autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)試乗レポート/斎藤聡

試乗レポート 2013/3/13 11:38

日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)試乗レポート/斎藤聡(1/2)

関連: 日産 ジューク Text: 斎藤 聡 Photo: オートックワン編集部
日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)試乗レポート/斎藤聡

新生NISMO第一弾、「ジュークNISMO」がついに発売!

日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)とモータージャーナリストの斎藤聡氏

「JUKE NISMO」が登場した。1.6リッターのターボモデルをベースに、日産のモータースポーツシーンを担ってきたNISMOのノウハウをつぎ込んでファインチューンを施したのがJUKE NISMOだ。

これまで“NISMO”というとレースのイメージが強く、また、かつてNISMOバージョンとして発売された車マニア向けな、あるいは硬派な味付けがなされていた。

そんなNISMOが先ごろ社屋を横浜へと移転し、これを機に体制を整えて再スタートを切った。もちろん日産のレース部門という貌はそのままに、レースで得たノウハウと技術をバックボーンにして、市販車に更なるワクワクをプラスするブランドとして世界に向けてデビューするのだという。

そんな新生NISMOの第一弾が今回紹介するJUKE NISMOというわけなのだ。

日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)
日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)
日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)
日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)

JUKE NISMOのエクステリアには、カーボンパーツをふんだんにあしらったエアロパーツが装着され、インテリアもスエードを使ったステアリングや、専用のアルカンターラ調バケットシートを装備。

そしてエンジンは、出力を10馬力/10Nmアップして200馬力/250Nmへと向上。パワーアップに合わせて足回りにもファインチューンを施し、タイヤも215/55R17から225/45R18へとインチ&サイズアップしている。

資料を見る限り、従来のNISMOバージョンとあまり変わったようには見えないなぁと思いながら、ふと実車のタイヤに目をやると、装着しているのがコンチネンタルのコンチ・スポーツコンタクト5というタイヤだった。

NISMOといえばブリヂストンとのつながりが深く、輸入タイヤメーカーならミシュランとの関係が深い。にもかかわらず、あえてコンチネンタルを履いているのを見て「おや?」と思った。

日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)日産 JUKE NISMO(ジュークニスモ)

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 ジューク の関連編集記事

日産 ジュークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ジューク の関連編集記事をもっと見る

日産 ジューク の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR