autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ 新型RAV4 国内復活! レクサス初のミニバンも!? ほか【月曜必読記事5選】

自動車ニュース 2019/4/15 07:00

トヨタ 新型RAV4 国内復活! レクサス初のミニバンも!? ほか【月曜必読記事5選】

トヨタ 新型RAV4 G(ダイナミックトルクコントロール4WD/ボディカラー:シルバーメタリック)[雪上試乗会/トヨタ自動車士別試験場(北海道)]
トヨタ 新型RAV4BMW 新型Z4 M40iプジョー 508GTレクサス 新型LM ティザー画像画像ギャラリーはこちら

先週話題の記事を月曜のうちにチェック

先週1週間で公開されたオートックワンのオススメ記事を、ランキング形式でご紹介。

忙しくてなかなかチェックできなかったという方必見。これさえ読めば、今話題のクルマ・最新情報がよく分かります!

>>先週話題になったクルマの内外装を画像で見る

1位:トヨタ 新型「RAV4」発売|世界初となる“新4WDシステム”を採用

トヨタ 新型RAV4 Adventure(ダイナミックトルクベクタリングAWD/ボディカラー:アーバンカーキ×アッシュグレーメタリック)[雪上試乗会/トヨタ自動車士別試験場(北海道)]

トヨタは2019年4月10日、新型「RAV4」を発売した。RAV4はかつて初代~3代目までは国内で販売。4代目は国内で販売されなかったものの、5代目で遂にミドルSUVとして国内での復活を遂げた。

記事では、新型RAV4の価格や世界初採用となる“新4WDシステム”の全容、解説、試乗レポートを紹介している。

>>この記事を読む

2位:レクサス初のミニバン「LM」はアルファード/ヴェルファイアがベース!?

レクサス 新型LM ティザー画像

レクサスは2019年4月9日、上海国際モーターショー2019にて同社初となるミニバンモデルのフラッグシップ「LM」を世界初公開すると発表した。

新型LMは、レクサスのフラッグシップセダン「LS」、フラッグシップGTクーペ「LC」、フラッグシップSUV「LX」、ラグジュアリーヨット「LY」に続く、レクサス5番目のフラッグシップモデルに位置づけられる。

記事では、現在公開されている2枚のティザー画像を紹介している。

>>この記事を読む

3位:BMW 新型Z4 M40i試乗|その走りはチャラくない。BMWの基本を備えた優れたスポーツカーだ!

BMW 新型Z4 M40i

トヨタ 新型「スープラ」の兄弟車であるBMW 新型「Z4」。すでに新型Z4は、新型スープラよりも一足早く、2019年3月25日から販売がスタートしている。

早速、自動車評論家の今井 優杏さんに試乗してもらい、その全容をレポートしていただいた。試乗したのはトップグレードのZ4 M40i。

記事では、新型スープラとの“大きな違い”や乗り心地を徹底解説している。

>>この記事を読む

4位:三菱 次世代SUVをアジア初披露|上海モーターショー2019

三菱 次世代クロスオーバーSUVのコンセプトカー「e-Yi CONCEPT(イーイーコンセプト)」

三菱は2019年4月16日から同年4月25日まで開催される上海国際モーターショー2019において、次世代クロスオーバーSUVのコンセプトカー「イーイーコンセプト」をアジア初披露すると発表した。

また中国現地生産車である「エクリプス クロス」「アウトランダー」など7車種全10台が出展される予定だ。

記事ではモーターショーで披露される、イーイーコンセプトのデザインの特長や、搭載技術を紹介している。

>>この記事を読む

5位:プジョー 新型508GT 速攻試乗|2700kmのロングドライブで上級グレードの実力を試す

プジョー 508GT

2019年3月20日より、プジョーのフラッグシップ5ドアクーペである「508」の新型モデルが日本で発売された。導入はガソリンモデルとディーゼルモデルの2種類。

そこで早速、自動車ライターの内田 俊一氏がセダンのディーゼルモデル GTを2700kmほどテストする機会に恵まれたので、そのレポートをお届けする。

記事では、新型 508の乗り心地や使い勝手を徹底解説&実燃費を紹介している。

>>この記事を読む

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR