【トヨタ アクア新旧外装比較】キープコンセプトながらも大型化したフロントグリルでより愛嬌ある顔に

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
トヨタの人気コンパクトハイブリッドカー「アクア」が2021年7月19日(月)、フルモデルチェンジを実施した。新型アクアでは「Harmo-tech」(知性・感性を刺激する、人に寄り添う先進)をコンセプトにした上質・シンプル・クラスレスなデザインに仕上げられている。そこで今回は、初代アクアとの外観の違いを写真ととも比較していく!
目次[開く][閉じる]
  1. 新型アクアは初代モデルから全高が+30mm高く、ホイールベースを+50mm延長
  2. 丸みを帯び親しみやすさを狙ったフロントマスク
  3. リヤドア周辺の面積が狭まりよりスタイリッシュに

新型アクアは初代モデルから全高が+30mm高く、ホイールベースを+50mm延長

トヨタ アクアは、2011年12月に同社のコンパクトハイブリッドカーとして登場。今回の2代目となる新型登場までに初代モデルでは複数の一部仕様変更や、2度のマイナーチェンジを行っている。今回は2度目のマイナーチェンジとなった最終モデル(2017年モデル)と比較する。

新型アクア(FF)のボディサイズは、全長4050mm×全幅1695mm×全高1485mm、ホイールベースは2600mm。対して初代モデルのボディサイズは、全長4050mm×全幅1695mm×全高1455mm、ホイールベースは2550mm。

新型アクアは、全高が+30mm高く、ホイールベースを+50mm延長しているものの、ほぼ同じで5ナンバーサイズを保持している。

丸みを帯び親しみやすさを狙ったフロントマスク

新型アクアのフロントマスクは、やや丸みを帯びたデザインが採用され、先代とは若干異なる雰囲気に。

ヘッドライトはが先代モデルよりも薄型となっているほか、立体的なグリルを組み合わせ、精悍さと親しみやすさを両立している。

大型化されたフロントグリルの開口部は、フレームにはボディ同色ではなくメタリック調の塗装が施されている。

初代モデルは、2017年マイナーチェンジで、それまでのデザインから大幅に変更が行われ、バンパーはもとより、ヘッドライトやボンネット、フェンダー周りを一新。グリル部分も大型化された。

また、周辺は黒く塗装されよりグリルの大きさを強調、フォグランプからグリルへの流れも大きくえぐれたようなデザインとなった。この辺りは新型アクアと差異がよく見て取れるだろう。親しみやすさを演出する新型に対し、先代モデルでは踏ん張り感がある。

リヤドア周辺の面積が狭まりよりスタイリッシュに

新型アクアのボディサイドは、前傾したティアドロップ形状のキャビンに水平的なフェンダーを組み合わせた構成により、伸びやかで存在感あるカタマリでの動感を表現。

基本的なシルエットは先代と変わらない印象だが、リヤドア辺りからラインが跳ね上がり窓は細く、先代よりもスタイリッシュな印象だ。

リヤ周りでは、初代モデルでは縦型だったランプ類のデザインが、新型ではコの字型に変更。

リヤゲートは複雑な造形となっているが、後方で絞り込んだキャビンと張り出したリヤフェンダーの対比でクラスを超えたスタンスの良さを実現。バンパー周辺にも立体的なデザインが取り入れられ、スクエアなイメージだった初代モデルからリヤ周りも丸みを帯びたデザインに仕上げられている。

ここまで新旧アクアの外観を比較してきたが、特に細部のデザインなどは、フォトギャラリーもぜひチェックしてみてほしい。

トヨタ/アクア
トヨタ アクアカタログを見る
新車価格:
198万円259.8万円
中古価格:
25.8万円298万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 法師温泉 長寿館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ アクアの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アクアのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アクアの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アクアの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アクアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる