autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ iQ プロトタイプ 試乗レポート

試乗レポート 2008/9/4 14:02

トヨタ iQ プロトタイプ 試乗レポート(1/3)

関連: トヨタ iQ Text: 岡本 幸一郎 Photo: トヨタ自動車株式会社
トヨタ iQ プロトタイプ 試乗レポート

未知のディメンションでどう扱うか?

フロントスタイリング

以前から各方面でスクープされていたクルマが、ようやく現実のものとなった。そのプロトタイプに、ひと足早く試乗する機会に恵まれた。

全長2,985mm、全幅1,680mm、全高1,500mmという、日本車にかつてないディメンション。ワイドながら極端に短く、ボディの四隅に大径タイヤを配した独特のフォルムに、短いオーバーハングや張り出したホイールアーチ、ボディパネルの抑揚など、小さいながらもダイナミックなスタイリングを見せる。

仮想敵はスマート・フォーツーに違いないが、こちらは4人乗り。Aセグのサイズの中に、Bセグの要件と、Cセグのクオリティを詰め込んだというマイクロプレミアムは、これまでにないカテゴリーのクルマである。

インパネ
フロントシートリアシート

幅の大きなドアを開けて、スマートよりもヒップポイントが低いシートに収まると、平らなダッシュボードが目前に広がり、センタークラスターやメーター、インナードアハンドルのデザインも非常に凝ったものであることがわかる。シートは薄いが、着座感は悪くない。

インパネの助手席側を少しえぐった左右非対称形状とし、さらにグローブボックスを持たないので、乗員は運転席よりも少し前の位置にスライドさせて座ることもできる。よって、助手席側の後席には大柄な人でも乗れるスペースが生まれる。乗員すべてが標準的な成人男性以下の体格であれば、広いわけではないが、4人乗車もそれほど苦痛なくこなせる。

反面、運転席はもう一歩。テレスコピックのないステアリングや、シートリフターが付かないため、むしろ小柄な人のほうがベストポジションを取りにくそうだ。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ iQ の関連編集記事

トヨタ iQの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ iQ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR