海外ドラマで活躍する日本車特集!~レクサス編~【ドラマ映画に登場するクルマたち】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
海外ドラマや洋画の中で、主人公の愛車として日本車が出てくるとちょっぴり嬉しくなるものですよね。そんな中でも、高級感と高品質さを兼ね備えたレクサスはやっぱり大人気。そこで今回は、レクサス車が活躍するドラマと映画3作品をご紹介します!
目次[開く][閉じる]
  1. 1:日本未発売、レクサスGXが登場!「ブラインドスポット」
  2. 2:レクサス GXとGSの隊列がすごい!「エージェントオブシールド」
  3. 3:レクサス LCのカーチェイスが超クール!「ブラックパンサー」
  4. まとめ

1:日本未発売、レクサスGXが登場!「ブラインドスポット」

FBIなら、黙ってレクサス

ニューヨークの街に突如、裸で現れた謎の美女ジェーン。彼女は記憶喪失で、その全身には暗号のようなタトゥーが彫られているという衝撃的な始まり方の本作は、タトゥーの暗号から導かれる事件を追いつつ、ジェーンの失われた記憶と、FBIのウェラー率いるチーム内の微妙な人間関係を描いていく本格サスペンスドラマです。

コメディや熱血の要素はあまりなく、緊迫感のあるシリアスな展開が続きます。捜査官コンビが運転席と助手席でいつもの会話をし、自慢の愛車でカーチェイス! というお約束もなし。毎度、単なる捜査車両らしきイカついSUVにどさっと乗り込んで…ってあれ、このグリル見たことある! 「L」のマークついてる! FBIがレクサス GXに乗ってるよー! …ってまあ、本当に乗ってるだけなんだけど(笑)。

日本国内で未発売のレクサス GXは、LXとRXの中間に位置するモデルで、トヨタ ランドクルーザープラドの兄弟(従妹?)車に当たるモデル。最上級のLXを使わないあたり、FBIの車両らしく妙にリアルです。

2:レクサス GXとGSの隊列がすごい!「エージェントオブシールド」

アベンジャーズのスピンオフで、レクサス軍団登場!

地球外から来た未知の物体を調査し、人々を守っている組織「シールド」は、あの映画「アベンジャーズ」シリーズにも登場している組織です。そしてこのドラマの第1話の予算は、44分でなんと14億円!(1分あたり約3181万円!) ちょっと目玉がパチクリしてしまいますが、そんな潤沢な予算を使い、この組織はレクサスをごっそり買い込んだようです…。

日本では売っていないSUVのGXをはじめ、レクサス車を組織のクルマとして一括購入しているらしいシールド。サイドにはエンブレムである鷹のマークもしっかり入っています。

映画「マイティ・ソー」でも登場する女戦士のシフが地球外からやってきたときも、5台の真っ黒なレクサス GXとGSでお出迎え。隊列を組むと、さすが精悍です!

ところで、このシフ役の女優さんは上記のドラマ「ブラインドスポット」のジェーン役でもあるんです! レクサスにはもうすっかり乗り慣れているでしょうね!

3:レクサス LCのカーチェイスが超クール!「ブラックパンサー」

マーベルヒーローのスーパービークル

映画「ブラックパンサー」は2018年に公開された、マーベルのヒーロー作品です。舞台は、細々と農業をして暮らすアフリカの貧困国家ワカンダ。しかしそこが実は超文明国で、新国王が代々受け継がれるブラックパンサーの能力とハイテク機器を駆使して戦う活躍を描きます。

さて、悪者を追って韓国にやってきた主人公たち。ブラックパンサーが乗るのはワカンダ・ビークルのレクサス LCですが、乗るは乗るでも、自慢の鉤爪を引っかけて車上に乗る! 運転席には誰もおらず、なんと遠隔操作で妹がワカンダからホログラム運転をしているのです。

夜の街を駆け抜ける青いレクサスは、ワカンダ産の特殊な金属であるヴィブラニウム製で、敵のマシンガン攻撃にも傷ひとつ付きません。闇に溶けるブラックパンサーが車から車へ飛び移り、無人のレクサスが追いついてくる場面は結構しびれますよ!

【動画】「LEXUS LC│ブラックパンサー」(レクサス公式)

まとめ

謎の美女が乗っても、FBIや秘密組織の渋いおっさんが乗っても、スーパーヒーローが乗っても似合ってしまうのは、さすがレクサス。日本車の中でも採用率が高いので、他にもたくさんのドラマや映画で見かけますよ。今度見かけたら、ぜひ車種まで注目してみてくださいね!

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

レクサス/GS
レクサス GSカタログを見る
新車価格:
588.8万円800万円
中古価格:
40万円568万円
レクサス/LC
レクサス LCカタログを見る
新車価格:
1,350万円1,500万円
中古価格:
858.1万円1,796万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる