autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ロールスロイス ゴースト ブラック・バッジ 試乗レポート|市場の声を反映し生まれたロールスロイスのドライバーズカー

試乗レポート 2017/11/27 17:58

ロールスロイス ゴースト ブラック・バッジ 試乗レポート|市場の声を反映し生まれたロールスロイスのドライバーズカー(1/3)

関連: ロールスロイス ゴースト Text: 内田 俊一 Photo: 内田 俊一
ロールスロイス ゴースト ブラックバッジ
ロールスロイス ゴースト ブラックバッジロールスロイス ゴースト ブラックバッジロールスロイス ゴースト ブラックバッジロールスロイス ゴースト ブラックバッジ画像ギャラリーはこちら

ロールスロイスからの突然のお誘い

ロールスロイス ゴースト ブラックバッジ

自動車ジャーナリストという仕事をしていると、軽自動車からハイパーカーまでありとあらゆるクルマに乗る機会がある。そこには戦前から最新、あるいはまだ発売前のクルマも含まれる。

しかし、それでも突然ロールスロイスからメールが入り、1週間少々自由にクルマを使っていいというお誘いはそうそうあるものではない。そこで、喜び勇んで返信のメールを打ったのである。

ロールスの大黒柱にブラック・バッジ

ロールスロイス ゴースト ブラックバッジ

走り出す前に、まずはゴースト ブラック・バッジについておさらいしておこう。

ゴーストはファントムの次に位置する高級サルーンとして2009年にデビュー。2016年に第2世代に進化した。ファントムよりも若い“成功者”をオーナーとして獲得出来たことで、ロールスロイスにとって大黒柱となったモデルである。

そのゴーストにブラック・バッジシリーズが追加された。

「人間には表の面と裏の面がある」とロールスロイス幹部が告白するように、ブラック・バッジはある意味裏の面を表現したものだ

>>ロールスロイス ゴースト ブラックバッジの画像をもっと見る[画像63枚]

ラグジュアリーな乗り心地を維持しつつ、少しだけドライバーズカーに振ったチューニング

ロールスロイス ゴースト ブラックバッジ

エンジンは6.6リッターV型12気筒エンジンを搭載するのは同じだが、そのパワーは40psアップの603ps、トルクも60Nm引き上げられ840Nmを発揮。トランスミッションには8速オートマチックを採用し、2,480kgのボディを引っ張り上げる。

また、コラムから右側に生えたシフトレバーに付いているLOWボタンを押すことで、スロットル開度が25%以上になると、各ギアを長めにホールド。通常よりも200rpm~500rpmほど引っ張るようにセッティングが変更され、シフトダウンの回転数も若干変わるほか、ステアリングも若干重めになる。これらによりラグジュアリーな乗り心地を維持しつつ、少しだけドライバーズカーに振ったチューニングに変更されていることがわかるだろう。

あえてブラック・バッジシリーズをリリースした理由

ロールスロイス ゴースト ブラックバッジロールスロイス ゴースト ブラックバッジ

エクステリアでは、多くのクロームメッキがブラッククロームになる。例えばパルテノン神殿を模したフロントグリルやスピリットオブエクスタシー、フライングレディとも呼ばれるマスコットもブラッククローム化されている。

なお、現在日本に輸入されているロールスロイスのうち、ほぼ半数がブラック・バッジであるという。

ではなぜ、ロールスロイスはあえてブラック・バッジシリーズをリリースしたのか。それは、市場の声を反映したからだ。

同社の社長をはじめデザイナーなどが世界中でユーザーと会い、そのクルマを見たとき、その多くがメッキ部分をブラックアウトしたり、ドライバーズカーとして何らかの手が加えられていたという。そこから、このブラック・バッジの発想が生まれ、ファントムを除くそれぞれのモデルにブラック・バッジシリーズが加えられたのだ。

ロールスロイス ゴースト ブラックバッジロールスロイス ゴースト ブラックバッジ
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ロールスロイス ゴースト の関連記事

ロールスロイス ゴーストの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロールスロイス ゴースト の関連記事をもっと見る

ロールスロイス ゴースト の関連ニュース

ロールスロイス 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/15~2017/12/15