ちいさいけどプレミアム! 日産 キックス e-POWER vs マツダ CX-3、クラスレスなコンパクトSUVのライバル2台をチェック!

画像ギャラリーはこちら
今年2020年に日本デビューを果たしたコンパクトSUV「日産 キックス」に対し、2015年にデビューした「マツダ CX-3」は先輩格です。実はこの2台、プレミアム性を重要視するなど、似た志向性を持っているのです。そんな気になるコンパクトSUVのライバルを画像でサクッと比べてみましょう!

ちいさいけどプレミアム! 日産 キックスとマツダ CX-3を画像でサクッとチェックしてみる!

マツダ CX-3と日産 キックスのエクステリアを画像で徹底比較!

プレミアムカーと呼ぶに相応しいこの華やかなムードが漂うCX-3

マツダのコンパクトSUV「CX-3」は2015年デビュー。当初は1.5リッターディーゼル「SKYACTIV-D 1.5」専用車として登場しましたが、2017年に2リッターガソリン「SKYACTIV-G 2.0」を追加。2018年のマイナーチェンジではディーゼルを1.8リッターに拡大するなど、常に改良を続け進化を止めないモデルです。

さらに2020年5月には1.5リッター「SKYACTIV-G 1.5」搭載車も追加。FFモデルで200万円を切る廉価な価格設定として再び注目を集めました。このように多彩なラインナップを誇るCX-3の価格帯は、189万2000円から316万2800円まで(特別仕様車除く・価格は全て消費税込、以下同)。

マツダ CX-3のボディサイズは全長4275mm×全幅1765mm×全高1550mm、ホイールベースは2570mm。ボディの面構成が非常に情感豊かで、艶やかなソウルレッドのボディカラーが良く映えます。サイズは小さいけれど、プレミアムカーと呼ぶに相応しいこの華やかなムードこそがCX-3の特徴と言えそうです。

SUVらしいアクティブさが感じられるキックス e-POWER

いっぽうの日産 キックスは非常にシンプル。基本的なグレードは1つで、内装カラーなどを変えた仕様が選択出来るのみ。エンジンラインナップも1.2リッター+e-POWERの1機種のみで勝負をかけます。価格は275万9900円から286万9900円まで。

日産でいまテッパン人気のe-POWERに割り切ったところが潔いともいえますが、CX-3のように200万円を切るエントリーグレードの需要も見込めるはず。この辺りは今後の展開が気になるところです。

日産 キックスのボディサイズは全長4290mm×全幅1760mm×全高1610mm、ホイールベースは2620mm。CX-3と比べてもほぼ同じくらいのサイズですが、全高が60mm高いせいでキックスのほうがちょっと大きくも見えます。

抑揚の効いたフェンダーやテールゲートまわりの造形はなかなか力強く、SUVらしいアクティブな雰囲気も感じられます。

どちらもこだわりが強いインテリア

マツダ CX-3のインテリアは「小さな高級車」の世界

インテリアも外観同様にデザインのアプローチはちょっと異なっているようです。

CX-3は上級モデル並みの精緻なインテリアが特徴。写真の「XD Exclusive Mods」はシートに高級車に使われるような上質なナッパレザーを採用。ディープレッドのシートカラーにホワイトのパイピングがオシャレです。インパネやドアまわりも品よくコーディネイトされていて、まさに「小さな高級車」といった風情。ステキ過ぎます。

日産 キックスのインテリアは外観同様にアクティブな印象

いっぽうのキックスもなかなかエッジが効いています。写真のX ツートーンインテリアエディションは、その名の通りオレンジとブラックのツートーンでコーディネイトされたインテリアが特徴。200万円台後半の価格帯に相応しいプレミアム性もありながらアクティブな印象もあって、外観同様にキックスのキャラクターにマッチしています。

こちらのシートは合皮素材ですが、上級車並みのマットスプリングを採用したゼログラビティシートのおかげで、掛け心地も良好です。

コンパクトSUVのライバル、マツダ CX-3と日産 キックス e-POWERは、共に個性が強く明確なキャラクターを持つ2台でした。アナタのお好みはどちらでしたか!?

[筆者:MOTA編集部]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 キックスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 キックスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 キックスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 キックスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 キックスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる