autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 リーフ e+(イープラス) 試乗|航続可能距離570kmをマーク! ハイパワー版リーフの実力を徹底評価

試乗レポート 2019/1/9 10:00

日産 リーフ e+(イープラス) 試乗|航続可能距離570kmをマーク! ハイパワー版リーフの実力を徹底評価(1/4)

関連: 日産 リーフ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田 清志
日産 リーフ e+(イープラス)[62kWh版]
日産 リーフ e+(イープラス)[62kWh版]日産 リーフ e+(イープラス)[62kWh版]日産 リーフ e+(イープラス)[62kWh版]日産 リーフ e+(イープラス)[62kWh版]画像ギャラリーはこちら

ゴーンショックを吹き消せるか! 渦中の日産から高性能版リーフがデビュー

日産 リーフ e+(イープラス)[62kWh版]

昨今の日産といえば、カルロス・ゴーン元会長の逮捕問題で騒がれているが、商品に関しては、以前から話題性が乏しかった。国内で売られる日産車を見ると、発売から長い期間を経過した車種が目立つ。例えばキューブの発売は2008年、フーガは2009年、エルグランドとジュークは2010年という具合になる。2011年以降は、新型車の発売が1~2年に1車種まで減った。

その結果、日産の国内販売は、ノート、セレナ、軽のデイズ&同ルークスなど、一部の車種に支えられている。新型車が少ないため、既存の車種のグレード追加も重要になった。

そこで注目したいのが、2019年1月9日に発表された電気自動車の「リーフe+」(イープラス)だ。

e+はリーフのパワーアップ版に位置付けられる。本来は2018年11月下旬に発表する予定だったが、カルロス・ゴーン元会長の不正問題が生じて先送りになっていた。

>>ゴーンショックを吹き飛ばせ! 高性能版リーフ “e+”を画像で見る[フォトギャラリー]

リーフ e+に搭載される大容量62kWhのバッテリーでどこが進化した!?

日産 リーフ e+(イープラス)[62kWh版]

JC08モード570km/WLTCモード458kmの航続可能距離を達成!

日産 リーフ e+の変更点は多岐に渡る。まず駆動用リチウムイオン電池の容量を、ノーマルグレードの40kWhから62kWhに引き上げた。これによって1回の充電で走れる最大距離(航続可能距離)は、JC08モード走行で570kmになった。WLTCモード走行では458kmだ。リーフ(ノーマルモデル・40kWh)の航続可能距離がJC08モード400km/WLTCモード322kmだから、リーフ e+であれば1回の充電で走れる距離が1.4倍になる。

WLTCモードは実走行に近いとされ、この計測方法で458kmを走行できれば、実用的には十分という見方も成り立つ。

動力性能の大幅向上や充電時間の短縮など利点は多い

駆動用電池の容量が62kWhになると、急速充電に要する1kWh当たりの時間を短縮できることもメリットだ。電池残量が50%の状態から30分間充電した時の充電量は、40kWhの1.4倍になる。

さらに同じモーターを使いながら、リーフe+は動力性能を向上させた。ノーマルグレードの最高出力は110kW(150馬力)だが、リーフ e+は160kW(218馬力)に強化されている。比率に換算すると1.5倍だ。最大トルクも320Nm(32.6kg-m)から340Nm(34.7kg-m)に増えた。

性能向上に伴い剛性を向上させサスペンションも改良

このように駆動用電池を高性能化しながら、電池自体のサイズはあまり大型化されていない。最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)を15mm下げて135mmに抑えるなどの変更は生じたが、居住空間の広さはノーマルグレードと同じだ。

リーフe+は動力性能の向上に応じて、ボディ剛性も高めた。大容量の電池を搭載するためにボディの下側が変更され、特にサイドシル(乗降時に跨ぐ敷居の部分)など、両端を強化した。

サスペンションも改良され、ノーマルグレードの40kWh仕様も含めて、ショックアブソーバーのバルブなどを変えている。

62kWhの駆動用電池を搭載する高性能版、日産 新型リーフe+の気になる運転感覚の違いについて、デビュー早々に確かめる機会を得た。さっそくテストコースで試乗してみよう。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 リーフ の関連編集記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR