大ヒットの予感!? 三菱 新型アウトランダーの内装が高級車並に大幅レベルアップ

画像ギャラリーはこちら
2021年2月17日(水)、米国で世界初公開された三菱の新型アウトランダー。外装デザインの大きな変革が話題を呼んでいるが、それ以上に注目したいのが内装。世界のライバルが急増する中、新型は大きく質感を向上させた。これは大ヒットの予感すらする変革ぶりだ。

今回は、フルモデルチェンジで生まれ変わった新型アウトランダーのインテリアについて特集する。

三菱 新型アウトランダーのインテリアを写真でもっと見る[フォトギャラリー]

フルモデルチェンジで室内の質感向上を図る新型アウトランダー

2021年2月17日(水)、米国で世界初公開された三菱の新型アウトランダーは、フルモデルチェンジを機に大きくイメージを変えた。

3代目となる新型では、外装に新世代の三菱デザインを初採用したほか新開発プラットフォームを採用し、走行性能も大幅に向上させた。そして今回特に注目したいのは内装だ。

3列シート・7人乗りという基本性能は従来型(ガソリンモデル)から継承。加えて、世界的にSUVのライバル車が急激に増えている現状に対し、三菱が新型アウトランダーで打った手は「室内の質感向上」だった。

高級素材を使用し掛け心地も向上した新開発シート

新型アウトランダーのインテリアには、ブラックとライトグレーの本革シート仕様をオプションで設定。革は高級セダンなどに採用されるセミアニリン仕上げの上質な素材を使用する。

フロントシートは2層ウレタン構造とし、掛け心地の良さと疲れにくさを実現させるものとした。

セカンドシートは前後スライドやリクライニング機構を備えたうえ、4:2:4の分割可倒式。左右独立の格納式サードシートとの組み合わせで、荷室の拡大など多彩なアレンジを可能とした。

新開発プラットフォーム採用によるパッケージングの見直しが実施された結果、フロント・セカンドシートの足元空間をさらに確保。ボディサイズの左右幅が増えたことと相まって、新型アウトランダーの室内空間は大きく拡がった。

新型アウトランダー最大の変革点はインパネ周りだ

そして、フルモデルチェンジした3代目三菱 アウトランダーで、最も変革を感じるのはインパネ(ダッシュボード)回りだろう。

水平基調のワイドなデザインはとてもシンプル。しかし見るからに上質な雰囲気がある。

以前、三菱の開発者に伺ったところでは、現行型(2代目)のアウトランダーではインテリア、特にインパネ周りの質感に対し海外市場から不満の声があがっていたという。特に欧州市場で現行型アウトランダーは、高価なPHEV(プラグインハイブリッド)モデルが支持を集めている。確かに200万円台から買えるガソリンモデルと、400万円台(海外ではもっと高価だ)のPHEVでは要求レベルも変わってくるだろう。

年次改良の度に細かな改善は行われていたものの、今回のフルモデルチェンジでようやく抜本的な改革がかない、ガソリンモデルでもその恩恵を受けることになった。

また、高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」や、全画面フルカラーの12.3インチ液晶メーター「フルデジタルドライバーディスプレイ」、10.8インチヘッドアップディスプレイなど、世界最先端の仕様もしっかりと盛り込まれている。

アライアンスの効果を最大限生かしつつ独自性を尊重したモデルチェンジ

実は今回、新型アウトランダーの開発は、ルノー日産三菱アライアンスのもと日産 新型エクストレイル(4代目)と同時期に開発が行われた。共同設計された最新CMF-Cプラットフォーム(車両の土台)やパワートレイン、ADAS(先進運転支援機能)等のメカニズムを共有している。

確かに2モデルの内装写真をじっくり見比べてみると、共通部品と思われるものが散見される。しかし外装も含め、デザイン自体はそれぞれ全く独自のものとされている。

例えばバッジやグリルを小変更しただけの兄弟車なら、きっと開発コストはさらに圧縮出来たかもしれない。しかし高価なSUVを購入するユーザーの満足はとても得られなかったはずだ。最新・最先端の機能を盛り込み、三菱と日産の独自性も尊重するという、新時代の兄弟車と言えるだろう。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:三菱自動車工業・NISSAN]

三菱/アウトランダー
三菱 アウトランダーカタログを見る
新車価格:
272.6万円342.1万円
中古価格:
39万円313.6万円
三菱/アウトランダーPHEV
三菱 アウトランダーPHEVカタログを見る
新車価格:
393.9万円529.4万円
中古価格:
108.2万円463.6万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ねぶた温泉 海游 能登の庄
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

三菱 アウトランダーの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 アウトランダーのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 アウトランダーの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 アウトランダーの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 アウトランダーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる