三菱 次世代SUVをアジア初披露|上海モーターショー2019

三菱、コンセプトカー「e-Yi CONCEPT」をアジア初披露

三菱自動車は2019年4月16日から同年4月25日まで開催される上海国際モーターショー2019において、次世代クロスオーバーSUVのコンセプトカー「e-Yi CONCEPT(イーイーコンセプト)」をアジア初披露する。また中国現地生産車である「エクリプスクロス」「アウトランダー」など7車種全10台を出展する。

>>三菱らしさ全開! 次世代SUV「イーイーコンセプト」の外装を見る

「イーイーコンセプト」とは

イーイーコンセプトは電動化技術、4WD技術、先進運転支援技術やコネクテッドカー技術などを備えたツインモーター4WDのPHEVである。電気とガソリンで走るPHEVならではの長い航続距離と、高い走行性能や耐久性を合わせ持つ。また3列シートの採用により、多人数乗車と収納性を両立させている。

なお、車名の「e」はエレクトリックのほか、エクスプローラー、エクスペリエンス、エンゲージを表す。また「Yi」は漢字で「毅」ならびに「奕」と記し、「毅」は強い、頑丈、持久性、「奕」は美しいを表している。

「イーイーコンセプト」のデザイン

外装(エクステリア)

フロントは三菱のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を進化させ、左右から中央に向かって包み込むバンパーのプロテクト形状とフロントグリル部を水平・垂直基調のスクエアなラインで構成した。給電時や充電時にはダイナミックシールドのメッキ部がブルーに点灯し、PHEVらしさを際立たせている。

ボディサイドでは、シャープな面構成とフェンダー造形によって立体性と機動性を表現している。リアエンドでは、六角形に切り落とした形状や水平に車幅いっぱいまで配置したテールランプによって安定感を強調している。

またボディカラーはサテンダークグレーを採用したほか、フォグランプを配備した自動開閉するルーフボックスや、前後バンパーのアンダーガードを装備している。

内装(インテリア)

インストルメントパネルは「ホリゾンタルアクシス」と名付けた水平基調のデザインで前方視界を確保し、オフロード走行時の車体姿勢の変化をドライバーが直感的に捉えやすいよう工夫している。

メーターパネルは速度、回転数、エネルギーフローといった基本的なドライブ情報から、コネクティッドサービス「三菱コネクト」との連携によるナビゲーション情報などを表示する12.3インチの大型液晶となっている。

「イーイーコンセプト」の搭載技術

電動化技術

大容量の駆動用バッテリーを車両中央フロア下に搭載し、高出力・高効率モーターをフロントとリアに搭載したツインモーター方式としながらも、優れたコンポーネントパッケージにより広い室内空間を確保した。

エンジンは2.4LのPHEV専用ガソリンエンジンを搭載し、シリーズ走行モードにおける発電では高出力ジェネレーターによる高い回生率を発揮する。

これらPHEVシステム自体の高効率化に加え、ラジエター部ではグリルシャッターによる空気抵抗の低減など低燃費化技術を採用している。

EV航続距離は70km以上、満充電・燃料満タンの状態からの総航続距離は700km以上だ。

4WD技術

フロントとリアにモーターを搭載する高出力・高効率のツインモーター方式のフルタイム4WDとなっており、前輪左右の駆動力配分をブレーキで制御するヨーコントロールを採用。これらと四輪のブレーキ制動力、前後モーター出力の制御ABS&ASCを統合制御して運動性能を高める車両運動統合制御システム「S-AWC」を採用している。

先進運転支援技術

自動車専用道路での同一車線において、クルマ側からのアクセルやブレーキ、ハンドル操作によってドライバーをアシストする先進運転支援技術を採用。これによりドライバーの疲労低減や自然渋滞の低減などに貢献する。

コネクテッドカー技術

スマートフォンであらかじめ目的地や経由地などを設定しておき、乗車時にナビゲーションと連携させるコネクテッドカーシステムにより出発時のナビ操作時間を短縮できる。

またルート上の天候、気温、地形、道路交通、路面状況の情報をもとにシステムが最適な走行モードを選択、駆動用バッテリーのエネルギーマネジメントや四輪統合制御により、駆動力配分を最適化することで、安全・快適な走行や燃費向上を可能にする。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

三菱の最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱の記事一覧 三菱のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる