トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」[プロトタイプ] 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/2)

  • 筆者: 渡辺 陽一郎
  • カメラマン:オートックワン編集部・トヨタ自動車
トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」[プロトタイプ] 試乗レポート/渡辺陽一郎
トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) 試乗レポート1 トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) 試乗レポート2 トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) 試乗レポート3 トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) 試乗レポート4 トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) 試乗レポート5 トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) 試乗レポート6 トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) 試乗レポート7 トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) 試乗レポート8 トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) 試乗レポート9 トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) 試乗記レポーターの渡辺陽一郎さん トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) 画像ギャラリーはこちら

トヨタ iQベース、発売前の電気自動車に緊急試乗!

トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) 試乗レポート2

「トヨタ iQって、フロントマスクを変えてボディをツートンカラーにすると、ここまでカッコ良くなるんだ」

と妙なところに感心したのが、iQをベースに開発されたEV(電気自動車)の「トヨタ eQ(イーキュー)」[プロトタイプ]。ベースのiQに比べると、精悍なイメージに仕上げた。

しかし、eQのキモはEVであること。2012年12月の発売に先立ち、プロトタイプ車両の試乗がかなった。

まるでiQに1.8リッターエンジンを積んだかのようなパワフルさに圧倒!

トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) 試乗記レポーターの渡辺陽一郎さん

アクセルを踏み込むと、発進加速は実に軽快。反応の素早いモーターとエンジンの違いを実感する。もちろんモーターだから、加速感は滑らかでノイズも皆無に近い。EVの運転は、「三菱 i-MiEV(アイ・ミーブ)」や「日産 リーフ」で経験済みながら、改めて「ガソリンエンジン車とは違うよね」と実感させられた。

巡航状態からアクセルをさらに踏み増した時の反応も鋭い。iQに1.8リッタークラスのエンジンを積んだ感覚だ。コーナーで不用意にアクセルを開くと「キュルルン!」とホイールスピンを生じる場面もあった。

市街地を中心に使われるコンパクトなクルマだから、実用域の力強さは大きなメリットになる。ただし、さらにアクセルを踏み込んで高回転域まで回すと、ずっと伸びやかな加速が楽しめるガソリンエンジン車と違って、ある一定のところで加速の伸びは衰える。

・・・と思ってメーターを見ると! ああ、テストコースで良かった。そもそも静かで、さらに遮音も効いているせいか、思った以上に速度が出てしまっているのだった。ちなみに設計上の最高速度は125km/hとなっている(さすがにそこまでは出していませんので念のため・・・)。

eQに使われるモーターの最高出力は47KW(64馬力)と、一見大人しく見えるが、最大トルクは163N・m(16.6kg-m)と十分な性能を発揮する。そのために、前述のようなスムーズで力強い加速感が得られた。

車両重量は1080kg。ベースのiQに対して130~190kgの増加だが、i-MiEVと同程度だ。ボディが比較的軽いことも、軽快に走れる秘訣だろう。

トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) エクステリア・フロント正面トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) エクステリア(左)トヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) エクステリア・サイドビュートヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) エクステリア・リアビュートヨタ 新型EV(電気自動車)「eQ」(イーキュー) エクステリア・リア正面
1 2 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ iQの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ iQのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ iQの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ iQの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ iQのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる