MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 新型車解説 「進化した使いやすさ×カワイイ」 ホンダ 新型N-WGN | デザインはどう変わったのか? 【新旧比較】

新型車解説 2019/7/25 13:00

「進化した使いやすさ×カワイイ」 ホンダ 新型N-WGN | デザインはどう変わったのか? 【新旧比較】

関連: ホンダ N-WGN Text: 武内祐徳(MOTA編集部)
N-WGN新旧比較
ホンダ 新型N-WGN L・Honda SENSINGN-WGN 2013モデルホンダ 新型N-WGN L・Honda SENSINGN-WGN 2013モデル画像ギャラリーはこちら

新型N-WGN/旧型N-WGNを画像で比較

2019年7月18日にフルモデルチェンジを行ったホンダ N-WGN。“Nのある豊かな生活”というNシリーズのコンセプトのもと、より日常での使い勝手の良さや安全性能を刷新した軽ハイトワゴンだ。今回は大きな変化のあったデザインにフォーカスを当て、新型N-WGNと旧型N-WGNを画像で比較しながら、どのように進化したのかをチェックしていく。

>>「カワイイ×使いやすい」に生まれ変わった新型N-WGN 新型/旧型の違いを画像でチェック!

エクステリア比較

フロントビュー比較

レイアウトは新旧同じようだが、旧型に比べ新型は随分とアイコニックとなった。特徴的なヘッドライトや柔らかいラインで統一感のあるフロントフェイスはN-WGNだと一目で分かる。

ヘッドライトは丸を基調としたことやLEDのプロジェクター式によって「つぶらな瞳でこっちを見ている」ような、愛らしくなるデザインとなった。

リアビュー比較

ホンダ 新型N-WGN L・Honda SENSINGN-WGN 2013モデル

こちらもフロントと同様に、N-WGNと一目でわかるリアビューとなった。特にリアコンビネーションランプが特徴的だ。赤枠の中にウィンカーとバックランプ、ブレーキランプが配置されており、おさまりが良い。

重心が下がり、ブレーキランプやリフレクターもバランスよく配置されている。旧型は軽快な印象だったが、新型は面を意識させ、安定感のある見た目へと変化した。特徴的すぎると時間が経過したときに古臭くなる場合もあるが、これは長く乗れるデザインではないだろうか。

サイドビュー比較

アクティブな印象の旧型に対して、新型はキャラクターラインを無くしシンプルな造形を組み合わせた。

また後ろ上がりではなくなったことで、窓のサイズも大きくなっている。フロントウインドウが起き上がったことで、視界も確保しやすくなり、居住空間も広く感じるはずだ。

スチールホイールの黒色をうまく利用したデザインだ。ホイール中心の円のサイズも、全体とのバランスがうまく取れており「社外品に換えずこのままで良いかも」と思わせる、技ありのホイールデザインだ。

ホンダ 新型N-WGN L・Honda SENSINGN-WGN 2013モデル

シームレスでキビキビと走りそうな“乗り物”らしいルックスだった旧型に対して、普段使いしたくなる“オシャレな小物”のようなデザインとなった。

インテリア比較

インパネ全体

インパネのレイアウトも大きく見直されている。旧型はセンターコンソールを軸にした左右対称なデザインだったが、新型は軸が分かれている。運転席、助手席、センターコンソールのそれぞれに最適なデザインを組み合わたということだろう。大型となったナビの位置も車体の中心から助手席側に寄り、運転席から見えやすい配置となっている。おさまり重視だった旧型に比べ、ユーザーの使いやすさを追求したデザインとなった。

ハンドル周り

ハンドルが上下するチルトステアリングに加え、前後に動くテレスコピックの機構を搭載した。軽自動車だと運転が窮屈だった体格の大きい人や、シートポジションを前にしたい小柄な人も、選択しやすいクルマとなった。

メーター

助手席周り

助手席側も使いやすいようにレイアウトが変更された。座ったままでは位置が遠く取りづらかったドリンクも、引き出し式のドリンクホルダーが最適な位置に変更されたことで、腰を浮かさずとも右手で楽に掴むことができる。それにより正面のスペースも広くなった。さらに隅が丸いことで掃除がしやすい部分も使いやすさ向上の一つだろう。

タイプによって設定されているUSBジャックだが、旧型に比べ後付け感がなくなった。さらにスマホを充電しながら、脇のスペースに置くことができるなど、使い方が自然に想像ができるユーザビリティの高いデザインだ。

マルチインフォメーションディスプレーによって、ホンダセンシングの機能がさらに活かされている。低速時にはタイヤの向きがわかるなど、駐車や発進時に嬉しい機能も。

前シート

アイボリー/ブラウンの2トーンカラーによるコントラストと角を強調させるようなシートにより、外観と同様に面を意識させるデザインとなっている。このこだわりは軽快な印象をもたらしてくれ、ドアを開けた瞬間にワクワクさせてくれる演出だ。

後シート

ホンダ 新型N-WGN L・Honda SENSINGN-WGN 2013モデル
ホンダ 新型N-WGN L・Honda SENSINGN-WGN 2013モデル

後席の下部には、旧型と同じく横長のトレイが備わり、傘や靴を収納できる。この装備は燃料タンクを前席の下に搭載する独自のレイアウトによるもの。旧型で人気の高かった部分は、新型にも受け継がれている。

ラゲッジスペース

荷室の進化も新型の特徴の一つだ。まず目に入るのが上下の仕切りがあること。荷物を積み上げずに、上下にモノを入れることが可能。それにより上段に荷物を積みながら、下段にいれた道具などを取り出すこともでき、使い勝手がよくなった。

旧型ではシートを倒すと段差があったが、新型ではフラットに。大きな荷物でもスムーズに出し入れが可能になった。

旧型も床のボードを取り外すことで、低く背の高いものを積むことはできることが魅力の1つだった。新型ではさらに進化し、フラットな面積が増え、大きな荷物も積むことができるようになった。

ホンダ 新型N-WGN L・Honda SENSING

便利な機能はしっかりと引き継ぎながら、さらに使いやすさを高めたことで正常進化したN-WGN。愛らしいルックスも相まって、日常のパートナーとなってくれるようなクルマだろう。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ホンダ N-WGN の関連編集記事

ホンダ N-WGNの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ N-WGN の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR