レジェンドの市販化で大注目の自動運転! 現在の最適解は価格&機能含めレヴォーグ アイサイトXだった(1/2)

画像ギャラリーはこちら
レジェンドに搭載された世界初の自動運転レベル3技術が大きな話題となっている。その目玉機能としてハンズオフ機能、いわゆる手放し運転が注目されているが、実はスカイラインハイブリッドにもレヴォーグにも搭載されている機能である。となると、一体この3台の先進安全装備の違いは一体なんであろうか? 気になる機能を横並びで比較してみると、現状レヴォーグが賢い選択という答えが見えてきた。一体なぜか!?
目次[開く][閉じる]
  1. レジェンド最大の強みはアイズオフ機能! ライバルたちは必ず目線を前に
  2. ハンズオフ機能の作動条件は各社で大きな違いが
  3. レジェンドは125キロまで可能! さらに高速渋滞時はクルマ自らが運転
  4. 車線変更アシストを横並び比較! レジェンドは完全に未来の域へ
  5. 今の最適解はアイサイトX! レベル3を行動で乗るには時期尚早

レジェンド最大の強みはアイズオフ機能! ライバルたちは必ず目線を前に

ホンダ 新型レジェンドに搭載された、自動運転レベル3(条件付き自動運転車/限定領域)を実現したホンダセンシングエリートの登場で、一気に注目が高まった先進運転支援機能。

今、日本で買える国産の新車のなかには、スバル レヴォーグのアイサイトX、そして日産 スカイラインのプロパイロット2.0と、ハンズオフ走行や自動レーンチェンジなどが備わっている。一見すると同じモノのように見えるかもしれないが、実際にできるコト、作動条件には違いがある。

レベル3はレジェンドだけ! アイサイトXとプロパイロット2.0は自動運転レベル2

まず、最初に断っておくと、ハンズオフ走行=自動運転、というのは間違い。プロパイロット2.0とアイサイトXについては、自動運転レベル2+、つまり自動運転の技術を活用した運転支援の範疇にある。自動運転と言えるのは、レベル3 (条件付き自動運転車/限定領域)のホンダセンシングエリートのみである。

ただし、ホンダセンシングエリートが、カーブの多い首都高C1などが作動条件から外れているように、いずれもきついカーブではハンズオフはできないと考えていい。

そしてレベル3はアイズオフ。つまりドライバーは前を向いている必要がない。レベル2+は、ハンズオフ走行が可能になっても、ドライバーは前を向いている必要がある点も、レベル2とレベル3の大きな違いになのである。

ちなみにこれらの先進車は、高精度3Dマップに加え、GPS、および準天頂衛星などを受信していることでは共通している。

>>見慣れたナビとは別モノ! 高精度3Dマップの正体はコレだ

ハンズオフ機能の作動条件は各社で大きな違いが

プロパイロット2.0は高速域のみ。対するアイサイトXは低速時で作動

さて日産 スカイラインハイブリッドに搭載されている、日本車初(デビュー当時)の高精度3Dマップと7個のカメラ。そしてソナーを使った高速道路のナビ連動ルート走行と同一車線でのハンズオフ機能の同時採用(世界初の快挙。2019年7月時点)したのがプロパイロット2.0だ。

ハンズオフも自動レーンチェンジも可能な”運転支援”とするのが正しいのだが、最大の売りであるハンズオフ運転は、約60~90km/hの速度域でのみ可能となる(±10km/hの猶予がある)。

次にステレオカメラ、前後4つのレーダーで常時、車体の360度をセンシングしているアイサイトXは、高速道路、自動車専用道路で約50km/h以下の渋滞時に限り、ハンズオフ走行が可能になる。

もちろん、それがカーブでもOKだ。言い換えれば、スカイラインのように約90km/hという速度では、ハンズオフ走行はできないという違いがある。

>>こんな小さなカメラで!? スカイラインとレヴォーグのセンシングカメラがコレだ

レジェンドは125キロまで可能! さらに高速渋滞時はクルマ自らが運転

一方、前部のカメラ2基、前後5基のミリ波レーダー、さらのライダーという超高価な赤外線(レーザー)センサーを前後に5基搭載することで車両周囲360度を常時監視するのがホンダセンシングエリートだ。

高速道路、バイパスなどの自動車専用道路で、ACCの設定上限速度である125km/hまでの速度域でハンズオフ走行が可能。と、ここまでは、実は自動運転レベル2+の範疇である。

ホンダセンシングエリートが自動運転レベル3を実現したのはここからで、いよいよトラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)が作動。作動条件は一度、車速が30km/h以下に落ち、システムが前後車両などを判断し、渋滞(限定領域)と判定した上で、約50km/hまでの車速域となる。

違反行為を堂々と! レベル3作動中はナビ操作や動画鑑賞もイケる

であれば、アイサイトXとほぼ同じじゃないかと思うかも知れないが、そこはレベル3だ。アイサイトXはドライバーが前を向いていないといけないのに対して(カメラでモニターされている)、ホンダセンシングエリートはついにというべきか、ハンズオフ+アイズオフが可能。

そう、アイズオフとは、ドライバーは前を向いている必要はなく(システムの要求によってすぐに運転ができることが必須だが)、ナビ画面で映画を鑑賞したり、ナビ設定が堂々とできることを言う。

繰り返しになるが、プロパイロット2.0とアイサイトXはハンズオフのみが、ある条件下で可能になる“運転支援機能”=自動運転レベル2+。その先を行く、アイズオフまでOKなのが、自動運転レベル3のホンダセンシングエリートというワケである。

>>わかりやすい表示が嬉しい! レジェンドのメーターがコレだ

スバル/レヴォーグ
スバル レヴォーグカタログを見る
新車価格:
310.2万円409.2万円
中古価格:
92万円999万円
日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
29.8万円768万円
ホンダ/レジェンド
ホンダ レジェンドカタログを見る
新車価格:
724.9万円1,100万円
中古価格:
35万円632.7万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
青山 尚暉
筆者青山 尚暉

学生時代はプロミュージシャン、その後自動車専門誌2誌の編集を経てフリーのモータージャーナリストに。現在は自動車業界だけでなく、愛犬のラブラドールとジャックラッセルとともに、愛犬との快適で安全なクルマ旅を提案するドッグライフプロデューサーとしても活動中。また、クルマのパッケージを寸法で比較するため、独自の計測ツールを開発。1台につき25項目以上を詳密計測。実用性の目安として、記事中で展開している。現在、自動車用純正ペット用アクセサリーの企画、開発も行う。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ 箱根フォンテーヌ・ブロー仙石亭
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

スバル レヴォーグの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レヴォーグのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レヴォーグの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レヴォーグの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レヴォーグのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる