トヨタ ライズのライバルになるのに! 日本未発売の日本車コンパクトSUV3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
トヨタ ライズの販売台数1位が続くなど、日本国内ではコンパクトSUVの人気が続いている。そんな販売好調なライズにも対抗出来る日本車が、海外にはいくつか存在しているのをご存じだろうか。“日本で発売すれば売れそう”なのに海外専用のコンパクトSUV「日産マグナイト」「ホンダ WR-V」「ホンダ BR-V」の3車種を紹介する。
目次[開く][閉じる]
  1. 【インド】日産 マグナイト
  2. 【ブラジル】ホンダ WR-V
  3. 【東南アジア・南米】ホンダ BR-V

【インド】日産 マグナイト

1つ目は2020年10月21日に日産より発表された次世代世界戦略車「マグナイト」だ。

マグナイトは、日本で設計開発されインドで生産する、全長約4メートルのコンパクトなBセグメントSUVである。日本で2020年6月に発売されたコンパクトSUV「キックス」の全長は4290mmなので、それよりもさらに小さいサイズとなる。

フロントの下部から上部に延びるL字型のLEDデイライトや大型六角形のグリルなどワイド感を出す演出がされている。デザインには“インドと日本の融合”が意識されており、日本人にも受け入れやすい雰囲気ではないだろうか。

シャープなヘッドライトとテールランプに対して、前後にはSUVルックを高めるスキッドプレート風のバンパーなど、軽快でありながらタフさを強調したルックスとなっている。

詳細についてはまだ明らかにされていないが、現地報道などによると3気筒 1Lターボエンジンを搭載する模様。

日産広報によると、現時点では日本に投入される予定はないとのこと。

【ブラジル】ホンダ WR-V

2つ目は、ブラジルにて人気のコンパクトSUV「ホンダ WR-V」だ。

2020年9月に新型を発売したばかりのモデルで、前モデルは“このクルマを選べば間違いない”というお墨付きである「Best Resale Value 2020」も受賞した定番モデル。

ホンダWR-Vのボディサイズは、全長4000mm×全幅1734mm×全高1599mmと、トヨタ ライズ/ダイハツ ロッキーとほとんど同じコンパクトなSUV。グレードは「LX」「EX」「EXL」の3種類。

このWR-Vは3代目(先代)フィットをベースにクロスオーバー車の装飾を加えたモデル。ぱっと見では気付かないほど、イメージを大きく変えることに成功している。

フロントフェイスは、ピアノブラックをベースクロームメッキが主張するフロントグリルやスキッドプレート風のバンパー、そして少し高めな最低地上高によってSUVらしいタフさをアピール。

リアには、フロントと同様に黒の樹脂をベースとしたスキッドプレート風にシルバーで塗装を組み合わせたバンパー、左右からはみ出るフェンダーアーチによって力強い印象となっている、

インテリアには落ち着いた印象のシートに合わせ、ピアノブラックのパネルフレームにクロームメッキ、フルタッチパネル式のエアコンが組み合わされておりシャープな印象。

パワートレインは、エタノールでも動かすことができる1.5リッター直列4気筒エンジンFlexOne(フレックスワン)にCVTを組み合わせた前輪駆動が採用されている。

【東南アジア・南米】ホンダ BR-V

ホンダ BR-Vは東南アジアや南米といった新興国で販売される、実用的に使える3列シートのコンパクトSUV。

サイズは全長×全幅×全高=4456×1735×1666mm(5名定員は全長4453mm)、日本の道路環境にもピッタリなサイズ。こちらは東南アジア・南米で販売されているホンダ ブリオがベース車両。日本で販売されているホンダ ヴェゼルに比べて150mm程度長く、最低地上高も30mmほど高い。

ボディサイズはコンパクトではあるものの、2・3列目は広々としており、インパネは3代目フィットとほぼ共通となっている。1.5LガソリンにCVTを組み合わせている。

---

今回紹介した日本にない日本車コンパクトSUVの3車種だが、日本で売れば人気コンパクトSUVトヨタ ライズのライバルになりそうな1台ではないだろうか。

日産/キックス
日産 キックスカタログを見る
新車価格:
275.9万円287万円
中古価格:
35万円380万円
ホンダ/CR-V
ホンダ CR-Vカタログを見る
新車価格:
336.2万円455.8万円
中古価格:
19.5万円409.8万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 キックスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 キックスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 キックスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 キックスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 キックスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる