autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 アウディのステーションワゴン大本命、新型「A4アバント」が先進の安全装備を多数備えて遂に登場!【徹底解説】 2ページ目

新型車解説 2016/5/18 18:52

アウディのステーションワゴン大本命、新型「A4アバント」が先進の安全装備を多数備えて遂に登場!【徹底解説】(2/3)

アウディのステーションワゴン大本命、新型「A4アバント」が先進の安全装備を多数備えて遂に登場!【徹底解説】

視覚的な安定感を強めたボディ

アウディ A4アバント

新型になったA4アバントの外観は、当然ながらA4セダンと同様で、ワイドな6ポイントのフロントグリルが備わる。

ボディサイズは全長:4735mm(Sラインパッケージは4740mm)、全幅:1840mm、全高:1455mm(仕様によっては1435mm)。アバントはセダンに比べて全高が25mmほど高いが、ほぼ同じ大きさだ。

1800mmを超える全幅によって視覚的な安定感を強めたが、日本で使うにはサイズが少し大きい。側方や後方の視界も良いとはいえず、最小回転半径は5.5mに達するので、購入する時は試乗車で取りまわし性を確認したい。

アウディ A4アバント

エンジンはA4セダンと同じく、直列4気筒2リッターのターボを搭載した。2.0TFSI(前輪駆動の2WD)は最高出力が190馬力(4200~6000回転)、最大トルクは32.6kg-m(1450~4200回転)となる。自然吸気エンジンに当てはめると3.2リッタークラスだ。

2.0TFSIクワトロ(4WD)は、同じエンジンを搭載しながらチューニングが高まり、252馬力(5000~6000回転)/37.7kg-m(1600~4500回転)に向上する。3.7リッタークラスの性能だから、4WDの搭載で車両重量が100kg増えるものの、加速力は2WDを上まわる。トランスミッションはすべて2組のクラッチを使う7速タイプのSトロニックだ。

アウディ A4アバントアウディ A4アバントアウディ A4アバントアウディ A4アバントアウディ A4アバント

日本車の1.5~1.8リッタークラスと同等

アウディ A4アバント
トヨタ オーリストヨタ カローラフィールダー

注目されるのはJC08モード燃費で、2WDの2.0TFSIは18.4km/L。この数値はトヨタ「オーリス150X(18.2km/L)」など、日本車の1.5~1.8リッタークラスと同等で、動力性能を考慮すれば優れている。

4WDの2.0TFSIクワトロも15.5km/Lと良好。トヨタ「カローラフィールダー4WD・1.5G(16km/L)」に匹敵する。アウディがJC08モード燃費に不慣れな輸入車であることも考慮すれば、注目すべき値になった。ただし使用燃料はプレミアムガソリン(いわゆるハイオク)である点には注意が必要だ。

ちなみにこの燃費数値はアウディA4セダンと等しい。ワゴン化に伴う車両重量の増加(2WD:40kg・4WD:20kg)、Cd値(空気抵抗係数)の変化(セダン:0.23/アバント:0.26)は、燃費の数値自体には影響を与えていない。

アウディ A4アバント 関連ページ

アウディ A4 関連ページ

アウディ S4アバント 関連ページ

アウディ RS4アバント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A4アバント の関連記事

アウディ A4アバントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A4アバント の関連記事をもっと見る

アウディ A4アバント の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円