ロールス・ロイス レイス ブラック・バッジ試乗レポート|販売台数を伸ばした「若者向け」超高級クーペはすごかった(2/2)

  • 筆者: 内田 俊一
  • カメラマン:内田 俊一/内田 千鶴子
画像ギャラリーはこちら

ボディサイズを感じさせない魔法の案内人

街中を流していると、そのサイズを全く感じないのには驚くばかりだ。水先案内人のフライングレディに頼れば、少し狭い一方通行などにも自信をもって入り込める。

余談だが、ロールス・ロイスの威圧感からか周囲のクルマが近寄ってこないので、非常に走りやすいことに改めて気づかされた。

さて、街中を走っていて最も気になったのはドアミラーがドライバーの直前まで迫ってきているので、死角が発生してしまうこと。特に右折時に横断歩道の歩行者の確認が遅れることがあるので、十分に注意が必要だ。同時にクーペボディのため、左後方も若干見づらくなっている。

高速道路では優雅なクルージングをあなたに

高速道路をこのクルマで走ることは、何にも増して魅力的なことだ。エンジンノイズに邪魔されることなく、オーディオを楽しみながら快適に移動することができる。そして、ちょっと追い越しをしたくなれば、アクセルをわずかに踏み込めば豪快な加速とともに、前車をあっという間に置き去りにしてしまう。とはいえ佇まいだけでも目立つクルマなので、法の番人に目を付けられないようにすぐに走行車線にもどって、静かにクルージングを続けよう。

それにしてもこのクルマに乗っていると、なぜかそういった少し乱暴な運転を慎むようになってしまう。ほぼ制限速度でACCを利用して、悠々とクルージングを楽しむ。パワーをひけらかすことなく、優雅なクルージングを楽しむクルマといえよう。

ただし残念なことに、そのACCは若干ぎくしゃくした印象だった。追い越し車線を走行中、たまに走行車線のクルマを捕捉してブレーキングすることもあったので、どうやらBMWのひと世代前のシステムを使用しているようだ。

また、渋滞時には12気筒ツインターボを御しきれておらず、停止時からの発進時、ターボが利き始めるあたりから一気に加速しようとするのをACCがコントロールしようとしてぎくしゃくした動きをしがちであった。せっかく0km/hまで使える機能なので、もう少しチューニングを望みたい。

さすがのロールス・ロイスでも、この大きさに耐えうるボディ剛性は与え切れておらず、高速の段差やうねりを超えるとステアリングがぶるぶる震えることがあった。特にフロア周りの剛性が足りないようだ。

さて、これだけの大排気量ツインターボの燃費は、渋滞を含む一般道で5~6km/L、高速で8~9km/L程度であった。アイドルストップなどの機構を持たないエンジンの割には一般道での数値はそこそこといえるが、それほど回転を上げず、粛々と走っている高速での燃費はもう少し伸びてほしい。

ロールス・ロイスとはいっても、当然機械なので気になるところは散見される。しかし、全体の質感は素晴らしく、スイッチ類をはじめ革などの手触りも十分吟味されたものだ。また、ライト類のスイッチはメーターパネル右側に配され、その形状はシルバーシャドウやそれ以前のロールス・ロイスから受け継がれてきたもので、伝統をもきちんと継承していることをアピールする。今なお手書きで描かれる“コーチライン”のように、これからも伝統と革新が連なってゆくのだろう。

[Text:内田俊一]

前へ 1 2

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
内田 俊一
筆者内田 俊一

1966年生まれ。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を生かしてデザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。また、クラシックカーの分野も得意としている。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 時音の宿 湯主一條
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ロールスロイス レイスの最新自動車ニュース/記事

ロールスロイスのカタログ情報 ロールスロイス レイスのカタログ情報 ロールスロイスの中古車検索 ロールスロイス レイスの中古車検索 ロールスロイスの記事一覧 ロールスロイス レイスの記事一覧 ロールスロイスのニュース一覧 ロールスロイス レイスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる