フルモデルチェンジは2022年以降か!? デビュー12周年で今なおアップデートを重ねる新型ランドクルーザープラドのカスタムカー3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
トヨタの人気本格四輪駆動車「ランドクルーザー」(ランクル)シリーズの中核を担う「ランドクルーザープラド」。現行型(150系)は2009年9月にフルモデルチェンジを実施し、2021年でデビューから12年を迎える。しかし定期的に最新機能を追加する改良を施すなど常にアップデートし続ける姿勢を保ち、今もなおロングセラーモデルとなっている。

今回はそんなランクルプラドの魅力をさらに引き立てるカスタムカー3モデルを紹介するほか、2022年とも噂されるフルモデルチェンジ情報についてもご紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. 熟成を重ね最新機能を追加しながら常に“新型”であり続ける150系ランドクルーザープラド
  2. お好みはラグジュアリー系、それともポップ系!? ランクルプラドの個性的過ぎるカスタマイズカー3選!
  3. ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジは2022年以降!? 次期180系プラドの登場にも期待大だ

熟成を重ね最新機能を追加しながら常に“新型”であり続ける150系ランドクルーザープラド

デビューから12年が経過したトヨタ ランドクルーザープラドだが、攻めの姿勢は変わらない。最新の衝突回避パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」を搭載するなど常に地道な改良を重ね、好調なセールスを重ね続けている。

2020年8月3日にも一部改良を実施し先進安全機能をアップデートしたほか、エンジン性能も向上させるなど、今なお「新型」であり続ける姿勢を保っていることが、プラドが長く支持され続ける理由だろう。

お好みはラグジュアリー系、それともポップ系!? ランクルプラドの個性的過ぎるカスタマイズカー3選!

これが150系プラド!? 大迫力のグリル一体型スポイラーで別格の存在感を放つGMG「DOUBLE EIGHT(ダブルエイト)」

まだまだ現役を続行する新型ランドクルーザープラド(150系)を中心に、プラドの魅力をさらに引き立てた個性的なカスタマイズカーを3台ご紹介しよう!

まずは、GMG(愛知県名古屋市)のオリジナルブランド「DOUBLE EIGHT(ダブルエイト)」による、ランドクルーザープラド(150系)のカスタムカーから。

TOP画像に載せたオリジナルの新型ランドクルーザープラド「TX"Lパッケージ・Black Edition"」と見比べると、もはやクラスの違う上級のラグジュアリーモデルにしか見えないほどの変化がある!

厚みのあるフィンを採用したオリジナルフロントバンパースポイラーは、大型フロントグリルとの一体型。左右にマフラーカッターを配するリアバンパースポイラーも迫力と質感共に充分な迫力である。

80年代テイストのポップさが新鮮! 大胆な中古車リフォームで人気のFLEX Renoca(リノカ)が90系プラドに施した「COLOR BOMB(カラーボム)」シリーズ

続いては、ちょっと古い90系プラド(1996年~2002年)を大胆にカスタマイズした「FLEX Renoca(リノカ)」の「COLOR BOMB(カラーボム)」をご紹介しよう。

Renocaは中古車をリノベーションし独自の魅力を加える人気のシリーズ。COLOR BOMBは実際の年式よりもさらにさかのぼり、80年代後半のポップなカラーイメージを施すことで、独自の遊び心を表現した。

良質な中古車をベースに、COLOR BOMB専用のフロントグリルやボンネット、そして丸目と角目の2種類から選択可能なオジリナルヘッドライトなどでカスタマイズ。カラーバリエーションも14種類と豊富で、自分好みの1台を創り上げることが出来る。このスタイルは、150系プラドのカスタマイズを考える際にも有効なお手本となりそうだ。

おしゃれは足元から! 「WORK(ワーク)」のワイルドなホイールを効果的に目立たせるカスタムを施したランクルプラド

最後は、ホイールメーカー「WORK(ワーク)」のデモカーをご紹介。

足元にはランクルプラド(150系)向けにデザインされた6H・6スポークの「クラッグ PSV」がワイルドな存在感を放っている。デザインのイメージは“モンスターの爪”だという。

そしてサイドのデカールから分かる通りこのクルマのカスタマイズも、最初に紹介したGMGの手によるもの。

一見するとかなりイジっているように映るが、カスタムはリフトアップとクラッグ PSVのホイール、オリジナルのブルーのカラーリングがメイン。実はノーマルのランドクルーザープラド(後期モデル)のバンパー・グリルを純正のまま活用し、バンパー下部にスキッドガードを追加しただけという、シンプルだが効果的な技ありドレスアップを施しているのだ。

ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジは2022年以降!? 次期180系プラドの登場にも期待大だ

2007年に登場した兄貴分の「ランドクルーザー200」が、いよいよ今年2021年夏にもフルモデルチェンジを迎えるが、続く新型ランドクルーザープラドの登場にも大いに期待がかかるところである。

現段階の情報では、新型ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジ時期は2022年以降となる見込みだ。次期180系プラドには、現行型で好評な2.8リッターディーゼルターボが継続搭載される予定だが、環境対策のため新開発されるダウンサイジング型ガソリンターボエンジンも追って追加されるとの情報もある。

なお2021年初夏には、現行型ランドクルーザープラドでは最後となる一部改良が実施される。熟成を極めた最終モデルだけに、あえて狙ってみるのも手だろう。

[まとめ:MOTA(モータ)編集部]

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... KANAYA RESORT HAKONE
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ランドクルーザープラドの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ランドクルーザープラドのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ランドクルーザープラドの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ランドクルーザープラドの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ランドクルーザープラドのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる