lクラスの5ナンバー車として捉えられていたレガシィだが、インプレッサとの差別化もあり、徐々にグランドツーリングカーとしての素性を磨き上げてきた。

3Lの6気筒モデルは、まさにその方向性を追求したモデルである。ツーリングワゴンやアウトバックにも同6気筒モデルが存在するが、B4がもっとも似つかわしく思えるのだ。

また、SIドライブやSIクルーズなど、積極的に運転を楽しみ、快適なドライブを支援する装備の充実が図られていることも見逃せない。 モデルチェンジまではまだ時間があることだし、レガシィB4は今でも積極的に選ぶ価値のあるミドルセダンであるといえる。

実はかなり個性的なセダンである

走行走行

かつてのマークIIの後継モデルであることから、もちろんクラウンよりも低価格で、意図的に差別化を図ったのがマークXの成り立ちだろう。あるいは、ユーザーとしては、かつてのアリストのような捉え方をしているようにも思える。

上級の3Lモデルは、クラウンにも負けない上質感、高級感を備えている。販売の主力は2.5Lモデルであり、2.5Lでも十分な動力性能を備えているが、500ccの差は想像以上に大きい。排気量差というよりも、エンジン自体の素性の違いのように思える。それに対し、差額を払う価値はあるといえる。また、この価格帯になるとゼロクラウンの存在も気になるところだが、やはり価格差はかなり大きく、スポーティなドライブフィールを望むのであれば、積極的にマークXは「買い」だろう。

今回の3台の中では、もっともそつない存在といえる。Sパッケージであれば視覚的にスポーティなスタイルを楽しめる面もあるが、300Gはシックな雰囲気が持ち味。

1台のクルマとしてみると、多くの人が先入観として持っているよりもかなり個性的なクルマなのだが、それが伝わりにくい面があるのは否めない。やはりマークIIの後継車としてのイメージが強いようだ。

インテリアとスペースユーティリティ

走行走行

ローレルとセフィーロの後継にあたる大柄なFF車であるティアナは、日産が不振の時代に発売されたものの、価格に対するバリューの高さが受けてか、比較的好調に売れている。

その高いコストパフォーマンスは、登場からかなり時間が経った現在でも変わらない。

とくに今回取り上げた3.5L V6モデルは、ティアナにプラス強力な動力性能という麻薬的な魅力をより強く味わわせてくれる。2.3Lモデルのほうがクルマとしてのバランスでいうと優れる面もあるのは事実だが、この乗り味を体感すると、病みつきになるのではないか?

派手さはないもののオシャレな雰囲気があり、視覚的に嫌悪感を抱かせないエクステリアにも好印象。しかし、どちらかというと「モダンリビング」を標榜するインテリアこそ、やはりティアナの醍醐味といえる。そして、FFのメリットを最大限に活かしたスペースユーティリティも大いに魅力である。

各部に古さが感じられるようになってきた面もあるが、ティアナは持ち前の魅力を武器に、当面は根強い人気を発揮し続けることだろう。

スバル レガシィB4 関連ページ

トヨタ マークX 関連ページ

日産 ティアナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィB4 の関連記事

スバル レガシィB4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィB4 の関連記事をもっと見る

スバル レガシィB4 の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25