あと10年で死亡事故をゼロに! アイサイトの未来は本当にスゴイ【スバルの未来Vol.2】|【未来モビリティ総研】

画像ギャラリーはこちら
“ぶつからないクルマ”というキャッチーなフレーズで一躍有名になったSUBARUのアイサイト。かつての走りのイメージから、今では“スバル=安全”という面も定着している。そんなスバルが考えるアイサイトの将来とは?
目次[開く][閉じる]
  1. アイサイトが大幅進化!? ハンズオフも可能に
  2. 苦手な“繋がる”機能も! すべてを大画面で直感的に操作可能に
  3. 歩行者用だだけでなく自転車にも対応する車外エアバッグ

アイサイトが大幅進化!? ハンズオフも可能に

スバルは2030年までに「死亡事故ゼロ」という目標を掲げている。そう、同社にとって安全技術の強化は急務なのだ。先進安全支援システム「アイサイト」は刷新されたステレオカメラを中核にしたセンサーフュージョンタイプへと進化するという。車線変更維持やカーブ予測自動減速、渋滞ハンズオフを実現するなど、これらの機能は2020年中に登場する新型レヴォーグから採用していく予定だ。

将来的にはすべての機能を統合制御

将来はAIを用いることで走行領域検出や画像から進行路の推測も可能にし、認識/判断能力を更に高め、あらゆる道路での安全性を確保するという。更に新型フォレスターより採用のDMS(ドライバーモニター)とアイサイトを連動させることも視野に入れているそうだ。

苦手な“繋がる”機能も! すべてを大画面で直感的に操作可能に

スバルが最も苦手となる「繋がる機能」は、すでに北米で展開中の「スターリンク」の国内導入を進めていく予定だ。事故自動通報(AACN)の採用拡大に加えて、将来はシートセンサーとの連携による「乗員情報」、歩行者エアバックとの連携による「歩行者事故の通報」、DMSとの連携による「急病者対応」など、情報制度向上による救命率の引き上げも取り組むそうだ。

歩行者用だだけでなく自転車にも対応する車外エアバッグ

現在も世界トップレベルの「衝突安全性能」だが、歩行者だけでなくサイクリストも保護するエアバックの導入や、アイサイトと連携して傷害発生をできるだけ抑えるエアバック制御も検討中のようだ。

全てが機能が実現すれば、スバルが掲げる「2030年に死亡事故ゼロ」という目標は実現できそうだ。

【筆者:山本 シンヤ】

>>次回【スバルの未来Vol.3 EV時代の走りとは?】を2020年2月10日に掲載予定! 電動化したスバルの走りや、目指していくクルマのカタチなどを徹底解説する。

※先週予告した「VR試乗の開発秘話」は都合により2020年2月10日以降に掲載予定です。

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ
スバル/インプレッサスポーツ
スバル インプレッサスポーツカタログを見る
新車価格:
200.2万円270.6万円
中古価格:
42.8万円276.2万円
スバル/インプレッサG4
スバル インプレッサG4カタログを見る
新車価格:
200.2万円270.6万円
中古価格:
54.3万円261万円
スバル/XV
スバル XVカタログを見る
新車価格:
220万円292.6万円
中古価格:
129.5万円314.4万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

スバル インプレッサスポーツの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル インプレッサスポーツのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル インプレッサスポーツの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル インプレッサスポーツの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル インプレッサスポーツのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる