打倒トヨタ ルーミー! スズキ ソリオは電気式パーキングブレーキの採用など先進安全装備を強化し首位奪還へ

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
スズキ ソリオは今大人気のプチバン市場を開拓したモデルである。2016年に登場した最大のライバル「トヨタ ルーミー」に販売台数で負けてしまっている状況だ。首位を奪還すべく、ソリオはまもなくの改良を予定していると編集部は読んでいる。そこで今回はソリオの改良モデルに追加されるであろう機能などを予想していく。
目次[開く][閉じる]
  1. プチバン市場の開拓者はソリオだった!
  2. ライバルのルーミーは先進安全装備を強化し、販売台数向上! ソリオも機能拡充か!?
  3. ソリオも電気式パーキングブレーキを採用! 機能拡充で首位奪還へ

プチバン市場の開拓者はソリオだった!

スズキ ソリオは5ナンバーサイズのボディにスライドドアを持ち合わせたモデルである。軽自動車より広い、かといってミニバンでは大きすぎるというユーザーから絶大なる支持を集めているモデルだ。

2016年にトヨタ ルーミーが発売されるまでは、この市場はソリオの独壇場であったが、現在はルーミーに販売台数で負けてしまっている状況である。というのもダイハツ トールやスバル ジャスティなどトヨタグループで販売をしており、ディーラーの数だけでも数倍の差があり、スズキにとっては脅威の存在なのだった。

>>実はソリオってかなりスゴイ! プチバン市場を作り出した功労車【偉大なクルマたち】

ライバルのルーミーは先進安全装備を強化し、販売台数向上! ソリオも機能拡充か!?

いってしまえばルーミーはこの市場では後発モデルであり、地道な改良を実施し、魅力を向上させているのもまた事実である。2020年9月に実施したマイナーチェンジで、内外装デザインに手を加え、先進安全装備も大幅に強化したのだった。

一方ソリオも2020年12月にフルモデルチェンジを実施するも、未だ販売台数ではルーミーに負けてしまっているのだ。そこで首位を奪還すべく、ソリオも大幅に手を加える見込みなのだ。

>>トヨタ 新型ルーミー購入者の6割以上がカスタムを選択! これから買うならターボモデルの試乗をオススメ

ソリオも電気式パーキングブレーキを採用! 機能拡充で首位奪還へ

まずもっとも大きく変更されるのは先進安全装備だ。ルーミーは先の改良で一部グレードに全車速追従式クルーズコントロールや電気式パーキングブレーキを採用。渋滞時や信号待ちなどで役立つ停止保持機能を搭載するなど、大ヒットとなっているのだ。

それを受けてソリオも機能向上が図られる。ちなみにソリオも全車速追従式クルーズコントロールを採用しているが、パーキングブレーキがキック式のために停止保持機能は数秒間と限られている。ルーミーに対抗するには、電気式パーキングブレーキと停止保持機能を搭載し、首位奪還をはかる狙いなのだ。

>>【スズキ ソリオ購入勢必見】スズキ ソリオが好調のワケはライバルのトヨタ ルーミーを超えた燃費の良さと内装の快適性にあった!

ソリオの内外装デザインは高評価!

都内近郊のスズキディーラーによれば「内外装デザインは高評価を得ている」としているために、今回の改良は先進安全装備の強化に絞られる見込みである。

プチバン市場を開拓したのは冒頭に述べた通りスズキである。そのため、この市場のシェアを拡大すべく、必ずや改良が実施される見込みだ。発売日などは明らかとなっていないが、今後もこの市場から目が離せない!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

スズキ/ソリオ
スズキ ソリオカタログを見る
新車価格:
151.6万円214.8万円
中古価格:
13.5万円295.9万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ ソリオの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ソリオのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ソリオの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ソリオの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ソリオのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる