autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル 新型フォレスター 試乗|本命のハイブリッドモデルは「普通で、とてもイイクルマ」

試乗レポート 2018/9/14 16:49

スバル 新型フォレスター 試乗|本命のハイブリッドモデルは「普通で、とてもイイクルマ」

関連: スバル フォレスター Text: 今井 優杏 Photo: 和田 清志・株式会社SUBARU
スバル 新型フォレスター
スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)画像ギャラリーはこちら

新型フォレスターは売る気をたぎらせたグローバル戦略モデル

先行して2.5リッターガソリンエンジンモデルが7月に発売されたのち、待つこと2ヶ月。いよいよスバル 新型フォレスターにとっての本丸、ハイブリッドシステム「e-BOXER」を搭載するモデルのフォレスター・アドバンスが発売だ。

同車におけるグローバル、特に圧倒的な顧客数を誇る北米での超好調な販売数は、屋台骨のひとつとなっている。会社の存続さえをも占うのに欠かせない主力車種とあって、今回のフルモデルチェンジは並々ならない気合を感じるものだ。

まず、パワートレーンの選択肢が増えたこと。先代モデルまでは2リッターエンジンと2リッターエンジン+直噴ターボだったのだが、新型では冒頭に述べた通り、2.5リッターの自然吸気ガソリンエンジンと、2リッターガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド「e-BOXER」を搭載する「アドバンス」が用意されて販売される。トランスミッションはどちらもリニアトロニックと呼ばれるCVTだ。

プラットフォームもまた、現行インプレッサと同設計の「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」と呼ばれる新型。ここまでナカミをガラっと変えた=「売る気」をたっぷりと滾(たぎ)らせた、グローバル戦略モデルということに受け取られるのだ。

その「売る気」は意外なところに意外な印象として反映されている。内容は追い追いお話ししていくとしよう。今回、一般公道を対象にして、2つのパワートレーンを同時に試すことができたのでレポートしたい。

>>新型フォレスターの内外装デザインを画像でチェック!

この走破性をこの価格帯で実現している素晴らしさ!

スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)

まずは新型フォレスターの外郭からサラっとおさらいをしておこう。

ボディサイズは全長4625mm×全幅1815mm×全高1715mm(ルーフレール装着車は+15mm)。競合はマツダのCX-5や日産 エクストレイル、ボディサイズ的には三菱 アウトランダー/PHEVなんかも入ってくる、ミドルサイズSUVだ。

特にマツダ CX-5あたりはライバルとして非常に強力なだけに、スバルがどこまで強みを出せるか、というところ。

この部分のみ結論から言えば、悪路走破性に於いて、この価格帯の国産SUVで現状、フォレスターを超えられるモデルは他に存在しない、と言い切ってもいいと思う。

実は今年6月末、ガソリンエンジンモデルの発表の際、フォレスターのオフロード試乗会に参加した。

ホントもうスバルったらドMというかなんというか、「それって下手して失敗したら、そりゃあもう大変に叩かれますよ?!」的試乗シチュエーションを用意するのがとにかくお好きなのだけど、その時も2輪が接地しないとか路面が雨と泥でズルズルとか、でんぐり返っちゃうほどの急勾配とか、とんでもないコースだった。

だから、そのコースをフォレスターが涼しい顔してシレっと走破し続けたことはもう、信頼を超えて賞賛に値すると思う。繰り返すが、この走破性をこの価格帯で実現していると言うことの素晴らしさ!しかも、最新世代の安全運転支援技術までもが標準装備なのだから。

世間では登山やキャンプなど、ファミリーでもシングルでも、エクストリームな趣味を持つ人々が増えているから、日常的に悪路を走破したい人にはコレ以外の選択肢はないはずだ。

(余談だが、セールス好調の北米でも、冬になるとマイナス20度を超えるようなカナダ側エリアでは、同社XVやフォレスター人気がべらぼうに高いのも、この走破性を裏付ける事実だと思う)

先代モデルから明確に変わったエクステリアと、とても上質になったインテリア

左:新型フォレスター/右:現行フォレスター

閑話休題。エクステリアを見てみよう。よく先代フォレスターからのキープコンセプトなんて言われるが、並べて見れば進化は明確だ。

プレスラインが強めに入り、ライト周りもキリッと文字通りのフェイスリフトで、よりイケメンになった印象。ボンネットのラインがフラットになったことでノーズの長さが際立ち、SUVらしいスポーティさを手に入れている。

実際に計測したわけではないのだけど、フロントガラスの傾斜も少し強くなって、Aピラーが寝たような感じでこちらも若々しい印象づくりに貢献している。

スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)

続いてインテリア。ここは先代比で相当なる進化を遂げた箇所のひとつ。ズバリ、とても上質になった。値段にふさわしい質感を手に入れたと言ってもいい。それでもちょっと「男っぽいブコツな印象」は拭いきれないけれど、チープさはきれいに払拭されたから、喜ばしい。

個人的にはアドバンスに用意された茶色レザーの内装が、ことお気に入り。明るい色の内装が導入時からちゃんと用意されているのは大歓迎だ。

さらに、SGPを使用したことで室内空間も広がり、後部座席のニースペースがかなり拡がった。これも家族でお出かけするのに嬉しい改良だろう。

>>新型フォレスターの内外装デザインを画像でチェック!

まずアドバンスに試乗!今井さんが感じた率直な感想とは!?

今井優杏さんとスバル 新型フォレスター

今回、オートックワン編集部モッチーが引いた厳正なるクジの結果、往路に「アドバンス」、復路に「ツーリング」というチョイスになった。

奇しくもモデル内で最も気合の入ったグレードと最も廉価なグレードを乗り比べることになったのだが、そのため、両者の性格がくっきりと際立って感じられたので、「もうちょっとイイグレード引いてこいよな…」と心の中で舌打ちしたことは忘れてあげようと思う。

まずはe-BOXERを搭載するハイブリッドモデル、「アドバンス」だ。恐れずにズバリ言う。

超、普通。

きゃー!スバル、そしてスバリストの皆さん、石投げないで!だって、正直な感想なんだもの!「普通で、とてもイイクルマ」なのだ。素直で従順。持ち余るところのひとつもない、実に堅実ないいクルマ。

しかし、特にフォレスターのようなモデルにおいて、この「普通」にこそ真の価値があると、素直に思った。北米での成功はもとより、日本の顧客に向けても、ファミリー層に支持を得るために必要なこと、それは「普通にイイクルマである」ということ。

スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)今井優杏さんとスバル 新型フォレスター

例えば・・・

・過敏にクイックなステアリングではなく、ごく普通の手応えで、ごく普通の舵角を叶えてくれる(ルーズさも過敏さも出さない味付けは本当に大変!)

・踏んだらブン!と背中を蹴られるようなトルクが出るんではなく、あくまでも過不足のない程度にそっと車体を、極めてスッキリと押し出してくれる(これってハイブリッド車だと意外に難しい制御だと思う。やはり各社、どうしてもモーター感を出したがる=初期にトルクをつけたがるので、どうしてもガツンと加速するモデルが多くなるから。でもそれって、他の乗員を車酔いさせる原因にもなる)。

・乗っているクルマが何であるのかをあまり気にしないで運転できる(つまり行きずりでも運転しやすいインターフェースを備えている=誰でも使いやすい、運転しやすい)

・会話に花が咲く(圧倒的な静粛性!)

・こんなに日常に寄り添ってくれてるのに、アウトドアでは抜群の信頼性!

スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)

我々クルマファンはどうしても自動車に個性とか、メーカーらしい味付けを求めてしまう。しかし、毎日家族を乗せるクルマにソレが果たして必要なのか、ということ。道具としてのクルマの存在意義を、過小評価する傾向にあるような気がする。

私達ほどクルマが大好きではないようなごく普通のオーナーが、フォレスターの安全性とパッケージと走破性に惚れて、家族でのキャンプのために買うのが、ガッチガチのWRC仕様だったりする必要はないということ。

この考え方自体が極めて北米らしいとも言えて、「bread-and-butter」というのは日本人にとっての梅干しと白ごはんにも似て、「生活に必要不可欠なもの」という例えだけれども、こういう存在こそがブランドのラインナップ上、必要不可欠な性格なのだ。

だからアドバンスは、とても上質なパンとバターなんだと感じた。500kmくらい家族を乗せて走るのに、こんな快適で安全な選択肢があるなんて。

>>新型フォレスターの内外装デザインを画像でチェック!

続いてツーリングに試乗!ガソリンエンジンでも静粛性は抜群!

スバル 新型フォレスター Touring(ツーリング)

続いて「ツーリング」だ。プラス0.5リッター分パワフルなNAエンジンの威力は絶大。先代NA版はもとより、先代ターボモデルより加速感は上質。ラグのない、NAならではのなめらかな加速が楽しめるようになったのは朗報だ。とはいえ、こちらも大きくなったエンジン分のトルクを、過度に加速方向に活かすような制御はない。特に低回転域では燃費にも貢献させるためか、ともすればもうちょっとズバっとパワーを出してくれてもいいような気もするほど。

普通に発進するときにはさほど気にはならないんだけど、例えば高速道路の合流とか、再加速のときとか、ああ、もうちょい!と思ってしまうのはきっと、e-BOXERに乗った直後だったからだろう(いくらマイルドハイブリッドとて、やっぱり加速の爽快感は内燃機関に勝るもの!)。

スバル 新型フォレスター Touring(ツーリング)スバル 新型フォレスター Touring(ツーリング)

そういうときは走行モードをSにすればいいのだけど、これに合わせると予想していたよりも随分元気になっちゃうから、やっぱり通常でもうちょっと2.5リッターらしさを出してくれても良い気がする。

ガソリンエンジンとて、こちらも静粛性は抜群だった。後部座席の乗員とも声を張らずして明確に会話出来るし、嫌なノイズもさほど気にならない。ハンドリング面も素直かつ、適度に手応えを残したコシのあるフィールで、コーナリング・直進安定性ともに文句なし。

試乗車には17インチのサマータイヤが装着されていたのも好印象の要因の一つだと思う。路面とのアタリ優しく、振動・静粛ともにグッドバランスだと感じた。

で、私ならどっちを買うか。試乗車には諸々オプションが付いて(ルーフレールとか)、ツーリングが314万2800円。アドバンスが343万4400円。この価格差であの快適性が手に入るなら、断然アドバンス!

XVにもe-BOXERが登場!

今井優杏さんとスバル 新型フォレスター

最後に、ちょっとした補足を。

この次には、フォレスターの弟分であるXVにもe-BOXER搭載モデルが設定されると発表された。

あくまでも予想だけど、こちらのe-BOXERのほうがきっとキャラ濃いめでスバルらしさが表現されていると思う。XV e-BOXERの仕上がりにも期待したい!

[Text:今井 優杏/Photo:和田 清志・株式会社SUBARU]

スバル 新型フォレスターの主要スペック

スバル 新型フォレスターの主要スペック
グレードアドバンス(e-BOXER)ツーリング
全長×全幅×全高4625×1815×1715mm
ホイールベース2670mm
車両重量1640kg1550kg
乗車定員5人
エンジン種類2L水平対向4気筒 DOHC

16バルブ デュアルAVCS直噴

2.5L水平対向4気筒 DOHC

16バルブ デュアルAVCS直噴

排気量1995cc2498cc
エンジン最高出力107kW(145ps)/6000rpm136kW(184ps)/5800rpm
エンジン最大トルク188N・m(19.2kgm)/4000rpm239N・m(24.4kgm)/4400rpm
モーター最高出力10kW(13.6ps)--
モーター最大トルク65N・m(6.6kgm)--
駆動方式AWD(常時全輪駆動)
トランスミッションリニアトロニックCVT(マニュアルモード付)
JC08モード燃費18.6km/L14.4km/L
WLTCモード燃費14.0km/L13.2km/L
価格(消費税込)309万9600円280万8000円
筆者: 今井 優杏

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

スバル フォレスター の関連編集記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連編集記事をもっと見る

スバル フォレスター の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR