autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 リーフ e+(イープラス) 試乗|航続可能距離570kmをマーク! ハイパワー版リーフの実力を徹底評価 2ページ目

試乗レポート 2019/1/9 10:00

日産 リーフ e+(イープラス) 試乗|航続可能距離570kmをマーク! ハイパワー版リーフの実力を徹底評価(2/4)

関連: 日産 リーフ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田 清志
日産 リーフ e+(イープラス)[62kWh版]
日産 リーフ e+(イープラス)[62kWh版]日産 リーフ e+(イープラス)[62kWh版]日産 リーフ e+(イープラス)[62kWh版]日産 リーフ e+(イープラス)[62kWh版]画像ギャラリーはこちら

テストコースでリーフ e+を徹底試乗!【よいところ】

ノーマル比1.4倍! ちょっと過激なくらいの圧倒的なパワー差を実感

日産 リーフ e+(イープラス)[62kWh版]

リーフ e+を発進させて最初に感じたのは、モーターの動力性能が大幅に高まったことだ。最高出力が1.4倍に増えたことを実感する。もともとモーターは瞬発力が強いが、リーフe+ではこの特性が明確に表現された。例えば時速60km前後で真っ直ぐ走っている時に、アクセルペダルを素早く深めに踏み増すと、駆動輪の前輪がホイールスピン(空転)を発生するほどだ。普通のエンジンを搭載したクルマでは、激しいシフトダウンなどを行わない限り、走行中にホイールスピンが発生することは考えにくい。

しかも電気自動車だから、当たり前の話だがノイズが小さい。アクセルペダルを踏み増した次の瞬間、ほぼ無音で力強い加速に見舞われると、ちょっとビックリさせられる。ほかのパワーユニットでは味わえない電気自動車独特の加速感だ。ノーマルグレードの動力性能を従来のエンジンに当てはめると、2.5~2.7リッター相当だが、リーフe+は3.2~3.5リッターと受け取られた。

高回転域の伸び悩みもなく、ダイナミックな走りを堪能出来る

日産 リーフ e+(イープラス)[62kWh版]

高回転域の吹き上がりも良い。モーターの性質により、リーフのノーマルグレードでは加速を続けると次第に速度上昇が鈍るが、e+はこの限界速度が高い。少なくとも法定速度内で走るなら、モーターの回転伸び悩みを感じる機会はほとんどないだろう。初代(先代)リーフが2010年に発売された頃に比べると、電気自動車の技術と動力性能は大きく進化した。

開発者にリーフe+のチューニングについて尋ねると、「パワーの立ち上がり方をもう少しマイルドにすることも考えたが、結論としては、ドライバーの操作次第で駆動力を一気に高められる設定にした」という。

ちなみに電気自動車が先に述べたホイールスピンを発生させると、タイヤがグリップを回復して空転が止まった段階で、モーターに大きな負荷を与えてしまう。そのために電気自動車やハイブリッド車は、トラクションコントロールを確実に作動させてホイールスピンを徹底的に防ぐことが多いが、リーフe+は相応に許容する。動力性能と併せて信頼性も高まり、ダイナミックな走りを味わえるようになった。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 リーフ の関連編集記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR