ザ・ビートル、ポロGTI、ゴルフトゥーラン…日々に刺激を与えてくれる3台のフォルクスワーゲンをイッキ乗り!(1/3)

  • 筆者: 伊藤 梓
  • カメラマン:茂呂幸正
画像ギャラリーはこちら

輸入車のなかでもフォルクスワーゲンは、シンプルで堅実なイメージがあり、あまり「色」を感じさせないメーカーではないだろうか。だからこそ好きだという人もいれば、すこし保守的だと思う人もいるだろう。今回はゴルフやパサートなどのかっちりしたモデルから少々路線を変えて、ちょっぴり日々に刺激を与えてくれそうなクルマたちを紹介したい。

ついに生産終了が決まってしまったザ・ビートル

The Beetle Design Meister

2019年にビートルが生産終了すると聞いて、驚きと寂しさを感じた人はきっとたくさんいただろう。かくいう私も、ビートルは中学生の頃の憧れのクルマで、いつかは乗りたいと思っていたモデルだった。当時は「New Beetle」という名前で、いまよりもまるまるとしたフォルムが可愛らしかったことを思い出す。2012年のフルモデルチェンジで名前も「The Beetle」へと名称を変更し、ビートルらしさはそのままに、丸みが取れてすっきりとした現代風のデザインとなった。

今回試乗したのは特別仕様車のひとつ「The Beetle Design Meister」で、人気の装備を取り揃えたモデルだ。ほかにもスポーティなイメージを強調した「R-Line Meister」、2L直4ターボエンジンを搭載する「2.0 R-Line Meister」が設定されている。

「Design Meister」には、専用の17インチアルミホイールやバイキセノンヘッドライト、パドルシフトなどが備えられ、インテリアはボディと同色であり、運転席に座るだけでちょっとワクワクする。しかも、試乗車のボディには特別色である「ハバネロオレンジメタリック」が塗られており、曇り空でもパッと輝く明るい色がなんとも素敵。暖色系は女性が似合うものだと思っていたが、この「ハバネロオレンジメタリック」は意外や意外、年配の男性にもよく似合う。カメラマンさんがクルマを動かしているときに「まるで愛車みたい」と思ったほど。「人生最後のクルマとしてどこかのおじいちゃんが乗っていたらめっちゃかっこいいだろうなぁ」と想像してしまった。

フォルクスワーゲンのモデルは、どこを触っても「節度」という言葉が思い浮かぶことが多いが、ビートルはそこを上手く抜いてあるように感じた。ハンドルを切っても正確にピタッと決まるのではなく、ふんわりそれなりに曲がっていく。エンジンは1.2L直4ターボ(105ps/175Nm)ながらなかなかパワーがあって、アクセルをちょっと踏み込むとズドンと加速するので思わず「速っ」と呟いてしまった。よくアニメなどで出てくるような、車体が大げさに伸びて跳ねるように加速したり、ブレーキを踏むとギューッと縮んだりするクルマが思い浮かぶ。それらが決して不快ではないし、むしろひとつのキャラクターとして成り立っているところがいいなと思った。車両全体に溢れるビートルらしい雰囲気が、きっとオーナーになったらより愛着が湧いてしまう部分なのだろう。販売終了はとても寂しいお知らせではあるが、その愛くるしい表情を見ていると、またどこかで会えるような気がしてくるのが不思議だ。いまフォルクスワーゲンが行っているキャンペーンと同様、「See You!」という明るい気持ちでビートルを降りた。

フォルクスワーゲン/ザ・ビートル
フォルクスワーゲン ザ・ビートルカタログを見る
新車価格:
245万円405.5万円
中古価格:
70.5万円376.1万円
フォルクスワーゲン/ゴルフトゥーラン
フォルクスワーゲン ゴルフトゥーランカタログを見る
新車価格:
299.9万円454.5万円
中古価格:
24.9万円410.6万円
フォルクスワーゲン/ポロ
フォルクスワーゲン ポロカタログを見る
新車価格:
216.3万円358.9万円
中古価格:
18万円352.7万円
1 2 3 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
伊藤 梓
筆者伊藤 梓

グラフィックデザイナー時代にミニカーの商品を担当するようになってから、どっぷりと車に魅了されるように。「こんなに人を惹きつける車というものをもっとたくさんの方に知ってほしい」と、2014年に自動車雑誌の編集者へと転身。2018年に、活動の幅を広げるために独立した。これまでの経験を活かし、自動車関係のライターのほか、イラストレーターとしても活動中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわこ緑水亭
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

フォルクスワーゲン ザ・ビートルの最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン ザ・ビートルのカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン ザ・ビートルの中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン ザ・ビートルの記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン ザ・ビートルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる