ロールス・ロイス レイス ブラック・バッジ試乗レポート|販売台数を伸ばした「若者向け」超高級クーペはすごかった(1/2)

  • 筆者: 内田 俊一
  • カメラマン:内田 俊一/内田 千鶴子

「若き成功者の証」レイス ブラック・バッジに試乗

ロールス・ロイスのクーペ、レイスに高性能バージョンのブラック・バッジシリーズが登場した。ロールス・ロイスといえば、ショーファーカー、運転手付きで乗るクルマというイメージが強いが、このレイスはドライバーズカーであり、その中でも高性能モデルとはいったいどういうクルマなのか、街や高速など700kmほど試乗してみた。

>>Wraith Black Badgeを画像で見て「若き成功者」の気分を味わう!

実はドライバーズカーとしてのニーズが高いロールス・ロイス

日本でロールス・ロイスがどのくらい売れているかご存じだろうか。日本自動車輸入組合のデータによると、2017年は225台であった。この数字を“225台も”ととるか“225台しか”ととるかは難しいが、2012年の登録台数が90台だったことを考えると、“225台も”売れているといえるだろう。ではこの間で何が起こったのか。

2013年の末に2ドアクーペのレイスがデビュー。2014年はフルイヤーでの販売となり、台数を大きく伸ばした。そして勢いそのままに2015年にはゴーストの“シリーズ2”が発表。さらに続いて2016年は、2ドアコンバーチブルのドーンを導入。日本でのコンバーチブル市場はそれほど大きくはないがドーンに関してはとても人気で、実は2017年、ロールス・ロイスの中で最も販売台数が多かったモデルである。

さらにゴーストとレイス、ドーンにブラック・バッジシリーズが追加された。このシリーズも非常に人気で、一時はブラック・バッジシリーズが半数を超える勢いだったという。

これまでのイメージでは「ロールス・ロイス=運転手付き」だったが、レイスやドーンが売れ、さらにドライバーズカーに振ったブラック・バッジシリーズの人気が高いことを見ると、どうやら実態は違っているようだ。

また、先日デビューしたファントムも、確かにショーファーカーとして利用されてはいるものの、週末は奥様と別荘へお出かけするなど、プライベートではオーナー自身がハンドルを握っている例が多くあるという。

つまり、昨今のロールス・ロイスの伸びはドライバーズカーとしての性格付けが大きく成功していることになるのだ。

関連コンテンツ:

■ロールス・ロイス ゴースト ブラック・バッジ 試乗レポート

■ロールス・ロイス ドーン海外試乗レポート

■ロールス・ロイス ゴースト シリーズ2発表会速報

猛るパワーをその手に、“ブラック・バッジ”シリーズとは

そのドライバーズカーの中でもヒット作となるレイスの高性能バージョン、ブラック・バッジを走しらせる前に、おさらいを少々。

若き成功者をターゲットに作られたブラック・バッジシリーズは、よりダークで、押しが強く、自信に溢れ、ひたすら上昇志向な美意識に語りかけるように開発された。全体としてダーク調で仕上げつつ、ロールス・ロイスとしては新しい色調の組み合わせを用いている。

その一例がインテリアだ。今回試乗したレイス ブラック・バッジの場合はダーク系に赤が組み合わされ(もちろん自由に変更はできるのだが)、インパクトと共に、絶妙な調和を見せている。

また、ノーズ先端のフライングレディ(正式名称:Spirit of Ecstasy)をはじめ、元々クローム仕上げだった部分の多くかダーククローム仕上げとなり、RRバッジは配色が反転されてブラックを背景にている。

搭載されるエンジンは6.5リッターV型12気筒ツインターボで、最高出力632PS/5,600 rpm、最大トルクは870Nm/1,700~4,500 rpmと、最高出力はレイスと同じながら、最大トルクは70Nmアップしている。

スポーティだがあくまで紳士、それが“ロールス・ロイス”

まるで金庫の扉のように重く、分厚い後ろヒンジのドアをゆっくりと開けると、上質な赤のレザーシートが目に飛び込んでくる。そのシートは比較的固めで、しっかりホールドしてくれる。そのドアを閉めるのは、特にレイスのようにドアが長いと、ドアトリムに手が届かない場合がある。

しかし心配ご無用。Aピラー付け根にあるボタンを押し続ければ勝手に閉まってくれる。助手席側も同様にAピラー位置にボタンがある。さらに運転席側には助手席側のドアを閉めるボタンもついており、ご婦人を乗せた後、自動でドアを閉められるのだ。

しかし、結構な勢いで閉まるので指などを挟まないようにご注意を。

ナビ画面の右側にあるスターターボタンを押すと、一瞬に身震いの後、V型12気筒エンジンは目覚めた“ようだ”。エンジンノイズは本当にかすかなもので、まるで“レディ”の囁きがごとく。アイドリング時には振動すら感じられない。

ステアリングコラム右側から伸びるレバーを、手前に引きながら下におろしDレンジを選択。ゆっくりとアクセルを踏み込むと、エンジン音が高まった後、ボディの重さを感じながらスタートした。さらに少しアクセルを踏み込むと、溢れんばかりのトルクが湧いて来て豪快な加速を開始するので、決して鈍重ではない。

ロールス・ロイスは乗り心地に“魔法の絨毯”という言葉を標榜するが、ブラック・バッジは通常のレイスより少し硬さを感じるものの、決して不快ではなくスポーティなイメージだ。それにしても、かすかにロードノイズが聞こえるぐらいで、ハイブリッドのように非常に静かなのはとても印象的だった。

ステアリングは比較的手ごたえがあり、路面からのフィードバックも適切で、むやみに軽くなくしっかりとした印象だ。ロックトゥロックは3回転で、それほどクイックではない。ブラック・バッジは、ハイパワーでドライバーズカーに振っていることを考えると、もう少し速いギヤ比でもよいだろう。一つ気になった点は、60km/h以上でステアリングが突然重くなるのでそこには違和感を覚えた。

1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
内田 俊一
筆者内田 俊一

1966年生まれ。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を生かしてデザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。また、クラシックカーの分野も得意としている。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ロールスロイス レイスの最新自動車ニュース/記事

ロールスロイスのカタログ情報 ロールスロイス レイスのカタログ情報 ロールスロイスの中古車検索 ロールスロイス レイスの中古車検索 ロールスロイスの記事一覧 ロールスロイス レイスの記事一覧 ロールスロイスのニュース一覧 ロールスロイス レイスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる