後席だって夏も快適に! とにかく新型ソリオの車内が進化しすぎ

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年11月25日、スズキ 新型ソリオがいよいよデビューした。先代モデル同様ノーマル&バンディットの2本立てという構成は変わらないが、内容がとにかく超充実しているのだ。とくに車内の快適性に重きを置いて改良を行ったというが、いったい先代ソリオとどの程度変更されたのか? 今回は車内にフォーカスしてじっくり見ていこう。

>>スマホの充電し放題? 快適性大幅アップの後席に注目

目次[開く][閉じる]
  1. 最強ライバル出現で大悲鳴!? それでも堅調だったソリオ
  2. 後席も空調完備で超快適に! しかも充電もできちゃうゾ
  3. まさに工夫のかたまり! ドライバーも快適&安全に

最強ライバル出現で大悲鳴!? それでも堅調だったソリオ

ソリオはコンパクトハイトワゴン市場を創り出したパイオニア的存在で、2016年にダイハツ トール兄弟が登場するまではライバル不在のモデルであった。

だが強豪としてトヨタ・ダイハツ、さらにはスバルまでもが販売をスタートしたことにより、とくに圧倒的なトヨタの販売力の強さもあって、食い物にされつつあったのが正直なところ。もちろんソリオもモデル末期でありながら月販3500台を売る成績を収めてはいたが、どうしたって販売店の多さなどが起因してトール兄弟に負けていたのだ。

そこでスズキは徹底的な調査を行い、ソリオのネガを洗い出したのだという。そうして判明したのが

1リヤシートの快適性向上

2ラゲッジルームの拡大

3先進安全装備の充実

という課題が浮上したのだ。先進技術については後日レポートするとして、生まれ変わった車内にフォーカスしてご紹介する。

後席も空調完備で超快適に! しかも充電もできちゃうゾ

それでは課題解決のために改良したポイントを一つずつ見ていこう。

まずはリヤシートについて。筆者も以前ソリオバンディットを所有していたこともあるのだが、正直にいうと先代モデルでも後席の足もとスペースやリクライニング、さらにはシートバックに設けられた折りたたみ式のテーブルなどもあり、かなり満足していた。

>>一体どれだけ広くなったの?先代ソリオと後席比較!

あえてネガを挙げるならば、後席の空調機能だ。たかだが5ナンバーのコンパクトカーと思うだろうが、ソリオは下手なミニバンよりも広い。そのため、エアコン吹き出し口がリアになければ夏場はかなり苦痛を強いられたというのが正直なところ。ところが、新型ソリオはスペーシアに搭載されているサーキュレーターを追加し、快適性を向上している。

加えて、昨今のクルマはスマホなどの充電機能がかなり重要なポイントとなっているのはご存知の通り。そこでフロントに2.1AのUSBポートをふたつ設置し、リヤシート側面にアクセサリーソケット(シガーソケット)を追加している。別売りにはなるがシガーソケット充電器さえあれば、気軽に充電できるのはかなり嬉しいポイントだ。

続いてラゲッジルームだが、床面長を550mm(リヤシートを1番後ろにした状態)と先代比で10cmほど拡大している。これまでスーツケースやゴルフバッグなどの大物を積載するにはリヤシートをスライドさせる必要があったが、シート位置そのままで載せられるように。と、かなり快適性と利便性が向上したのだ。

まさに工夫のかたまり! ドライバーも快適&安全に

肝心な運転席まわりだが、こちらも大きな変身を遂げている。先代同様センターメーターを採用したことで視界はかなり広々しているのだが、その秘密はドアミラーの設置位置を15mm低くしたことも大きな要因だ。それだけでなく右折時の死角を軽減するという効果もあるという。

加えてメーターはドライバーから見やすいように運転席側にオフセットさせるなど、運転中の視線移動を軽減する設計となっている。さらにスペーシアで好評のヘッドアップディスプレイを新たに採用し、先進性も大幅向上している。

正直に言えば、筆者自身まだ実物に触れられておらず、本記事はあくまで口頭で取材したものをベースに執筆している。にも関わらず、これだけでもかなり買いの一台とオススメできる内容だ。

先代モデルのオーナーであっただけに、新型がいかに進化したのか? など実車に触れられた際は、しっかりレポートするのでお待ちいただきたい。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

スズキ/ソリオ
スズキ ソリオカタログを見る
新車価格:
151.6万円214.8万円
中古価格:
13.6万円1,198.8万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 金乃竹塔ノ澤
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

スズキ ソリオの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ソリオのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ソリオの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ソリオの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ソリオのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる