MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェの提案するスポーツモデルのPHVとはいかに?パナメーラS Eハイブリッド/カイエンS Eハイブリッド試乗レポート

試乗レポート 2016/1/27 18:29

ポルシェの提案するスポーツモデルのPHVとはいかに?パナメーラS Eハイブリッド/カイエンS Eハイブリッド試乗レポート(1/3)

ポルシェの提案するスポーツモデルのPHVとはいかに?パナメーラS Eハイブリッド/カイエンS Eハイブリッド試乗レポート

プラグインハイブリッドのメリットとは?

『プラグインハイブリッドの燃費って本当にいいの?』

実際にプラグインハイブリッド(PHV)車を購入したオーナーのなかに、こんな印象をお持ちの方がいるかもしれません。

たとえば、ここで紹介するポルシェ「パナメーラS Eハイブリッド」がヨーロッパで公表している燃費データ(ECE R 101、複合モード)は3.1L/100kmで、日本式に改めるとなんと32.3km/L!

ところが、私が都内で実測したときの燃費は14km/Lほどでした。車重2トンを越す大型スポーティサルーンであることを考慮すれば、これでも十分に低燃費ですが、ヨーロッパのデータとは大きな隔たりがあります。

どうしてこういうことが起きるのでしょうか?

ヨーロッパと日本では計測方法が違う

プラグインハイブリッド車は、EVと同じように電気だけでも走行できますし、普通のハイブリッド(HV)車のようにモーターの助けを借りてガソリンエンジンの効率を改善しながら走行することもできます。そして、電気の力だけで走ればもちろんガソリンは1滴も消費しません。

では、電気の力で50kmを走って、次の50kmをガソリンエンジンで走ったとしたら、燃費はどうなるでしょうか? 実際にガソリンを消費したのは50km分でも、電気とあわせて合計100kmを走ったと考えれば、燃費はたちどころにして2倍になります。つまり、本来の燃費が14km/Lでも、この方式を用いれば簡単に28km/Lへと伸ばすことができるのです。

私が都内で計測した14km/Lという燃費は、こうしたわかりにくさを取り除くため、バッテリーに電気が充電されていない状態から計り始めて得た数値です。けれども、ヨーロッパでは事前にバッテリーに充電した電力を織り込んで燃費を算出している。両者の間に開きがでてくるのは当然のことといえます。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ポルシェ パナメーラ の関連編集記事

ポルシェ パナメーラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ パナメーラ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR