今、新車でMTが買えるコンパクトカー3選! 走りの楽しさを体感するにはやっぱりMT!?

画像ギャラリーはこちら
かつては当たり前だったマニュアルトランスミッション(MT)。今では多段ATやCVTが主流となり、すっかりその姿を消しつつあるが、クルマ好き、走り好きの方の中には「やっぱりMTに乗りたい!」という方も多いことだろう。そこで今回は、今でも新型車でMT車が買えるコンパクトカーを3車種紹介する。
目次[開く][閉じる]
  1. トヨタのグローバルコンパクトカー「ヤリス」
  2. 魂動デザインが美しい「MAZDA2」
  3. 海外でも人気の高いコンパクトスポーツ「スズキ スイフトスポーツ」

トヨタのグローバルコンパクトカー「ヤリス」

1台目に紹介するのは、2020年に車種名を「ヴィッツ」から変更して登場したトヨタのコンパクトカー「ヤリス」。広さばかりにこだわらないパッケージングによって、スポーティで洗練されたデザインを実現している。

エンジンは、新開発の「直列3気筒1.5リッターダイナミックフォースエンジン」を搭載し、トランスミッションにCVTまたは6速MTを設定している。

6速MT仕様のトヨタ ヤリスの価格(税込/以下同)は、「X」グレードが154万3000円、「G」グレードが171万8000円、「Z」グレードが188万8000円となる。

さらに、ベーシックなヤリスのデビューから約半年後には、WRC(世界ラリー選手権)の現場で培った技術を取り入れた本格スポーツハッチ「GRヤリス」を発売。

GRヤリスは、3ドアハッチバックのボディに、上級モデルとなる「RZ」では、新開発となる1.6リッター直列3気筒インタークーラーターボエンジンを搭載し、最高出力は272PS(200kW)/6500rpm、最大トルク37.7kg・m(370Nm)/3000-4600rpmを発揮する。トランスミッションは6速MTで、多板クラッチにより前後駆動力を可変する新開発のスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を組み合わせている。価格は396万円。

魂動デザインが美しい「MAZDA2」

2台目は、2014年に4代目へフルモデルチェンジを行ったマツダ「MAZDA2」。2019年にそれまでの車名「デミオ」から、世界共通の名前である「MAZDA2」に改名。マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」と新デザインテーマ「魂動(こどう)」を全面的に採用した第4弾のモデルとしてデビューした。

コンパクトなボディであるものの、躍動感と生命力のあるエクステリア、上質で落ち着くインテリアが特徴で、2014-15 日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得している。

MAZDA2はガソリンエンジンの「SKYACTIV-G」、ディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D」ともに、MTの「SKYACTIV-MT」を搭載したグレードを用意している。

新技術により開発されたMTは、軽快なシフトフィールと優れた燃費性能を実現。ディーゼルエンジンと6速MTを組み合わせたグレードは、JC08モード燃費で30.0km/Lを達成している。

6速MT仕様のMAZDA2の価格は、「15S Proactive」が169万4000円、「15S Black Tone Edition」が179万8000円、「15S Proactive S Package」が190万3000円、「15S L Package」が209万円となっている。

海外でも人気の高いコンパクトスポーツ「スズキ スイフトスポーツ」

最後に紹介するのは、2017年に4代目となったスポーツハッチのスズキ スイフトスポーツ。スイフトのスポーツモデルとして2005年に登場し、日本のみならず欧州を中心とした海外市場において、走行性能を徹底的に高めたコンパクトスポーツとして高く評価されている。

ベースとなるスイフトと同様に、軽量高剛性な新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」と新開発サスペンションにより、高い動力性能と緩みの無いハンドリングを実現。日常での使いやすさを確保しながら、車を操る楽しみが味わえる高性能なスポーツハッチだ。

4代目スイフトスポーツには、シリーズ初となる1.4リッター直噴ターボ(K14C型)エンジンを搭載。最高出力140PS(103kW)、最大トルクは23.4kg・m(230N・m)で、2350rpmという低回転から最大トルクを発生させる。

トランスミッションには、2速~5速をクロスレシオ化した先代スイフトスポーツと同じギヤ比の6速MTも設定され(そのほか6ATもあり)、街中でも軽快なシフトチェンジが堪能できる。

6速MT仕様のスイフトスポーツの価格は、187万4400円~207万200円。

パドルシフトの普及以降、スポーツモデルでもMTの設定がなくなってきている昨今、貴重なMT設定のあるモデルを紹介してきた。「スポーツ走行を楽しむならMTじゃなきゃ!」といったことは言わないが、今一度その楽しさを体感してみてはいかがだろうか?

トヨタ/ヤリス
トヨタ ヤリスカタログを見る
新車価格:
147万円254.8万円
中古価格:
114.2万円627.9万円
マツダ/MAZDA2
マツダ MAZDA2カタログを見る
新車価格:
145.9万円271.1万円
中古価格:
112.9万円1,677.5万円
スズキ/スイフト
スズキ スイフトカタログを見る
新車価格:
137.7万円208.9万円
中古価格:
15万円411万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ねぶた温泉 海游 能登の庄

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる