新エンジン搭載のVW「ポロ TSI R-line」を試す! “若さ”に満ちた実力とは(1/3)

  • 筆者: 山田 弘樹
  • カメラマン:オートックワン編集部

ポロに“Evoユニット”を搭載した“TSI R-line”が追加

フォルクスワーゲンのコンパクトカー「ゴルフ」と共に同社の両翼を担う「ポロ」に新たなグレード「R-line」が加わった。R-lineはその名の通り「レーシングライン」を意味している。

R-lineはモータースポーツで培ったノウハウを盛り込んだスポーティバージョンとしてフォルクスワーゲンの各車種に設定されているが、ポロの場合はここに1.5リッターのTSI Evoユニットを搭載することもひとつの大きな話題である。

>>ポロ TSI R-lineの内外装をチェック

踏んだ瞬間に「おっ!」 実用性&楽しさを兼ね備えた“1.5TSI Evo”エンジン

まず注目の1.5TSI Evoは、実用性と楽しさのバランスが非常に良いエンジンだ。実用面では当然ながら、1.5リッターに増えた排気量がその効果を全面に押し出してくる。

1500rpmという低い領域から250Nmの最大トルクが発揮されるため、1.0TSI(175Nm/2000rpm)で感じた出足の鈍さが全くないことにまず“おっ!”となる。

そして少ないアクセル開度でもクルマはスーッと進み、駆動系やタイヤがもたらす転がり抵抗の低さを感じ取ることができる。さらに、こうした惰性の走行状態からパッとアクセルを踏み直したときなども、過給圧の掛かり方やトランスミッションの連携が極めてスムーズなため、ギクシャク感なく走ることができる。

Evoと名付けられた背景とは

このエンジンが「Evo」と名付けられた理由は、もちろん排気量の拡大だけが理由じゃない。コモンレール式インジェクターは350barという圧力で緻密な燃料噴射を行う。シリンダーライナーにはゴルフGTEで採用されたプラズマコーティングが施される。水冷バルブを三段階でコントロールすることによって、冷間時から高温時に渡って効率的な温度領域を保とうとする。

こうした技術が燃費性能だけでなくエンジンの耐久性をも高め、いざ踏み込めばパンチのある加速力を披露してくれるのだ。ちなみに本国には同じ1.5TSIでも、ミラーサイクル機構が搭載された「1.5TSI ACT ブルーモーション」が存在するようだ。

この1.5TSI Evoにはそうした吸気側バルブの制御機構は付いていないが、それでも気筒休止システムであるアクティブシリンダーマネージメント(ACT)が備えられている。

>>歯切れの良さが気持ち良い! VWの真骨頂を堪能[次ページへ続く]

1 2 3 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ねぶた温泉 海游 能登の庄
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

フォルクスワーゲン ポロの最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン ポロのカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン ポロの中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン ポロの記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン ポロのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる