MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 デミオよ、お前もか。MAZDA2への改名は吉と出るか?

新型車リリース速報 2019/7/25 19:41

デミオよ、お前もか。MAZDA2への改名は吉と出るか?

関連: マツダ MAZDA2 Text: MOTA編集部 Photo: MOTA編集部
マツダ 新型MAZDA2
マツダ 新型MAZDA2マツダ 新型MAZDA2マツダ 新型MAZDA2マツダ 新型MAZDA2画像ギャラリーはこちら

MAZDA2はフルモデルチェンジ並の変更!

マツダの人気コンパクトカー「デミオ」が、2019年7月18日に「MAZDA2」への名称変更とともに大幅な改良を発表した。今回の改良では単に車名がMAZDA2に変更されただけではなく、デザインや衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全装備など全方位において改良が施された。

>>MAZDA6顔に大変身!

MAZDA2を最新のマツダ顔に整形

2018年にアテンザから採用がスタートしたドット柄を基調としたグリルをMAZDA2にも採用し最新のMAZDA顔にアップデート。さらに新デザインのアルミホイールは高輝度塗装としている。それにより、劇的にに高級感が向上している。

変わったのは名前だけじゃない! 全方位でクラストップレベルに

そのほか、先進安全装備においてもトピックがいくつかある。一つは前車を任意の車間距離で追従する「マツダ・レーザー・クルーズ・コントロール」を全車速対応となったことだ。残念ながら渋滞時などで重宝する”停止保持”はできないものの、0km/h~機能するのは嬉しいポイントだ。加えて、車線中央の走行をサポートする「レーンキープアシストシステム」も新たに採用。

さらに、ハイ/ロービームを自動に切り替える「アダプティブ・LED・ヘッドライト」を新たに採用。ヘッドライトのLEDユニットを20分割することにより、より緻密な制御が可能になったという。

走りの面においては、CX-5やMAZDA6など上級モデルに多く採用されている「Gベクタリングコントロール+」を搭載し、高速巡航時などにおける車両の安定性&ハンドリング性能も向上させた。

気になる価格はガソリンモデルが154万4400円~225万7200円(税込)、ディーゼルモデルは195万4800円~261万9000円(税込)となっている。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

マツダ MAZDA2 の関連編集記事

マツダ MAZDA2の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR