自動運転に必要な三次元データってなに!? プロパイロット2.0ってどうやってできたの?

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
日産 スカイラインハイブリッドに搭載され話題となったプロパイロット2.0。最大のトピックは手放し運転が可能になったことだが、これは超精密な“独自の地図データ”と連動することで実現しているという。果たして、その地図データの正体とは? さらに開発にかかった期間など、気になる疑問を開発者に直撃!

>>手放し運転OKってガチ! スカイラインを詳しく画像で確認(全23枚)

目次[開く][閉じる]
  1. そもそも地図データってなに?
  2. 製品化まで10数年で実現へ! 開発のキッカケは自動ブレーキだった?
  3. 日本の地図が世界を席巻!? 地図データはオールジャパンで開発
  4. プロパイロット2.0は一般道も可能になるの!?

そもそも地図データってなに?

プロパイロット2.0に必要な地図データは、カーナビやグーグルマップに使われている2次元地図とは全く別のモノ。実際には、道路の高低差や車線の数、さらには標識などをデータ化した3次元地図を使っている。

その測定には専用の機器を搭載したクルマで、カーナビのデータを作るのと同様に北は北海道から南は九州まで、全ての高速道路を実際に走行して測定したいというから驚きだ。

>>プロパイロット2.0の凄さを画像でチェック

手放し運転可能なプロパイロット2.0についてもっと知りたい方はコチラ▼

製品化まで10数年で実現へ! 開発のキッカケは自動ブレーキだった?

小さな範囲で2008年に開発をスタートし、本格的にプロジェクトが動き始めたのは2015年ごろ。

2008年当時は、もちろん自動運転なんて夢のまた夢であったが、なぜそのタイミングで開発を始めたのだろうか。と、開発者に質問を投げかけると、納得の回答が返ってきた。

「当時から遅かれ早かれ自動運転の時代が来るだとういう予測ができていた。加えて、当時欧州メーカーや日産、トヨタなどの一部のメーカーでは衝突被害軽減ブレーキやACC(全車速追従機能付クルーズコントロール)などの先進運転支援技術の開発が進んでいる時であり、進化の先には必ずニーズが高まるだろうというのがキッカケ」とゼンリン事業統括本部 MaaS事業推進担当 高良氏(以下、高良氏)は回答。

日本の地図が世界を席巻!? 地図データはオールジャパンで開発

近い将来、多くの自動車が必要とする地図データ。地図会社それぞれが開発を進めると、自動車メーカーが選ぶのに苦労したり、混乱が起きるのでは? と素朴な疑問を投げかけてみた。

「実は2016年にゼンリンが主体となって、国内の全地図メーカー、自動車メーカー、さらには測量計を手がけるメーカーが一丸となって開発を進めるダイナミックマップ基盤という会社を設立。そこで開発を進めている」と高良氏。

要するに自動運転社会の実現に向けて、オールジャパンで開発中なのだ。

>>一体どれほどのメーカーが参加してるの? その詳細はコチラ

ダイナミックマップ基盤について詳しく知りたい方は下記の記事をチェック▼

プロパイロット2.0は一般道も可能になるの!?

ここでプロパイロット2.0の話に戻ろう。現在、プロパイロット2.0の作動が許されているのは高速道路のみ。近い将来に、一般道も使えるようになるのだろうか?

「現在、一般道での実験レベルで開発を進めているが、今すぐの製品化はかなり難しい」と高良氏は語る。

その最大の原因は、歩行者や自転車、信号機などあらゆる“外敵”だ。考えてみると高速度道路は一方通行のため、制御がしやすいが、一般道となれば話は別。予期せぬ動きに対応するには、地図データの開発だけでなくAIはもちろん、すべての領域で制御がでいなければ難しいのだ。

“近い将来実現”とよく聞く自動運転社会だが、正直なところ早くて2030年代ごろだという。法整備などまだまだ課題は山住み! だが、ドラえもんの世界のような夢のような自動車社会が今から楽しみだ。

トヨタが開発中の未来都市「ウーブンシティー」の詳しい内容はコチラ▼

毎週月曜日は未来モビリティ総研の日!

休み明けであまりやる気が出ない月曜日……。そんなあなたもワクワクしちゃうような未来のクルマ社会を紹介します。 昼休みに同僚に話すのもよし! 酒の肴にするのもアリ! といったイメージで、楽しい未来をマジで考えてしまおう♪ という企画です。

次回は、取材に応じてくれた開発者がポロっとこぼした海外の衝撃的な特殊な事情と来るべきMaas社会に向けた取り組みをご紹介!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大/写真:MOTA編集部・ダイナミックマップ基盤】

日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
27.6万円718万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる