どうなる新型N-BOX!? 超ヒット作ゆえ絶対に失敗できない3代目N-BOX、2022年末にもフルモデルチェンジか

画像ギャラリーはこちら
ホンダの軽自動車「N-BOX」の人気が衰えることなく続いている。2世代続いて成功し、安定したヒット作となったN-BOXだが、いつかはフルモデルチェンジのタイミングが訪れる。果たして次の新型N-BOXは一体どうなるのだろうか。

順当に行けば2022年末から2023年初春に登場すると思われる3代目 新型N-BOXの姿を徹底予想する!

>>どうなるN-BOX! 人気No.1軽自動車「ホンダ N-BOX」を写真で見る[画像67枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 初代デビューからわずか9年5ヶ月で200万台を販売したN-BOXシリーズ
  2. 燃費性能向上! 次期型3代目N-BOXの目玉はマイルドハイブリッド!?
  3. フルモデルチェンジは2022年末から2023年頃か 価格は現行型とほぼ据え置き

初代デビューからわずか9年5ヶ月で200万台を販売したN-BOXシリーズ

ホンダの軽スーパーハイトワゴン「N-BOX」は、2011年12月の初代デビュー以来、9年5ヶ月で累計200万台の販売を達成した。ホンダはこれまで、コンパクトカー「フィット」で200万台達成に11年9ヶ月という最短記録を持っていたが、これを大幅に超えるホンダ史上最短の記録を樹立した。

引き続き2021年上半期も断トツの販売台数1位の記録を維持し続け、ホンダ N-BOXは向かうところ敵なしの状態にある。

失敗はありえない! ここまでロングランヒットが続くと…むしろ気になるのが3代目N-BOXの行く末だ

しかし、ここまで盤石な状態で売れ続けるとむしろ気になるのが、今後登場するであろう3代目N-BOXの行く末である。

2017年にフルモデルチェンジした2代目(現行型)N-BOXは、初代のイメージを継承したいわば「キープコンセプト」のデザインだった。しかし車両の土台となるプラットフォームは新開発され一新。走りの性能や緻密なパッケージングはさらに進化を遂げており、これまで軽に乗ったことがなかった新規ユーザーからの支持も集めた。

果たして同じように「見た目キープコンセプト、中身は刷新」でいくのか、それとも3代目はガラッと変身しイメージを新たにするのか。いずれにせよ「絶対に失敗できない!」という開発チームのプレッシャーたるや、部外者がちょっと想像しただけで胃が痛くなる思いだ。

今回は誰もが気になる次期型、新型N-BOXについて予想してみよう。

燃費性能向上! 次期型3代目N-BOXの目玉はマイルドハイブリッド!?

盤石といわれるホンダ N-BOXではあるが、弱点はないのだろうか。数少ないマイナスポイントとして、以前から言われているのは“実燃費”性能の面だ。

ホンダでは現行型N-BOXの開発に当たり、極端に燃費記録に振った性能追求をしないと明言している。他社ライバル車の「スズキ スペーシア」(22.2km/L~21.2km/L)「ダイハツ タント」(21.2km/L)「日産 ルークス/三菱 eKスペース」(20.8km/L)に対し、N-BOXが21.2km/Lとカタログ燃費の数値上ではほぼ同等だが、特に都市部などで実燃費に差が出る傾向にはあるようだ。

※燃費数値は各ノンターボ・FFモデルのWLTCモード燃費値

スズキや日産では小型のリチウムイオンバッテリーとISG(モーター機能付発電機)を組み合わせたマイルドハイブリッド機構を搭載し、燃料を消費する発進時の加速を補助する。軽自動車が主に活躍する街中での発進・加速といった実用域での実燃費向上を図った仕組みだ。

ホンダでも次期型のN-BOXにこうしたマイルドハイブリッドシステムを搭載してくる可能性はある。

ただしスズキなどがリチウムイオンバッテリーを搭載する位置に、ホンダはガソリンタンクを搭載している。それゆえの広い室内空間があるわけだが、いずれにせよ搭載スペースをどこかに確保する必要はある。

革新的なパッケージングゆえ支持を集めたN-BOXは、来る電動化時代においても新たな提案をしていくるのか、期待がかかるところだ。

フルモデルチェンジは2022年末から2023年頃か 価格は現行型とほぼ据え置き

新型N-BOXだが、競合他社を考えると価格の大幅上昇は考えにくい。現行型(140万円台~210万円台)とほぼ同等か、マイルドハイブリッド化に伴いプラス5~8万円程度の上昇幅に抑えてくるだろう。

デザイン面がどうなるかは現段階では不明だが、独特の背高スタイルが初代、2代目と支持を集めてきただけに、基本的には現行型のイメージを継承してくると思われる。この辺り、どういった手で挑んでくるか楽しみなところだ。

初代が3年でマイチェン、5年でフルモデルチェンジ、現行型もデビューから3年でマイナーチェンジを実施している

最後に、気になるホンダ N-BOXのフルモデルチェンジの時期を予想してみよう。

2011年12月にデビューした初代N-BOXは、およそ3年後の2015年2月にマイナーチェンジ。デビューから5年強が経過した2017年夏にフルモデルチェンジを実施している。

また現行の2代目N-BOXも、初代同様にデビューからおよそ3年後の2020年12月にマイナーチェンジを実施済み。このまま初代同様の流れを継承すると5年強、つまり2022年末から2023年初春にはフルモデルチェンジを実施することが予想される。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル]

ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
142.9万円223.3万円
中古価格:
19.8万円245万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 御宿The Earth

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる