トヨタ ハリアーのカーリース情報・価格

もらえるカーリース
トヨタ ハリアー
ボーナス併用払い(11年)
月額
20,020
円~
ボーナス月加算額 121,000円 × 22回
月々均等払い(11年)
月額
40,040
円~
  • 頭金ゼロ
  • 税金・諸費用込
  • ボーナス併用可
トヨタ ハリアー概要

都市型プレミアムSUVの先駆けとして1997年12月にデビューし、以来3世代に渡り独自のポジションを確立したトヨタ ハリアー。2020年6月に発売された4代目モデルでは、スタイリッシュかつたくましいシルエットの流麗なクーペフォルムの外観に、馬の鞍をイメージした個性的なセンターコンソールのデザインをはじめ、調光ガラスを用いた電動シェード付パノラマルーフをトヨタ初採用するなど、室内も感性に訴える上質で心地よい空間としている。

オススメのプランで今すぐ審査を申込む無料
※審査後でも、グレードやオプション変更が可能です。

料金シミュレーション

MOTAカーリースは個人の専用リースです。リース期間は5年、7年、11年の中からお選びください。

グレード選択
カラーやオプションは審査後に選択・変更可能です。
リース契約年の選択
月額均等払い40,040円(オプションなし)
ボーナス併用払いの選択
オプションの選択
延長保証やナビなどを選択
月額
40,040
webで完結!審査を申込む無料
※審査申込と同時にご契約が確定することはございません。
※審査後でもグレードやオプションの変更・追加が可能です。
※審査結果は最短翌日にお知らせいたします。
EVをもっと身近に MOTAは日本のEV普及に全力で取り組みます

トヨタ ハリアーの車両詳細情報

グレード 2.0 S 排気量 1,986 cc
全長 4740 mm 全幅 1855 mm
全高 1660 mm 重量 1530 kg
駆動方式 FF ミッション CVT
定員 5名 ドア数 5
最小回転半径 5.5 m JC08モード燃費 - km/L
※掲載されている車両詳細情報は、当該車種の任意のグレード情報を引用しているもので、リース車両のスペックを保証するものではありません。

トヨタ ハリアーのユーザーレビュー

3.6
クチコミ件数:
166件
SUV/クロカンランキング:
9位
新車価格:
299.0万円~504.0万円
中古車価格:
48.8万円~664.2万円
新車購入
人気ランキング
3
全車種中
クチコミ
評価レビュー
166
評価点: 3.6 pt
利用満足
評価
77
J.D.パワー

総合評価

77/100
  • 高評価ポイント

    • 全般的な外装のよさ
    • 乗り心地
  • 低評価ポイント

    • 燃費
    • 満タンで走れる距離
    • コンソールの使い勝手

総評

SUVでありながらスタイリッシュなデザインで、特にサイドから見たスタイリングが高評価。上質な内装、広くて快適な居住空間が魅力。先進安全支援システム「トヨタセイフティセンス」が標準装備。

※審査後でも、グレードやオプション変更が可能です。

MOTAカーリースは3つの心配ナシ!!!

その1返却の心配ナシ

返却の心配ナシ

全車種が残価設定なしのカーリース
契約満了時にはそのまま車がもらえます

その2走行距離制限の心配ナシ

走行距離制限の心配ナシ

走行距離は無制限!
マイカー感覚で乗ることができます

その3修理費用請求の心配ナシ

修理費用請求の心配ナシ

MOTAカーリースでは契約期間満了時にクルマの破損や故障に対する修理費用の請求はありません。

人気の新車カーリースサービス比較

MOTA A社 B社 C社 D社
選べる車種 マル
国内メーカー&レクサス
三角
国内メーカー
三角
トヨタ車、レクサス車
三角
国内メーカー
三角
国内メーカー
リース期間 5年、7年、11年 5年、7年、9年 3年、5年、7年 1年〜11年選択 7年、9年
車がもらえる マル 三角オプションプラン バツ 三角オプションプラン マル
走行距離制限 マル バツ バツ 三角オプションプラン バツ
車のカスタム マル バツ バツ バツ バツ
修理費請求なし マル バツ バツ 三角オプションプラン バツ
ボーナス払い対応 マル マル バツ バツ 三角オプションプラン
頭金対応 マル マル バツ バツ マル
注)△マークはオプションプラン加入などで対応も可能です。最安値料金は調査時から変動がございます。
※各社の新車カーリースサービスの特徴をご紹介いたします(2021年4月 MOTA調べ)

よくある質問

ほかのカーリースとの違いはなんですか?

MOTAのカーリースでは、すべての契約で走行距離制限がありません。またクルマをカスタムできます。ここが大きな違いになります。MOTAカーリースは残価設定がありません。なので、契約満了時には返却不要で原状回復請求や残価精算がありません。自分の車になるので売却も可能です。

カーリースとはそもそもどんな仕組みですか?

カーリースとは一言で言うとお好きな車を月々定額で乗れる支払いプランのことです。定額料金なので頭金は0円、またボーナス払いも必要ありません(契約での変更も可能な場合があります)。リース期間中の車検や諸費用や車の税金も全て定額料金の中に含まれているので、突発的な出費は一切かかりません。

カーリースと購入・ローンの違いはなんですか?

新車購入時には初期費用として頭金や車庫証明代行手数料や納車費用など掛かります。また購入・ローンでは年に1度の自動車税の支払、定期的に訪れる車検時には車検費用や自動車重量税、自賠責保険料が必要になります。またクルマを乗る上でのメンテナンスを行いたい場合は都度メンテナンス費用が必要になります。契約内容にもよりますが、都度支払う費用が月額費に含まれて定額で支払うイメージです。

カーリースに向いている人はどんな人ですか?

まず手持ちのお金がない中で新車に乗りたいという方が向いているかもしれません。上記の購入との違いにも記載している初期費用負担や月々の支払いを安定させたい方、またディーラーに出向いての細かいやり取りがしづらい方、短期間で車を乗り換えたい方なども向いているかと思います。逆にまとまった資金があり車検費用や自動車税などの都度出費が問題ない方は、現金での購入が良いと思われます。

契約期間はどれくらいですか?

MOTAカーリースでは、5年・7年・11年のリース期間が選択できます。契約のタイミングでリース期間を決定します。契約後には期間の変更はできません。長期の契約の場合は月額費が抑えながら新車に乗ることができますが、その分将来故障やメンテナンスの心配があるかもしれません。その場合はオプションなどでのメンテナンスパックなど加入がおすすめです。短期の契約の場合は月額費は高くなりますが、短期でのクルマの乗り換えをしたい方に向いていると思われます。MOTAカーリースの場合だと、トヨタ ハリアーが月々均等払いで40,040円から、ボーナス併用の場合だと20,020円から申し込みが可能です(11年リースの場合)。

ハリアーのグレードやカラーは選べますか?

MOTAカーリースでは申込時にグレードを選択します。またグレードによる値段の増減があります。各メーカーページなどで諸元表やWebページ上でグレードの内容を確認できます。車体カラーに関しては契約時に契約ページで決定しますが、事前に車体カラーやグレード内容やメーカーオプションなど相談されたい方は、MOTAお問合せフォーム、もしくはサポートデスクまでお電話ください。MOTAカーリースのサポートデスクは元中古車店の店長など車販売のスペシャリストが対応しますので、申込前に分からないことや不安なことなどありましたら、お気軽にご相談ください。

トヨタ ハリアーのカーリースを見た人はこんな車も見ています

  • スバル フォレスター

    スバル
    フォレスター

    燃費: 18.6km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々19,360円~
    ボーナス月加算額 116,600円 × 22回
    月々均等
    月々38,720円~
    詳細を見る
  • レクサス RX

    レクサス
    RX

    燃費: 18.8km/L 定員: 6名
    ボーナス併用
    月々32,560円~
    ボーナス月加算額 195,800円 × 22回
    月々均等
    月々65,120円~
    詳細を見る
※JC08モード燃費で表示

SUV/クロカンのランキング

更新日: 2022年06月30日 (集計期間 6/23~6/30)

  • 1位
    トヨタ ヤリスクロス

    トヨタ
    ヤリスクロス

    燃費: 31.3km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々12,870円~
    ボーナス月加算額 78,100円 × 22回
    月々均等
    月々25,740円~
    詳細を見る
  • 2位
    レクサス RX

    レクサス
    RX

    燃費: 18.8km/L 定員: 6名
    ボーナス併用
    月々32,560円~
    ボーナス月加算額 195,800円 × 22回
    月々均等
    月々65,120円~
    詳細を見る
  • 3位
    ホンダ ヴェゼル

    ホンダ
    ヴェゼル

    燃費: 30.4km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々14,850円~
    ボーナス月加算額 89,100円 × 22回
    月々均等
    月々29,590円~
    詳細を見る
  • 4位
    レクサス UX

    レクサス
    UX

    燃費: 27.0km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々25,520円~
    ボーナス月加算額 152,900円 × 22回
    月々均等
    月々50,930円~
    詳細を見る
  • 5位
    トヨタ RAV4

    トヨタ
    RAV4

    燃費: 25.2km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々18,700円~
    ボーナス月加算額 112,200円 × 22回
    月々均等
    月々37,290円~
    詳細を見る

トヨタのSUV/クロカンのランキング

更新日: 2022年06月30日 (集計期間 6/23~6/30)

  • 1位
    トヨタ ヤリスクロス

    トヨタ
    ヤリスクロス

    燃費: 31.3km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々12,870円~
    ボーナス月加算額 78,100円 × 22回
    月々均等
    月々25,740円~
    詳細を見る
  • 2位
    トヨタ RAV4

    トヨタ
    RAV4

    燃費: 25.2km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々18,700円~
    ボーナス月加算額 112,200円 × 22回
    月々均等
    月々37,290円~
    詳細を見る
  • 3位
    トヨタ ハリアー

    トヨタ
    ハリアー

    燃費: 27.4km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々20,020円~
    ボーナス月加算額 121,000円 × 22回
    月々均等
    月々40,040円~
    詳細を見る
  • 4位
    トヨタ ランドクルーザープラド

    トヨタ
    ランドクルーザープラド

    燃費: 11.8km/L 定員: 7名
    ボーナス併用
    月々24,200円~
    ボーナス月加算額 145,200円 × 22回
    月々均等
    月々48,400円~
    詳細を見る
  • 5位
    トヨタ C-HR

    トヨタ
    C-HR

    燃費: 30.4km/L 定員: 5名
    ボーナス併用
    月々16,060円~
    ボーナス月加算額 96,800円 × 22回
    月々均等
    月々32,120円~
    詳細を見る
※審査後でも、グレードやオプション変更が可能です。
お電話でのお問い合わせ
0120-914-388
営業時間:10:00〜19:00
(土日・祝日も営業中)
お問合せフォームへ

レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

総合評価
1 2 3 3 4 3.6 (166)
車種のレビューを投稿する
120点 まさじ 投稿日2022年5月28日
トヨタ ハリアー グレード:-
総合評価 1 2 3 4 4 4.0
総評
ハリアー売れまくりです。注文しても1年以上の納期が必要です。先代のハリアーも大人気でした。先代は国内専用モデルであった為、中東向けの輸出中古車ハリアー価格が高騰していました。1年経過の中古車であれば、関税も撤廃され引くて数多でした。ただし装備の条件があり、ボディカラーは黒か白く、サンルーフ付き、エアロ付き、トヨタプレミアムサウンドナビ付きで有れば、購入価格と同じ価格で買い取ってくれました。今回からハリアーは、米国でもヴェンザと言う名前で販売される様になりました。車格的には、RAV4とハイランダーの間になります。米国でも販売好調だそうです。海外での販売開始で、ハリアーの入庫車価格も下がるかと思いましたが、先代程では有りませんが、ライバルと比べて高値安定銘柄です。ハリアーの魅力はエクステリア、インテリアデザインのバリュー度です。スターティングプライス300万円とは思えない質感と造形の素晴らしさがあります。
良かった点
先代ハリアーを所有していたので分かる話ですが、先代ハリアーも大ヒットの販売実績でした。なので、次のハリアー残念ながらヒットしないと鷹を括ってました。大ヒット車の後は必ず、その反動でヒットしないのが業界のジンクスです。そのジンクスは破られました。本ハリアーは、先代からのキープコンセプトです。キープコンセプトで失敗して車を沢山見てきました。今回何故大成功したのか?それはエクステリアデザインのレベルアップの凄まじさです。先代のハリアーが100点満点で88点なら、今回のハリアーは120点です。先ずはプロポーションが良くなりました。特にフロントバンパーの絞込みを大きくして、オーバーハングの長さを視覚的に小さく見せる事に成功しています。また、ヘッドライトも薄くなり、フロントグリルとのバランスも最適化されました。リアランプも超薄型仕様で高級感アップです。細部に至るまで破綻したデザインが皆無で、この価格からは想像出来ない、お買い得感を達成しています。
気になった点
ハリアーの気になるポイントがあります。車の事は何も分からず、興味もない方が自分の趣味趣向に関係なく、単に人気車だからリセールが良いからと購入しているのが、何か勘にさわります。別にいいんですよ。何も分からずに買っても。車ってその人の人柄が出ます。高い車や安い車とか普通自動車だから、軽自動車だから、輸入車だからとかは関係なく、旧車でもボロい軽トラでも、車がその人を語ってくれます。どノーマルな車でもパキパキの改造車でもその人となりが滲むのです。だから車はご自分の感性でお選び下さいって言うのが、私の個人的な主観です。すみませんでした。
令和のマーク2。 さろらく。 投稿日2022年5月18日
トヨタ ハリアー グレード:-
総合評価 1 2 3 3 4 3.2
総評
元々はレクサスRXそのものだった初代、2代目ハリアーが、日本でのレクサス店展開→3代目RXデビューに合わせて袂を分かち、10年のモデルライフ後に消滅の危機を乗り越え、奇跡のモデルチェンジを果たしたのが先代3代目でした。

とは言え、3代目は日本市場に導入されなかった北米4代目ラブ4のプラットフォームを利用し、大型化が嫌われたラブ4を高級車スパイスで化粧直しした後継車でもあります。トヨタのこの判断は見事に当たり、大型化も高級車なら仕方ない。いや高級車ならこのサイズで良いだろうとなるのですから不思議なものです(笑)。

結果2代目ハリアーやラブ4&ヴァンガードに乗っていたユーザーは当然として、むしろそれまでマーク2等のアッパーミドルセダンを乗っていたユーザーも取り入れ、一気に高級車のセダン→SUVへの流れを加速させた存在とも言えるでしょう。

面白いのが、一度大きすぎると嫌われたラブ4がハリアーの高級SUVとしての成功のおかげで、逆に道具感溢れるSUVとして再評価され、兄弟車でありながら全く別の車、別の個性として受け入れられる結果となった事です。トヨタのマーケティングの巧みさに関心させられる出来事だと思います。

試乗してみて感じるのは、ハリアーは売れるのが納得なバランスよく格好良い1台だと思います。上級グレードはそれなりに値も張りますが、この人気で3年後5年後の買取価格は結構良いでしょうからトータルで考えればお買い得なはずです。旬な格好良さなので10年乗り潰しとか考えずにパッと買ってパッと売るのが正解。3代目と同じくバブル時代のマーク2の正当的後継車。3代目が70系で4代目は80系というところですね(笑)。
良かった点
外観デザイン。これは抜群です(笑)。最初写真だけを見ただけでは代わり映えしないデザインだなと思いましたが、実物はリアの外連味が素晴らしい!!!テールランプから下のえぐりの美しさ。ここのプレスに命掛けてます。世界的に過剰にラインが引かれた車が溢れていましたが、メルセデスとトヨタ&マツダはそこから一歩踏み出し始めていてこのハリアーもそんな一台。まだフロントバンパー周りはゴチャゴチャしてますが、サイドからリアは無駄なラインが無く抑揚で形を表現していて実に美しいです。

内装は、大型モニターをセンターコンソールが鷲掴みしたようなデザイン。それが馬の鞍をモチーフとした肘掛けまで続くのが特徴的です。この部分の茶系統の革と大きすぎないメッキの配分がキモで、旧型に比べて高級感が増したなぁと思わせる部分です。
気になった点
ただ内装に関してはベタ褒めとまではいきません。意外とハードプラなパーツもあり、よくよく見ると目立たない所でコストダウンが行われていてレクサスとの差を痛感させられます。価格差を考えれば仕方ありませんし、マーク2だと思えばこんなものとも言えるでしょう。 また先代ではベースグレードからワインレッドの内装色が選べるのが良かったのですが、恥ずかしがり屋の日本人はあまり選ばなかったのか、今回ベースグレードは黒一色のみ。中級グレード以上は黒、茶、グレーと三択になるのですが、茶も基本は黒内装。センターコンソール等に上記した茶色の革が差し色で配色されるだけで、ブラウンのシートになるわけではありません。レクサスなんかはかなり自由に内装色が選べ、先代のワインレッド内装はそんな世界観をほんのり感じさせる存在だっただけに、コンサバ配色の4代目は思想的に後退していて残念に思います。 乗ってみての印象は、先代がプラットフォームを北米ラブ4と共有していたからか、それともマーク2的価値観を落とし込んだからか、どちらかと言うとゆらゆらした昔のトヨタっぽい乗り心地でした。筆者はそれもハリアーの世界観と一致していて良いと思ったのですが、新型はそれとはずいぶん違った仕上がりです。 ああまたTNGAプラットフォーム採用車のあの乗り心地かと。優等生的で確かに良いんだけど特徴&味が無いあれ。ハリアーは都会派SUVなので、この若干引き締まった乗り味の方向性が正解なのかもしれませんが、筆者は鷹揚な(低速でのつきあげには弱かったですが)先代の乗り味の方がハリアーに合っていたように思えます。
男心をくすぐるデザイン 幸宏さん 投稿日2022年5月12日
トヨタ ハリアー グレード:2.0 Z
総合評価 1 2 3 3 4 3.0
総評
クロスオーバーの定番。都市型SUVとして先代も大人気でした。今回のハリアーもスタイリングのカッコ良さは絶対に落とせない項目です。尖ったデザインは今回のモデルでも健在です。先ずはスラントしたフロントノーズの下がり具合です。実際はそれ程低いノーズでは有りませんが、見た目の印象は尖ったスポーツカーのようなフロントマスクに見えます。また全体的にクーペ風のルーフライン今風です。ガソリンエンジンは2リットルでCVTを介してフロントタイヤに動力を伝えます。ハイブリッドも当然用意しています。全てに置いて安心感のあるSUVです。
良かった点
人気車たる所以は流行に敏感なスタイリングです。リアのコンビネーションランプは横一文字タイプを採用。アウディ、ポルシェをはじめ、最近このタイプのデザインが増えて来ました。リアから見たスタイルは見どころの一つです。また内装も作りが凝っています。滑らかなコンソールは馬具から発想を得たらしいです。そう聞くとハリアーが美しい馬に見えなくもないです。また質感には気を使っているのはひと目で分かります。色んな部分に柔らかい素材やステッチが入っています。
居心地の良い空間を作っています。
気になった点
先ず気になるのは、2リットルガソリンでは平凡な動力性能になります。走り味は乗り心地も良く、静粛性も保たれてはいますが、ここ一発の加速は少し元気が無いです。エンジン音だけ高まるような印象です。もうワンランク、追い越しや信号グランプリで余裕が欲しいです。因みにハイブリッドならこの点は解消されます。また静粛性は全般的に良いのですが、荒れた路面になると、ゴーとロードノイズが目立ち感じです。この落差ももう少し縮めてもらうとなお良いです。
音も静かで走行しやすい!燃費も良いです! みかんかめ 投稿日2022年5月12日
トヨタ ハリアー グレード:2.0 エレガンス 4WD
総合評価 1 2 3 4 4 4.7
総評
シルエットが綺麗なので、この車を乗ることに決めました。内装もこだわることができるので、自分の予算によってグレードをアップすることができます。
クッション性の良いシートも良いです。
走行音も静かなので、運転していてもストレスはありません。
車体の厚みがあるので、守られている感じがするのも安心要素です。
トランクも広くキャンプ用品が積めたり、自転車を乗せることができます。
後部座席を倒せば、積載量も多くなると思います。
良かった点
燃費が良いことです。このくらいの車の大きさのガソリン車にしては、長距離走ることができると思います。
また、運転席が高いので走っている時に周りを見渡せることができます。
自動ブレーキがあるので、高速など走行距離が長い時は安心して乗ることができます。
信号待ちのブレーキも、自然にゆっくりとかかるので、怖い思いはしません。
ひとつひとつの座席幅が、大きくゆったりとています。
後部座席も、大人3人でもゆとりがあります。
気になった点
純正ですが、ルームミラーが暗いのが気になります。昼間は大丈夫ですが、夜間に後ろを見たい時に、後ろの窓ガラスも暗いのであまり分かりません。これほど暗いものに乗るのは初めてなので、慣れが必要です。 車幅が広く、バック駐車する時に車体が膨らんでいるデザイン箇所があるので、感覚として覚えていないとぶつかりそうになります。バックモニターだけを見ていると、車幅が分からないのでミラーも必ず目視する必要があります。
人気車な理由が利用してやっと理解できまし 投稿日2022年5月12日
トヨタ ハリアー グレード:2.0 G 4WD
総合評価 1 2 3 4 5 5.0
総評
レクサスからの乗り換えでしたが見た目もかっこよくて乗り心地も全然よかった!あまり期待していなかったのですが予想を遥かに超えてよかったです。振動も結構あるかなと思いましたが全然気にならず。セダンからの乗り換えなので車高が高く祖父母は少し気にしていましたが今のところ自身不満なしです。
トランクも広いし荷物もかなり置ける。
なにより感動したのは燃費の良さ。ハイブリッド車に全然引けを取らないレベルでした。経済的
良かった点
トップは断然、燃費の良さがすごいです。普通車なのにハイブリッド車とたいして変わらないんじゃないのかと思うほどです。ハイオクからの乗り換えなのでレギュラーでこんだけ走ってくれるなんてなんて家系に優しいのだろうと思ってます。ハイブリッド車買う必要ないなと思う。あとは外観が個人的にカッコよくて好きですボディのバランスがいい。音も静かなので田舎でも乗りやすい。所持してみると人気車な理由がすぐわかりました。
気になった点
特にありませんが強いて言えば ノーマルだとホイールがダサいという点。 車体購入後、すぐ個人でホイールは別のものを買ってはき替えました。 ホイール変えるだけで全然印象が変わりますね。 同じ車体をかなりよく街中のいたるところで見かけますがはき替えてよかったなーと度々思います。 あとはコーティングしないとちょっとした擦り傷でも目立ちそうだなと思いました。 あまり不満点はないので気になるのもこのくらいですかね。