カローラクロス登場でトヨタのSUV攻勢はどう変わる? 「ちょうど良い」が魅力のカローラクロスとトヨタSUV全比較

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:トヨタ自動車
画像ギャラリーはこちら
2021年9月14日(火)に登場したカローラクロス。日本でも圧倒的なSUV人気の中で満を持して登場したミドルサイズSUVだ。

トヨタのSUVラインアップにはライズやヤリスクロス、ハリアー、RAV4などすでに人気モデルがひしめき合っているが、カローラクロスの登場によって、トヨタのSUV攻勢はどのように変化するのだろうか。

目次[開く][閉じる]
  1. トヨタのSUVはあらゆるニーズに応えた多様なボディサイズを用意
  2. グレードの豊富さではC-HRが一枚上手! カローラクロスの今後のグレード拡充に期待
  3. 新型カローラクロスは日本の道路事情やあらゆる生活シーンに合わせた「ちょうど良さ」が魅力!
カローラクロスの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

トヨタのSUVはあらゆるニーズに応えた多様なボディサイズを用意

まずはサイズとエクステリアデザインで比較しよう。

大きく分けて、コンパクト、ミドル、ラージの3つに分類できる。上記に挙げ他モデルを当てはめていくと、全長4000mm前後のコンパクトクラスにはライズとヤリスクロス。全長4600mm~4700mm程度のラージクラスにはハリアーやRAV4が当てはまる。中間にあたるミドルサイズはC-HRのみ、と少し手薄な状態だった。

C-HRはすでに登場から4年以上が経過し、国産SUV黎明期を支えた人気モデルだったが、今ではなりをひそめている。日本の道路状況に適しているミドルサイズの選択肢の増やすため、新型カローラクロスが登場したと言える。

新型カローラクロスのボディサイズは全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mm。同クラスのC-HRと比較すると、全長は95~100mm、全幅は30mm、全高は55~70mm程度カローラクロスの方が大きい。

デザインはともに都会的で、新型カローラクロスのリヤデザインはハリアーを彷彿とさせる。C-HRの方がよりコンパクトでクーペライクな印象だ。

ワンランク上のハリアーとの比較では、全長250mm、全幅は30mm、全高は40mm、新型カローラクロスの方が小さい。機械式立体駐車場の高さ制限を考えると入れる場所は限られるが、比較的扱いやすいサイズ感であることがわかる。

一方、コンパクトサイズのヤリスクロスとの比較では、全長320mm、全幅60mm、全高30mmほど新型カローラクロスの方が大きい。ヤリスクロスの後席はヤリスほどではないが狭く、ドア開口部が下がっているため、かがむように乗り込まなければならない。

取り回しの良さも特徴で、新型カローラクロスは最小回転半径5.2mとクラストップクラスの取り回しの良さを誇る。ボディサイズもコンパクトなC-HRと同等だが、サイズ感の割に狭い道などでの使い勝手も高い。

また、C-HRのデメリットとして語られる後席の狭さや視界の悪さといった点は、新型カローラクロスでは見晴らしの良い視界の高さを確保しつつ、頭上空間にもゆとりを持たせたことでアウトドアでも便利な広い室内空間を実現した。

多人数乗車もこなしつつ荷物も載せたい、さらに運転もしやすいという人には新型カローラクロスが適していると言えるだろう。

グレードの豊富さではC-HRが一枚上手! カローラクロスの今後のグレード拡充に期待

次にグレード構成と価格だ。

新型カローラクロスは1.8リッターのガソリンとハイブリッドモデルを全10グレード用意。価格は199万9000円〜319万9000円としている。

一方、C-HRは1.2リッターターボガソリンエンジンと1.8リッターのハイブリッドモデル全15グレードを設定。価格は238万2000円〜314万5000円とおおよそ同程度だが、リヤデザインが特徴的なC-HRの荷室容量は318Lと新型カローラクロスに比べて約170Lも小さい。

また、C-HRはGR SPORTや特別仕様車など選択の幅が広いため、価格の競合とはなりにくく、キャラクターの棲み分けはできているといえそうだ。

ヤリスクロスとも比較してみよう。ヤリスクロスはガソリン、ハイブリッドともに1.5リッターエンジンを搭載。グレードは14種類用意されており、価格は179万8000円〜281万5000円。ヤリスクロスとは前述した通りサイズの違いがあるため、使用する人数や環境などによって選ぶ車種が変わるだろう。

新型カローラクロスは日本の道路事情やあらゆる生活シーンに合わせた「ちょうど良さ」が魅力!

最後にコンセプトについて触れよう。

ヤリスクロスはヤリスファミリーらしく「走る楽しさへのこだわり」やクラスを超えた質感をベースに都市型コンパクトSUVとしての地位を確立しつつある

。一方、ハリアーは従来の高級クロスオーバーSUVというイメージを残しつつ、新型ではクーペフォルムとなり、より質感を高めた。

新型カローラクロスは、歴代のカローラシリーズで表現してきたライフスタイルの変化に合わせた結果、都市型の使いやすいSUVを目指したモデルだ。

時代のニーズに合わせた機能や性能、街中でも運転しやすいボディサイズ、積載性や乗員の快適性など「ちょうど良い」と思える一台に仕上がっている。

【筆者:MOTA編集部】

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 今宵天空に遊ぶ しょうげつ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ カローラクロスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラクロスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラクロスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラクロスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる