ポルシェの電動スポーツカー「タイカン」の後輪駆動モデルをテスト[Vol.1]/ポルシェ タイカン【PR】(1/2)

画像ギャラリーはこちら
スポーツカーメーカーのポルシェ初となるバッテリーEV「タイカン」。4S、GTS、ターボ、ターボSの4WDモデルに加えて、後輪駆動モデルが登場。ベーシックなRWDがもっともそのモデルを表しているとも言われるポルシェだが、果たしてタイカンの本質はどこにあるのか? モータージャーナリスト今井優杏さんの試乗第一弾をお届けする。
目次[開く][閉じる]
  1. ポルシェ初のフル電動スポーツカー「タイカン」
  2. ポルシェの最先端を味わえる後輪駆動モデル
  3. パナメーラより小ぶりなスポーツセダン
  4. 環境に配慮した素材を用いたインテリア
  5. エレガントに躾けられた街中での振る舞い
  6. 高級車のもてなしとスポーツカーの走り

ポルシェ初のフル電動スポーツカー「タイカン」

ポルシェに乗る。

そのとき、ただクルマに乗るというのとはちょっと違う特別な心構えが、そこに生まれる。そう、別段サーキットを走るというわけではなくとも、ポルシェに乗るときにはいつも、それに近いある独特の緊張が生まれることを私は知っている。ハンドルを握るこちら側の背筋をスッと伸ばさせるような清廉な空気感を、ポルシェは常に纏っているからだ。そしてそれは、私にとって、実に嬉しいプレゼントでもある。弛緩しがちな退屈な日常を、ポルシェはいつもたちまち過去に葬り去ってくれるからだ。

そんなポルシェに、ブランド初となるバッテリーEVが登場した。タイカンだ。今日はその注目のモデルで初めてのドライブをする日…だけどカーテンを開けると生憎の雨模様だ。ああ、なんてこと。だけどまあいい、雨だってタイカンの魅力が霞むわけじゃない。むしろハンドリングを試すには好都合かも!

2019年秋にデビューしたタイカンだが、私はその試乗のタイミングに恵まれないでいた。むろん噂は聞いていた。電気自動車でありながらきちんとポルシェ味を保っているらしい、とか、航続距離も実走行でなかなかのモノらしい、とか。おそらく読者諸兄もお聞き及びのことだと思う。たとえ聞いていなくても、“あの”ポルシェが作った電気自動車が、いったいどんなふうになっているのか。きっとアンチ電動派だって、こっそり気になっているに違いないのだ。

ポルシェの最先端を味わえる後輪駆動モデル

というわけで、今回はシリーズの中でもベースグレードである、その名も「ポルシェ タイカン」を選択した。御存知の通りタイカンには「Taycan 4S」「Taycan GTS」「Taycan Turbo」「Taycan Turbo S」という4WDモデルがすでに用意されている。けれど、このベースグレードは2021年1月に日本に導入された、シリーズの中でも唯一の後輪駆動モデルなのだ。電動でRWDのスポーツカー、しかもポルシェ…もう、乗る前から期待度マックス。

しかも最初に言ってしまうが、正直このグレードで魅力的なのは、実は価格。思わずのけぞってしまうような高額すぎるプライスタグが付くことの多い欧州プレミアムEV勢の中でも、コチラなら1203万円から。むろん相対的にお安い金額ではないが、これはポルシェなのだ。他のポルシェ・ラインナップと比較しても、驚くような数字じゃない。コレで今のポルシェの最先端を味わえるなんて、欧州他メーカーと比較しても、決して悪い選択肢じゃない。むしろかなりいい感じに思えてしまう。試乗した後ならきっと、なおのことそう思うだろう。

パナメーラより小ぶりなスポーツセダン

そんなわけで目の前にしたタイカンは、果たして思ったよりもコンパクトなサイズだった。5ドアということだから、勝手になんとなくパナメーラサイズだと思いこんでいた。そう、特徴的なライトのデザインも、このボディーサイズに存在感を与える要因になっているから、かもしれない。

タイカンは4965 × 1965 × 1395mm。対してパナメーラは5050 × 1935 × 1425mm。タイカンは全幅こそ1966mmとしっかりと取られているものの、全長はかなり短い。これなら都心部でも、意外に取り回しは良さそうだ。そう、日本の狭小な道路環境において、全長がありすぎるのはサイズを持て余す一番の懸念ポイントになる。少し安心して、重厚感を漂わせるドアを開け、スルリと運転席に滑り込んだ。

>>Page2:ベースモデルにして本質。エレガントでスポーティなEVセダン/ポルシェ タイカン

ポルシェ タイカンをもっと詳しく知る【公式サイト】

ポルシェ/タイカン
ポルシェ タイカンカタログを見る
新車価格:
1,203万円2,476万円
中古価格:
1,266.6万円2,410万円
1 2 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

今井 優杏
筆者今井 優杏

自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和味の宿 角上楼

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ポルシェ タイカンの最新自動車ニュース/記事

ポルシェのカタログ情報 ポルシェ タイカンのカタログ情報 ポルシェの中古車検索 ポルシェ タイカンの中古車検索 ポルシェの記事一覧 ポルシェ タイカンの記事一覧 ポルシェのニュース一覧 ポルシェ タイカンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる