“ハリアーらしさ”とは何!? 開発チームが語る新型ハリアーの哲学を探る

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:茂呂 幸正
画像ギャラリーはこちら
トヨタの新型ハリアーの正式発売日6月17日まであと10日を切りました。トヨタでも事前情報を流す公式サイトが更新されて、開発陣がハリアーに込めた想いを語るページが追加。タイトルは「Philosophy of HARRIER」。新型に込められた“ハリアーの哲学”について紹介します。

>>“ハリアーらしさ”とは何!? 新型ハリアーを画像で見てみる

目次[開く][閉じる]
  1. 新型の開発は“ハリアー”という孤高の存在を突き詰めること
  2. ハリアーはRAV4の薄味版ではない
  3. デザインの突破口は“断面変化”というモチーフの発見から

新型の開発は“ハリアー”という孤高の存在を突き詰めること

2020年6月に更新されたトヨタの新型ハリアー 公式ティザー(事前告知)サイトでは、新たに開発チームの想いを記したページが追加されていました。冒頭では『開発チームが目指したのは、SUVというカテゴリーすら超えた、抗いがたい魅力を湛えた存在。』とあります。

トヨタのハリアーは1997年12月にデビューし、都市型プレミアムSUVのマーケットを開拓した立役者です。その立ち位置は代々受け継がれ、4代目もぶれない「ハリアーらしさ」が感じられます。

開発チームによれば『それは孤高の存在であり続けるために「ハリアー」を突き詰めるという挑戦でもある。』(トヨタ自動車・新型ハリアー特設ティザーサイトより)とあり、“らしさ”の継承が欠かせなかったようです。

>>ハリアーらしさとはなにか 新型ハリアーを画像で見る

ハリアーはRAV4の薄味版ではない

先日MOTAで公開した新型ハリアープロトタイプの試乗レポートの中で筆者の今井 優杏さんは、現行型RAV4開発責任者であり、現在はRAV4、そしてハリアーが属するトヨタ自動車のミッドサイズ・ビークルカンパニー MSZデザイン領域 統括部長に就任されている佐伯 禎一さんにハリアーの狙いを聞いています。

RAV4は見た目こそ全く違うものの、実は新型ハリアーとエンジンやプラットフォームを共有した兄弟車。デザインの見た目は変えることが出来ても、“乗り味”はどう違いを持たせられるか、気になるところです。

そこで佐伯さんも『ハリアーは(本格志向のSUVゆえ四駆推しで濃い味付けのRAV4とは異なり)都会派SUVというはっきりとした性格を与えたかった。』と明言しています。しかも『RAV4の薄味版じゃなくてね、スープが底まで澄み切った美味しい塩ラーメンにしたかったんです。』と実にわかりやすい表現。

今井 優杏さんも実際にテストした第一印象を『スッキリ淡麗。その一言に尽きる。』と語っていて、意図通りな仕上がりになっていることがわかります。

デザインの突破口は“断面変化”というモチーフの発見から

新型ハリアーのデザインはどうでしょう。

ティザーサイトではデザインチームのメッセージも紹介されていて、ハリアーらしさを進化させるための造形アイデアに苦慮した様子が記されています。

トヨタのデザイン部で新型ハリアーのプロジェクトチーフデザイナーを務めた渡辺 義人さんは、この悩ましいプロジェクトがあるきっかけから一気に進展したと語っています。

様々なデザイン試行錯誤を重ねる中、あるデザイナーが『おおらかな立体の断面が大胆に変化していき、やがて鋭利な折れ面になるという斬新な』“断面変化”というモチーフに着目。そこが突破口になったというのです。

デザインの実現のため設計や生産部門も全面協力

先のプロトタイプ試乗会で初めて公開された新型ハリアーは、なるほどボディサイドからリアにかけてのダイナミックで大胆なフォルムの変化が目をひきます。

従来モデルとは明らかに違うダイナミックさがありながら、全体のフォルムとしてはまごうかたなきハリアーの姿がそこにありました。

その実現のため設計や生産部門も全面協力。『スポーツカーにも負けない豊かな張り出しを持ったリヤフェンダーや、シャープなラインは、限界ギリギリまで何度も鉄板のプレス成形の試行錯誤を重ねた結果』だと渡辺さんは語っています。

早く公道で観てみたい、乗ってみたい!

いかがでしたか。新型ハリアーのこだわりの強さは“見た目”からして伝わってきましたが、こうしたメッセージを聞くとなおのこと興味が湧いてきます。

いちにちも速く新型ハリアーの実車が街中を走り、その端麗な乗り味が公道で確かめられるのが待ち遠しいところです。

[筆者:MOTA編集部/撮影:茂呂 幸正]

>>トヨタ・新型ハリアー 特設ティザーサイト『Philosophy of HARRIER』[外部リンク]

2020年6月17日まで日替わりで新型ハリアーの情報をお届け! 次回は!?

新型ハリアーのまだまだ知られていない秘密を毎日ご紹介していく本企画、2020年6月17日と噂される発売日まで毎日、新型ハリアーにまつわる様々な情報をお届けしていきます。

明日6月9日(火)も、新型ハリアーにまつわる最新情報を続々と公開予定なので、ぜひお楽しみに…。

自宅に居ながら気軽に愛車の査定をしてみませんか?

クルマがいくらで売れるのか知りたくありませんか?

でもディーラーや買取店にいくのはちょっと面倒。

かといって買取店の方に自宅へ来てもらって査定してもらうのも気が引けますよね。

MOTA車買取なら、PC・スマホで愛車の情報を入力するだけ!

外出せずとも自宅に居ながら概算の見積り額を出すことが可能です!

MOTA車買取はこちら

「お店に行かずに簡単に買取申込をしたい」

「今すぐに売りたいわけではないけど、自分のクルマの価格が知りたい」

そんな人はお気軽にMOTA車買取をクリック! 最短45秒でエントリーが完了します!

MOTA車買取はこちら

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
20万円535万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる