autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 国産個性的コンパクトカー 徹底比較 2ページ目

3台比較 2007/9/28 19:35

国産個性的コンパクトカー 徹底比較(2/4)

国産個性的コンパクトカー 徹底比較

若い男性をターゲットにキャラを立てた

フロントスタイルリアスタイル

初代イストは、当時のヴィッツをベースに高級感を与えつつ、SUVテイストを加味したクルマだった。それが大いにウケて、デビュー後しばらくはヴィッツを凌ぐ売れ行きを見せたほど。

 そして2代目の登場を迎えたわけだが、今では“ヴィッツの上級版”として、オーリスやブレイドが存在する。そこでの棲み分けもあってか、イストは若い男性向けのクルマであることを強調したキャラクターとなった。

 SUVテイストを、初代よりもはるかに強調したエクステリアは、短い全長に、ちょっと高めの車高、大径タイヤ、力強いデザインフロントマスク、バンパー下のガードの形状、灯火類のディテールなど、このボディサイズのわりには強い存在感を放っている。

 反面、フロントセクションが不必要に大きく見える気もするし、初代が持っていたちょっと洒落た雰囲気はあまり感じられない。

 パワートレインは、1.5L+CVTの組み合わせを標準とし、上に1.8L+ATを用意。1.3Lの設定はなくなった。動力性能的には1.5Lでも十分。同じエンジンを積みながら、ひたすら燃費を重視した味付けのヴィッツよりも、はるかに加速が気持ちよく感じられる。1.8Lになると余力がある。ゼロスタートでの加速も後者がだいぶ上となる。

 フットワークは、大径タイヤによりヴィッツや、今回の他の2台に比べると重心の高い感覚がある中で、スポーティな引き締まった味付けとなっている。背が高いことのデメリットはほとんど感じられず、現代のコンパクトカーらしいキビキビした走りを楽しめる。ただし、扁平率60%の大径タイヤを履くため、乗り心地の面では有利になるわけだが、それでも1.8Lはちょっと固めの印象だった。

 車両重量1220kgに対し、前軸重730kg、後軸重490kgと、ほぼ3:2という感じで、やはりフロントヘビーの印象はなくはない。 SUVテイストのキャラクターに合わせてか、4WD車には、クラス唯一となるアクティブトルク型4WDシステムを採用することも特長である。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

上質な内外装とそつない走り

フロントスタイルリアスタイル

ベリーサは先代デミオをベースにした、ちょっと高級なハッチバック車。このクルマが出た当時でいうと、それまで日本になかったカテゴリーを開拓したクルマであった。

 内外装を上質に仕立てるとともに、当時のデミオには1.3Lと1.5Lの設定があったところ、こちらは1.5Lのみとするなど、明確な差別化が図られた。

 エクステリアは「和製MINI」などと評されることも多いが、まさにそのとおり、良い意味でMINIのようなテイストを狙ったのだと思える。

 当時のデミオがコンパクトワゴン的なイメージが強かったのに対し、ベリーサはあくまでもオシャレさを重視したハッチバック車という印象である。

 ただし、もう少し強いキャラクターが欲しかったというのが正直なところ。フロントマスクが凡庸で、存在感が希薄に思えなくもない。もう少しキャッチーな個性を持っていたほうが、このクルマの存在をより広くアピールできたのではないかという気がするのだ。

 走りは、ベースとなったデミオが「欧州コンパクトカーに匹敵する」とまで評されたほどであり、それをもとに仕上げられているだけに、そつなくよくまとまっている。デミオよりも街乗りを主体とした低速の一般走行時の乗り心地にも配慮した足まわりとなっているようだ。

 パワートレインには、今回の中で唯一、4速ATが与えられるが、違和感がないという意味では、いまだに他の2車のCVTよりも、熟成されたATに軍配を上げたい。また、降雪地ユーザーのために、日産より提供されるe・4WD車も用意されている。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

主張せずとも上質さが伝わるクルマ

フロントスタイルリアスタイル

3台を並べると、ティーダのサイズ感は他の2台よりも明らかに大柄である。クルマとしては、ベーシックなハッチバック車であることに違いない。

 しかし、こうして見ると、欧州車っぽいと評されたスタイリングや、メッキの使い方、エッジの立たせ方、とくに奇をてらっていないが、さりげなくきらびやかな灯火類やグリルなど、意外と「華」のあるクルマであることにも気づく。とりわけ強調しているわけではないが、上手いまとまりを見せている。前後デザインの調和もよい。

 そして、「18G」グレードには、1.8Lエンジンが与えられている。今となっては、前述のイストも1.8L車を据えているのだが、ティーダに1.8Lエンジンを与えたのは、オーリスやブレイドが出る前としては、少なからずインパクトがあった。

 ボディカラーについても、写真のアメジストグレーという、上級セダンのような色も用意されている。

 エンジンはフラットトルクで、巧みなCVTの制御とあいまって、動力性能としては十分すぎるほどの余力がある。ゆるく踏んだときにはわずかに飛び出し感があるが、全体の変速制御はいたってスムーズである。静粛性も3台中で全体としてはもっとも高い。これがイストでは、スロットルをオーバーゲイン気味に開けている印象で、ゼロスタートでは飛び出し感があるところだが、ティーダはトルコンに近いフィーリングであり、違和感は小さい。

 フットワークについては、基本的には乗り心地重視の市街地の一般走行を想定したセッティング。ただし、ステアリングフィールには、センター付近をはじめ、いかにもアシスト制御している感覚が常にあり、少々リニアリティに欠ける。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

3台の持ち味はそれぞれだが、ルックスの個性の強さでいうと、イストがもっとも上となり、印象に残る。クルマのキャラクターからして、ベリーサはもう一押し何か欲しいところだが、逆にティーダはこのまとまりでいいと思う。走りのキャラクターも3モデルとも基本的には無難な味付けだが、メカニズム的には古さが感じられるものの、ベリーサのまとまりの良さにもっとも好感を持っている。

トヨタ ist 関連ページ

マツダ ベリーサ 関連ページ

日産 ティーダ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ist の関連記事

トヨタ istの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 竹岡圭のドライブvol.43 紅葉×味覚×芸術 秋を大満喫の旅

    ドライブ

    竹岡圭のドライブvol.43 紅葉×味覚×芸術 秋を大満喫の旅

    istは個性を表現したコンパクトカー2代目になりひと回り大きくなって、よりSUV色が増したナァというイスト。先代は都会派女性がターゲットだっ....

  • 国産個性的コンパクトカー 徹底比較

    3台比較

    国産個性的コンパクトカー 徹底比較

    イストがフルモデルチェンジして2代目に移行し、初代よりもグッと個性的なクルマに変身した。従来のコンセプトを受け継ぎつつ、ボディサイズが大きく....

  • トヨタ ist 試乗レポート

    試乗レポート

    トヨタ ist 試乗レポート

    見た目だけではない、コンパクトカーを超える基本性能ヴィッツ兄弟のひとつとしてデビューした先代イスト。ベーシックコンパクトカーのヴィッツよりも....

トヨタ ist の関連記事をもっと見る

トヨタ ist の関連ニュース

  • トヨタ、イストを一部改良し発売

    自動車ニュース

    トヨタ、イストを一部改良し発売

    トヨタは、イストを一部改良し6月1日より発売した。今回の一部改良では、リヤ中央席に3点式シートベルトおよびヘッドレストを設定したほか、優れた....

  • トヨタ、イストに新色設定など一部改良

    自動車ニュース

    トヨタ、イストに新色設定など一部改良

    トヨタは、イストを一部改良し全国のネッツ店を通じ8月29日より発売すると発表した。今回の改良では、外板色にブロンズマイカメタリックを新たに設....

  • トヨタ、イストを一部改良

    自動車ニュース

    トヨタ、イストを一部改良

    トヨタは、イストを一部改良し、全国のネッツ店を通じて、8月3日より発売した。今回の改良では、バンパー下端の素地部をボディカラーと同色にしたフ....

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23