イヤな渋滞が快適な時間に!? 世界初の自動運転レベル3を搭載したレジェンドを試してみた(1/2)

画像ギャラリーはこちら
運転中、もっとも苦痛な時間はやはり渋滞だ。進んだと思ったら、また停止を繰り返すために精神的にも、肉体的にもかなり疲れるのだ。もしその面倒な作業をクルマが行ってくれるとしたら、どんなにラクだろか。実は、今回テストしたホンダ レジェンドにもそんな夢の技術が搭載されたのだ。一体どれほど快適に、そして安心して乗れるのだろう。実際に渋滞に突っ込んで試してみた。
目次[開く][閉じる]
  1. 最大の違いはアイズオフ機能!
  2. 実証実験で130万キロ走行! 安全性はしっかり担保
  3. 操作はボタン2つ押すだけ!
  4. 目線移動だけで勝手に車線変更!? この機能こそがもっとも便利
  5. 一番の魅力は絶大な疲労軽減! まさに夢の技術だった
  6. 限定100台のみ! レベル3が一般化するにはまだ時間が必要

最大の違いはアイズオフ機能!

いよいよ、自動運転車の公道試乗がかなう時がやってきた。そう、ホンダ・レジェンドに搭載された、国土交通省から自動運行装置として形式指定を取得した自動運転レベル3(条件付き自動運転車/限定領域)のホンダセンシングエリートのテストドライブである。

自動運転レベル3って一体何!? レジェンドは今までの何が違うのか

ここで、自動運転のレベルについてまず説明すると現在、多くのクルマに採用されている運転支援機能はレベル2にあたる。

ACC(アダプティブクルーズコントロール)とホンダで言うLKAS=車線維持支援システムによる、ステアリングに軽く手を添え、ペダル操作から解放。高速道路や自動車専用道路での車線内をキープしつつ、前車に追従、または一定速度で走れることを言う。

またレベル2にはレベル2+が存在する。それはドライバーが前をしっかり見ているという条件で、ハンズオフが可能になる運転支援である(自動運転ではない)。

では、自動運転の範疇になるレベル3が2+とどう違うのかと言えば、レベル2+のハンズオフにアイズオフが加わるところ。Eyes off、つまり“前を見ていなくていい”ということだ。

実証実験で130万キロ走行! 安全性はしっかり担保

さて、レジェンドのホンダセンシングエリートのシステムは、約1000万通りのシミュレーション、約130万kmの走行実証実験を経て開発されたもので、デバイスの不具合による安全性、信頼性にも徹底的に配慮されているという。

自動運転レベル3を実現するセンシングには、前部のカメラ2基、前後5基のミリ波レーダー、さらのライダーという超高価な赤外線(レーザー)センサーも前後に5基搭載することで車両周囲360度を常時監視する。

それに加え3D高精度地図、全地球衛星システムGNSSなどの情報を用い、自車の位置や道路状況を高度の把握。ただし、ドライバーの視界が奪われるような大雨、霧、大雪などで道路上の白線が認識できないと、自動運転レベル3は行えない(白線の塗り替え中も含む)とのことだ(東京の首都高C1などきついカーブだらけの路線も除外)。

>>自動運転に必要な地図って一体なに!? その正体がコレ

目玉のハンズオフ機能は125km/hまで使用可能! 車線変更すらも支援

ホンダセンシングエリートの機能について詳しく説明すると、まずは自動運転レベル2+とも言えるハンズオフ機能である。高速道路や自動車専用道路で、渋滞追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)と車線維持支援システム(LKAS)が作動中に一定の条件を満たすと、ドライバーがステアリングから手を放しても、システムが運転操作を支援してくれる機能だ。

それには、ハンズオフ機能付き車線内運転支援機能、ハンズオフ機能付き車線変更支援機能、ハンズオフ機能付き高度車線変更支援機能が含まれる。

操作はボタン2つ押すだけ!

では、さっそくホンダセンシングエリートが装備されたレジェンドで走り出そう。

首都高に乗り、ステアリング上の簡単な操作でACCとLKASを作動させる。すると、手を軽くステアリングに添えた状態で、システムがハンズオフ可能と判断すると(約65km/h以上)、ステアリング、ナビ画面、助手席前の3か所のイルミネーションがブルーに光り、ハンズオフが可能になったことを示してくれる。ハンズオフが可能な速度は、ACCの設定上限速度と同じ125km/hまでとなる。

レベル3が発動するのは渋滞時のみ。それも条件が整った状態で

とはいえ、ここまではあくまで運転支援の自動運転レベル2+の機能でしかない。

公道初体験のアイズオフと呼ぶべき自動運転レベル3(条件付き自動運転車/限定領域=トラフィックジャムパイロット)が発揮されるのは、限定領域という但し書きがあるように、高速道路や自動車専用道路を走行中に発動される。

しかも一度、車速が30km/h以下に落ち、システムが前後車両などを判断し、渋滞(限定領域)と判定した上で、約50km/hまでの車速域となる(一般道では不可)。

システム作動中はナビの操作や動画鑑賞が可能に

ここで、「それではスバル・レヴォーグのアイサイトX(自動運転レベル2+相当)と変わらないじゃないか?」と思うかもしれないが、そこは、自動運転レベル2とレベル3の大きく高い壁の手前と向こう側の違いがある。

つまり、アイサイトXでも高速道路や自動車専用道路での渋滞時、時速約50km/hまではハンズオフドライブが可能だが、ドライバーはしっかりと前を向いている必要がある(システムにドライバーの顔の向きをモニターされている)。そう、運転の主体はあくまでドライバーにあるというわけだ。

>>300万円台で買えるレヴォーグ はお買い得!? アイサイトXをガチ検証

走行中にナビ設定&動画鑑賞も! 渋滞が快適な時間に

が、レジェンドのホンダセンシングエリートで可能な自動運転レベル3となるトラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)が作動した状態では、ついに自動運転レベル3の領域となり、システムが運転を担うことになる(ただし、システムから操作要求があればすぐにドライバーが運転操作を行える状態にあることが必須)。

それは12・3インチのフル液晶グラフィックモニター(メーターパネル)にトラフィックジャムパイロットの作動が開始されたことが示され、前を向いている必要はない。ナビ画面でDVDの鑑賞、ナビ設定などを行うことが可能になるのだ。ちなみに、ドライバーは常に、ナビ画面左にあるカメラでモニターされている。

レベル3に感動して夫婦間も良好に!?

だから、ドライバーが真横を見たり、助手席の人がカメラの画角を遮るような姿勢をとる場面では、トラフィックジャムパイロットの作動は一時的に解除されてしまう。

つまり、助手席の彼女が自動運転レベル3に感動して!? 思わずドライバーにキス、その反対も不可となる(ざ、残念!?)。

とはいえ長時間の渋滞で、トラフィックジャムパイロットの威力は絶大。今回も高速道路上で”運よく!?”けっこうな渋滞に巻き込まれたのだが、ステアリングを握る身としてストレスは最小限。

ACCとLKASによる125km/hまで可能なハンズオフドライブ(こちらは、くどいようだが、ドライバーは前を向いている必要がある)との合わせ技で、渋滞を含む長距離移動を劇的に楽にしてくれることは間違いないと思えた。

なお、トラフィックジャムパイロットは、約50km/hに達するとキャンセルされるが、その後は、ハンズオフドライブも可能な自動運転レベル2+の状態に引き継がれる。

ホンダ/レジェンド
ホンダ レジェンドカタログを見る
新車価格:
724.9万円1,100万円
中古価格:
35万円632.7万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
青山 尚暉
筆者青山 尚暉

学生時代はプロミュージシャン、その後自動車専門誌2誌の編集を経てフリーのモータージャーナリストに。現在は自動車業界だけでなく、愛犬のラブラドールとジャックラッセルとともに、愛犬との快適で安全なクルマ旅を提案するドッグライフプロデューサーとしても活動中。また、クルマのパッケージを寸法で比較するため、独自の計測ツールを開発。1台につき25項目以上を詳密計測。実用性の目安として、記事中で展開している。現在、自動車用純正ペット用アクセサリーの企画、開発も行う。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ レジェンドの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ レジェンドのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ レジェンドの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ レジェンドの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ レジェンドのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる