三菱 新型スーパーハイトワゴン「eKスペース」 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/4)

  • 筆者: 渡辺 陽一郎
  • カメラマン:茂呂幸正/オートックワン編集部
三菱 新型スーパーハイトワゴン「eKスペース」 試乗レポート/渡辺陽一郎
三菱 新型 スーパーハイトワゴン「eKスペース カスタム T」[2WD/ボディカラー:ホワイトパール] 三菱「eKスペース G」[2WD/ボディカラー:アンティークゴールドメタリック] 三菱「eKスペース G」[2WD/ボディカラー:アンティークゴールドメタリック] 三菱「eKスペース カスタム T」[2WD/ボディカラー:ホワイトパール] 画像ギャラリーはこちら

各メーカーそろい踏み!

三菱「eKスペース G」[2WD/ボディカラー:アンティークゴールドメタリック]

ラインナップが勢ぞろい! 三菱「eKスペース」と日産「デイズルークス」が発売され、全高を1700~1800mmに設定する『スーパーハイト』の軽自動車が出そろった。

人気車の顔ぶれは、ダイハツ「タント」、スズキ「スペーシア」&マツダ「フレアワゴン」、ホンダ「N-BOX」&「N-BOX+」、そして三菱「eKスペース」&日産「デイズルークス」になる。背が高く、ボディの後部にスライドドアを装着することが共通した特徴だ。

車両に関するガイドは、2014年2月13日に「日産デイズルークス・三菱eKスペース新型車解説」として掲載したので、今回はeKスペースの試乗レポートをお届けしたい。

最近の軽自動車らしい、高い内装の質感

三菱「eKスペース G」[2WD/ボディカラー:アンティークゴールドメタリック]
三菱「eKスペース G」[2WD/ボディカラー:アンティークゴールドメタリック]三菱「eKスペース G」[2WD/ボディカラー:アンティークゴールドメタリック]

まずは標準ボディのeKスペース Gグレード。フロントマスクは大人しいデザインで、ファミリー向けのモデルという印象だ。

車内に入ると、頭上は当然ながら広い。全高は1775mmで、先に挙げた『スーパーハイト』の中でも、1780mmのN-BOXに続いて背が高いからだ。

内装の質感も最近の軽自動車らしく高められている。Gグレードであれば、タッチパネル式オートエアコンを標準装着。eKシリーズの第1弾モデル 三菱「eKワゴン」に比べると、パネルの表面を少し上に向けることで、操作性を向上させた。タッチパネルは従来型のスイッチよりも手探りの操作がしにくいから、上向きにして操作性を高めている。右脇に装着されたATレバーも扱いやすい。

三菱「eKスペース G」[2WD] インテリア

逆に少し見にくく感じるのが、ルームミラーに内蔵されたリアビューモニター。取り付け位置が高く、ドライバーとの間隔が広がったためだ。eKスペースは水平基調のボディによって斜め後方や真後ろの視界が良いので、ルームミラー内部のモニター表示は補助的に使いたい。

そもそも後退する時の基本は、ドライバーが振り返って自分の目で後方を確認すること。それなのに最近は、後方視界の悪い車種が増えて、モニターに頼る傾向が強まった。今のクルマの欠点でもあるから、注意して運転していただきたい。

[次ページへ続く]

三菱「eKスペース G」[2WD] インテリア三菱「eKスペース G」[2WD] インテリア三菱「eKスペース G」[2WD] インテリア三菱「eKスペース G」[2WD] インテリア三菱「eKスペース G」[2WD] インテリア
1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

三菱 eKスペースの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 eKスペースのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 eKスペースの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 eKスペースの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 eKスペースのニュース一覧

三菱 eKワゴンの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 eKワゴンのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 eKワゴンの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 eKワゴンの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 eKワゴンのニュース一覧

試乗レポートの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事