【CX-8グレード比較】最上級グレードよりもLパッケージがオススメ! そのワケは2列目の快適性と使い勝手にアリ

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:茂呂 幸正/MAZDA
画像ギャラリーはこちら
3列SUVでもっとも売れているのがマツダ CX-8だ。人気の理由は豊富なエンジンラインアップ、そしてなにより全3種類もある2列目シートとニーズに合わせた選択肢が用意されている点だ。今回は全体の約2割も占める人気グレードXD Lパッケージの魅力をご紹介する! 結論からいえば、2列目の快適性。そして3列目へのアクセスを考えれば最上級グレードよりもオススメなのだった。
目次[開く][閉じる]
  1. CX-8はディーゼルが大多数! 上級グレードが全体の約半数を占める
  2. 【エクステリア比較】最上級グレードは専用アクセント多数! Lパッケージはブラック基調
  3. 【2列目シート比較】最上級グレードの大型アームレストは魅力だが、使い勝手を考えるとLパッケージに軍配
  4. 【快適性比較】USBポートはどちらも4つ! 後席ベンチレーション機能は最上級グレードだけ

CX-8はディーゼルが大多数! 上級グレードが全体の約半数を占める

CX-8がデビューしたのは2017年のこと。それまでマツダは他のメーカー同様にミニバンを手がけていたが市場から撤退。それらミニバンの受け皿として誕生したモデルだ。発売当初はディーゼルのみであったが、その後の改良でガソリンとガソリンターボモデルを追加している。現在も半数以上をディーゼルモデルが占めているという状況だ。

ディーゼルモデルに関しては、特別仕様車を除いて全4グレードをラインアップしており、売り上げ別では最上級グレードのエクスクルーシブモード(459万8000円~)とLパッケージ(438万2400円〜)が人気を博している。ちなみにこの2グレードで全体の3割以上を占めているのだった。

>>マツダはなぜミニバンをやめてCX-8に賭けたのか!? その答えは市場の先読みとマツダならではの戦略にあった

【エクステリア比較】最上級グレードは専用アクセント多数! Lパッケージはブラック基調

今回は最上級モデルと比較をしながら、Lパッケージの魅力を紹介していこう。最大の違いはエクステリアにあり、エクスクルーシブモードはシルバーのフロントグリルにフロントバンパー左右にシルバーの加飾が奢られる。加えてホイールも専用デザインとなっている。

対してLパッケージはフロントグリルデザインこそ同じだが、こちらはブラック塗装となり、CX-5に近いデザインとなる。ホイールはダーク塗装となっている。

>>マツダ CX-8は商品改良で人気復活! その鍵は最上級グレードの差別化と特別仕様車にあった

【2列目シート比較】最上級グレードの大型アームレストは魅力だが、使い勝手を考えるとLパッケージに軍配

そして内装にも差があり、とくに6人乗りモデルに大きな違いがあるのだ。エクスクルーシブモードの6人乗りモデルは2列目シートの間に大きなアームレストが備わる豪華仕様。

対してLパッケージの2列目はキャプテンシートとなり、シート間にスペースがあるために、3列目へウォークスルー機構が備わるのだ。そのため3列目シートを頻繁に使用するユーザーならば、Lパッケージがオススメである。

ちなみにどちらのグレードにも2列目シートが3人掛けとなる7人乗りモデルもラインアップしている。

>>マツダ 新型CX-8も2022年度に発売か!? オットマン付きの2列目シート搭載でSUV界のアルファードとなる

アームレストに注目! Lパッケージは角度調整機能付き

Lパッケージの2列目の左右シートにはアームレストが備わる。しかも角度調整式のため、リクライニングをした状態でもフィットした角度を選択できるのは嬉しいポイント。対してエクスクルーシブモードの大型アームレストは固定式のため、リクライニング時には使いにくいというデメリットもあるのだった。

【快適性比較】USBポートはどちらも4つ! 後席ベンチレーション機能は最上級グレードだけ

どちらのグレードも2列目と3列目に2つずつUSBポートが備わるのは嬉しいポイントだ。そしてどちらも2列目にシートヒーターが装備されるため、後席であっても冬場は快適である。ちなみにエクスクルーシブモードのみ2列目シートにベンチレーション機能が備わっている。

今回はCX-8の売れ筋グレード、Lパッケージとエクスクルーシブモードの2列目シートの違いをご紹介してきた。筆者個人としては、3列目へのアクセスのしやすさ。そして角度調整機能付きアームレストなどを考えるとLパッケージがおすすめである。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

マツダ/CX-8
マツダ CX-8カタログを見る
新車価格:
299.4万円510.9万円
中古価格:
197.1万円542.8万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ CX-8の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-8のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-8の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-8の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-8のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる