ホントに!? トヨタがカローラに静電気を除去する「除電スタビライジングプラスシート」採用でホントにクルマが走りやすくなった!

画像ギャラリーはこちら
トヨタはカローラシリーズの世界累計販売5000万台達成を記念し、特別仕様車“50 Million Edition”を、カローラ(セダン)、カローラツーリング(ワゴン)、カローラスポーツ(ハッチバック)にそれぞれ設定した。専用カラーやデカール装備のほか、新たに装着されたシートが今回のテーマだ。その名は「除電スタビライジングプラスシート」。シートが静電気を除去することで、車両の挙動に変化を与えるというのだというからスゴイ。

今回横浜で行われたメディア向けの試乗会場でテスト車両に乗ることが出来た。その不思議な効果を体感してきたので、さっそくレポートしよう。

目次[開く][閉じる]
  1. クルマの味を決めるトップガンが開発に一枚かんでいた!
  2. トヨタ車の空力パーツ同様に、除電スタビライジングプラスシートは操縦安定性にも効果を上げる!?
  3. 人に滞留した静電気が、車体全体の空気の流れにまで影響を及ぼしていた
  4. 違いは街乗りでもわかった! 驚きのテスト結果にあ然とするばかり

クルマの味を決めるトップガンが開発に一枚かんでいた!

今回、トヨタ カローラシリーズの特別仕様車「50 Million Edition」に初採用された「除電スタビライジングプラスシート」を開発したのは、トヨタ自動車で長年に渡り空力対策に携わるチームだった。

説明してくれたのは山田 浩史さん。かつて初代86マイナーチェンジの際にアルミテープ貼り付けの効果で空力効果の向上のみならず、操縦安定性の改善までを実現させ世間をアッと言わせた張本人だ。

実はこの開発には、トヨタ車のハンドリングなどの味付けを担当する最高峰テストドライバーである片山 智之氏が一枚噛んでいた。

スポーツシューズなどでおなじみアキレスが開発した静電気放電の対策素材を知った片山氏。これが空力に応用できないかと、山田氏のところへ持ち込んだのだという。静電気対策が空力においても課題となっていたからだ。

トヨタ車の空力パーツ同様に、除電スタビライジングプラスシートは操縦安定性にも効果を上げる!?

除電スタビライジングプラスシートは運転席のみ。シート座面前部に除電機能を加え、車体側にアース線を流すことで車体全体へと静電気を分散させる仕掛けとなっている。ただしシート表面上は通常のカローラと全く変わりはない。

しかし興味深いのは、除電だけでなく「スタビライジングプラス」と記されていることだ。

近年登場するトヨタ車のドアミラー脇やテールランプ回りなどに、小さく細長い「スタビライジングフィン」という空力補正パーツがある。Stabilizing(スタビライジング)とは「安定させる」という意味。各所の空気の渦を整え、さらにはクルマの操縦安定性にも影響を与えるという優れモノなのだ。

シートにその名が冠されているということは、同じ意味合いが込められている訳である。

人に滞留した静電気が、車体全体の空気の流れにまで影響を及ぼしていた

理屈はこうだ。

どんなクルマでも、走行中には空気抵抗を受ける。その空気を上手く流すよう、各車ともエアロパーツなどを用いながら流れを整えている。しかし実際には、静電気によって所期の性能通りに空気が流れず、乱流が発生していた。車体側の静電気とプラス帯電した空気が反発し合い、クルマの前後左右の動きにまで影響を与えるのだ。

溜まった静電気はステアリング経由でドライバーにも伝わる。前出の山田さんは「人は帯電しやすく、また静電気を通しやすい特性を持っています。」と説明する。結果として電気はドライバーに滞留し、やがて車体側面の空気の流れに影響を及ぼすのだという。

このドライバーに溜まった静電気を除電スタビライジングプラスシートによって分散させることで、所期の空力性能による操縦安定性の効果をあげようとするものだ。

※画像はトヨタ自動車公式YouTubeチャンネル「トヨタチャンネル」(https://youtu.be/rNl6eRq6PYI)より引用

違いは街乗りでもわかった! 驚きのテスト結果にあ然とするばかり

今回、カローラツーリングのハイブリッドモデルに試作品の除電スタビライジングプラスシートを備えた車両に試乗。神奈川県横浜市みなとみらい地区の街中を走行してみることが出来た。

まずは除電効果を遮る布を敷いて走行。その後に布を外し、効果のほどを確かめてみた。

不思議だ。まずブレーキがスムーズになった。トヨタのハイブリッド車は高度な協調回生ブレーキを備えているが、どうしても止まる瞬間、わずかばかりぎくしゃくする瞬間がある。これが抑えられたのだ。ええっ!?

信号が青になり加速すると、やはり出足がちょっとスムーズに感じられる。途中で布をかけたり外したりを繰り返してみたが、やっぱり違うようだ。「助手席に乗っていてもわかります」と前出の開発者、山田さんの証言。

今回は時間の都合で高速道路までは試せなかったが、同試乗会に参加していたモータージャーナリストによると、高速域でのハンドリングのスムーズさ、正確さが明らかに違うと、みな一様に驚きの表情だった。

今後、トヨタの各販売店にも特別仕様車「50 Million Edition」の試乗車が配備されるはずだ。気になったアナタは、まず一度試してみて欲しい。鈍感な筆者でも感じられたのだから、鋭敏な感覚の皆さんならすぐ気付くはず。通常モデルのカローラと乗り比べてみると、その効果もより体感出来ることだろう。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:和田 清志・TOYOTA]

除電スタビライジングプラスシートとは?【トヨタ自動車公式YouTube「トヨタチャンネル」】

トヨタ/カローラ
トヨタ カローラカタログを見る
新車価格:
193.6万円303.3万円
中古価格:
36万円281.1万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 四季彩一力

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ カローラの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる