MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース 三菱、eKシリーズの安全装備採用グレードを拡大、ナビプレゼント特典付き特別仕様車を発売

自動車ニュース 2017/10/6 14:00

三菱、eKシリーズの安全装備採用グレードを拡大、ナビプレゼント特典付き特別仕様車を発売

三菱 eKシリーズ

三菱自動車は、ハイトワゴンタイプのeKワゴン/eKカスタム、スーパーハイトワゴンのeKスペースに安全装備の採用グレードを拡大するなど一部改良し、10月6日から販売する。

価格(消費税込)は、eKワゴンが104万4360円から153万7920円、eKカスタムが136万8360円から165万8880円、eK スペースが125万2800円から193万5360円となる。

また、購入者にナビゲーションをプレゼントする特典付きで、ステアリングオーディオリモコンスイッチ、リアスピーカーなどを採用した特別仕様車をeKワゴンとeKスペースに設定、10月6日から発売する。価格(消費税込)は、eKワゴンの「M プラスエディション」が115万5600円から126万2520円、「M e-アシストプラスエディション」が118万3680円から129万600円。eKスペースの「カスタムT セーフティプラスエディション」が182万8440円から193万5360円となる。

eKワゴン/eKカスタム/eKスペースの主な改良内容

アクティブスタビリティコントロール(ASC)、フロントスタビライザー、ヒルスタートアシスト、ブレーキアシストの採用グレードを拡大し、全車標準装備化した。

アクティブスタビリティコントロール(ASC)

横滑りを感知すると車両挙動を安定させるスタビリティコントロール機能とスリップを感知するとタイヤの空転を抑えるトラクションコントロール機能をもつアクティブスタビリティコントロール(ASC)を以下の車種・グレードに採用し、全車で標準装備とした。

新採用車種:eKワゴンの「E」「M」「G」/eKカスタムの「G」/eKスペースの「M」

フロントスタビライザー

ロールを抑えて走行安全性を向上させるフロントスタビライザーを、以下の車種・グレードに採用し、全車で標準装備とした。

新採用車種:eKワゴンの「E」「M」「G」/eKカスタムの「G」

ヒルスタートアシスト、ブレーキアシスト

坂道発進の際に車体のずり下がりを防止するヒルスタートアシスト、制動時の踏力を補助するブレーキアシストを、eKワゴンの「E」に採用し、全車で標準装備とした。

特別仕様車の主な商品特徴

eKワゴンは「M」/「M e-アシスト」、eKスペースは「カスタムT セーフティパッケージ」をベースとし、以下の装備を採用した特別仕様車を設定した。

・ステアリングオーディオリモコンスイッチを採用し、ステアリングホイールから手を離すことをなくオーディオ操作を可能とすることで、利便性と安全性を向上させた

・後席でも優れた音質を楽しめるようリアスピーカーを装備。eKスペースの「カスタムT セーフティプラスエディション」では、より高音質を実現するツイーターも装備

・さらにこの特別仕様車を購入したユーザーの特典として、「特別仕様車専用ワイド2DIN ナビゲーション(ハイスペックモデル)」(税込17万9280円相当)をプレゼントする

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

三菱 eKワゴン の関連編集記事

三菱 eKワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 eKワゴン の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR