日産 ノート e-POWERの2つのスペシャルモデル「AUTECH」と「NISMO」の魅力に迫る!【PR】(1/2)

プレミアム感の高いクラフトマンシップモデルか、モータースポーツ直系モデルか

日産 ノートは2012年に登場。以来、日産の国内ビジネスを支える重要な一台だが、2016年に日本向け仕様に電動化技術を用いた「e-POWER」の追加により人気が再燃。2018年上半期(1~6月)の新車登録ランキングで、日産車として48年ぶりにトップを獲得している。しかし、売れている=街で見かける事も多いわけで、他の人と違った「プラスα」を求める人も多いだろう。

そこで注目されるのが「AUTECH」と「NISMO」と言う2つのスペシャルモデルだ。ベース車に対して付加価値をプラスさせているのはもちろんだが、モータースポーツ直系で直接的にパフォーマンスをアピールする「NISMO」と、プレミアム感の高いクラフトマンシップを感じさせる「AUTECH」と、ユーザーニーズに合わせたキャラクター設定が行なわれている。ちなみにどちらのシリーズもオーテックジャパンが開発を担当している。

オーテックジャパンは2016年に創立30周年を迎えた。これまで様々なコンプリートカーが世に出ているが、その中でも2000年に登場の「セフィーロ オーテック」を皮切りに「AXIS(アクシス)」、「モード・プレミア」では、プレミアム性を引き上げたキャラクターを特長にしていた。つまり、AUTECHはそのコンセプトを引き継ぎ、より明確にしたモデルと言っていいだろう。そこで今回はノートe-POWER AUTECHとノートe-POWER NISMOを中心に、プラスαをチェックしていきたいと思う。

>>日産 ノートに設定されている2つのスペシャルモデル「AUTECH」と「NISMO」を画像でチェック

「AUTECH」では、煌びやかだけどクール、そして嫌みのない高級感をプラス

ノートe-POWER AUTECHのエクステリアは、専用フロントグリル(ドット柄)とメタル調フィニッシュをプラスしたフロント/リアバンパー&ドアミラー、専用アルミホイール(切削光輝)の採用に加え、AUTECH専用カラー「オーロラフレアブルーパール」を設定した。実は自動車業界には「青は売れない」と言うジンクスがあるが、AUTECHでは発売以来5割を超える人気カラーとなっている。インテリアはブラックのモノトーン+ブルーアクセントの専用コーディネイトで、縫製パターンをレトロなイメージをプラスさせる縦基調に変更したシート表皮、センタークラスターサイドやPWスイッチなどのシルバーフィニッシャーなどを採用する。

内外装共に解りやすい変化ではなく、細部までこだわってデザインされたアイテムをバランスよくプラスすることで、煌びやかだけどクール、そして嫌みのない高級感をプラス。ノーマルとは明らかに違う世界観に仕上がっている。この辺りは、日産車の良し悪しを最もよく知っているオーテックジャパンならでは……と言う手腕と言えるだろう。

「NISMO」はエアロダイナミクスを採用しているのが最大の特長

一方、ノートe-POWER NISMOはエクステリアにレーシングカーのテクノロジーをフィードバック、ゼロリフトや前後バランスの適正化など空力操安の考えを盛り込んだエアロダイナミクスを採用しているのが最大の特長だ。

インテリアはブラックモノトーンとレッドのワンポイントと言うスポーツモデル定番のコーディネイトで、アルカンターラ&本革ステアリング、スポーツシート(オプションでレカロ製バケットシートも設定)、専用メーターなどが奢られる。

内外装共に変更部分は機能を形にした物が多いが、“直感的”なカッコ良さはNISMOを知らない人にもシッカリと伝わっているようで、男性のみならず女性ユーザーの指名買いも多いそうだ。

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
144.8万円281.3万円
中古価格:
14万円299万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる