レクサス GSが27年の歴史に幕、2020年8月に生産終了へ|最後の特別仕様車を発売

画像ギャラリーはこちら
レクサスは、グランドツーリングセダン「GS」の生産を2020年8月をもって終了する。これに伴い、GS特別仕様車「Eternal Touring(エターナルツーリング)」を設定し、2020年6月1日に発売する。価格は710万円~900万円(消費税込み)。

>>赤いステッチがカッコいい!レクサス GS特別仕様車の内装を写真で見る

目次[開く][閉じる]
  1. レクサス GSが2020年8月で生産終了
  2. 特別仕様車の主な特徴
  3. GS特別仕様車「エターナルツーリング」の主な特別装備
  4. レクサスInternational President:佐藤 恒治氏のコメント
  5. 主なスペックと価格

レクサス GSが2020年8月で生産終了

スピンドルグリルを初採用!

レクサス GSは、1993年の初代モデル発売以降4代にわたり、走りの楽しさと上質な乗り心地を両立させたグランドツーリングセダンとして好評を博してきた。日本国内においては、2005年のレクサス開業に伴い、3代目から販売を開始。

2012年にフルモデルチェンジした現行モデルはレクサスのデザインアイコンであるスピンドルグリルを初採用したほか、ドライバーが意のままにクルマを操る楽しさを追求。ニュルブルクリンクをはじめとする世界各国の道で100万kmを超える走り込みを行い、徹底的に鍛え込まれた走行性能を実現した。

特別仕様車の主な特徴

精悍なスタイリング

GS特別仕様車「エターナルツーリング」はGS450h/350/300h/300“F SPORT”をベースに、“F”から継承した数々のアイテムを採用。

エクステリアはスピンドルグリルやアルミホイール、ドアミラーやリアスポイラーなどにブラックの配色を施し、GS450hとGS350 2WDにはオレンジブレーキキャリパーを採用するなど、力強い走りを想起させる精悍なスタイリングとした。

赤のアクセントが映えるインテリア

インテリアはGS Fで好評のアルカンターラ表皮やカーボンオーナメントパネルを採用したほか、ドアトリムやメーターフードなどにはブラックの内装色に映えるレッドステッチを施す。さらにドアトリムとステアリングの一部にもフレアレッドの表皮を配したしたことで、上質さとスポーティさを際立たせた。

GS特別仕様車「エターナルツーリング」の主な特別装備

■“F SPORT”専用スピンドルグリル(特別仕様車専用グロスブラック)/フレーム(特別仕様車専用漆黒メッキ)

■フロントバンパーサイドベゼル(特別仕様車専用グロスブラック)

■ラゲージドアガーニッシュ(特別仕様車専用漆黒メッキ)

■“F SPORT”専用リアスポイラー(特別仕様車専用ブラック塗装)

■オート電動格納式ドアミラー(広角・自動防眩・鏡面リバース連動ラストメモリー付チルトダウン・メモリー・ヒーター付/特別仕様車専用ブラック塗装)

■フロント235/40R19+リア265/35R19タイヤ&“F SPORT”専用アルミホイール(特別仕様車専用ブラック塗装+ブラックナット)

■“F SPORT”専用オレンジブレーキキャリパー(フロント・リア/フロントLEXUSロゴ)

■三眼フルLEDヘッドランプ(ロー・ハイビーム)&LEDフロントターンシグナルランプ

■ヘッドランプクリーナー

■“F SPORT”専用ディンプル本革ステアリング(パドルシフト付/特別仕様車専用ブラック×フレアレッド・レッドステッチ)&“F SPORT”専用ディンプル本革シフトノブ(特別仕様車専用ブラック・レッドステッチ)

■メーターフード/インストルメントパネル上部/センターコンソール/パームレスト/ドアトリム(特別仕様車専用アルカンターラ表皮・レッドステッチ)

■特別仕様車専用カーボンオーナメントパネル(ブラック)

■“F SPORT”専用本革シート(運転席・助手席ベンチレーション機能・ヒーター付/特別仕様車専用ブラック・レッドステッチ)

■クリアランスソナー&バックソナー

■アダプティブハイビームシステム

■ブラインドスポットモニター

レクサスInternational President:佐藤 恒治氏のコメント

4代目GSは、マスタードライバー豊田 章男の「自分達が心から楽しいと思うLEXUSの走りをつくり込んで、お客様にお届けしたい」という強い思いの下に生まれました。それゆえにLEXUSの新しいチャプターを切り開くモデルとして、クルマ作りの変革にも大きく貢献しました。

特別仕様車の“Eternal Touring”という名は、グローバル27年間にわたるお客様のご愛顧への感謝とともに、GSが生産終了した後も、LEXUSがこれまで創り上げてきたグランドツーリングへのこだわりを継承し続けていくという思いを込めたものです。

これからもLEXUSはクルマがもたらす楽しさ・喜びを提供し続けるべく、弛まぬ進化を目指してまいります。

主なスペックと価格

GS300 エターナルツーリング

■エンジン:8AR-FTS(2.0L 直列4気筒ターボ)

■トランスミッション:8-Speed SPDS

■駆動:2WD(FR)

■価格:710万円

GS300h エターナルツーリング

■エンジン:2AR-FSE(2.5L 直列4気筒)

■トランスミッション:Lexus Hybrid Drive

■駆動:2WD(FR)

■価格:750万円

GS350 エターナルツーリング

■エンジン:2GR-FKS(3.5L V型6気筒)

■トランスミッション:8-Speed SPDS / 6 Super ECT

■駆動:2WD(FR)/ AWD

■価格:800万円

GS450h エターナルツーリング

■エンジン:2GR-FXE(3.5L V型6気筒)

■トランスミッション:Lexus Hybrid Drive

■駆動:2WD(FR)

■価格:900万円

※価格はいずれも消費税込み

レクサス/GS
レクサス GSカタログを見る
新車価格:
588.8万円800万円
中古価格:
39.6万円658.4万円
レクサス/GS F
レクサス GS Fカタログを見る
新車価格:
1,144万円1,144万円
中古価格:
557.8万円937.1万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

レクサス GSの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス GSのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス GSの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス GSの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス GSのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる