ホンダ 新型フィット(4代目) 徹底解説 Vol.4|ハイブリッド(e:HEV)と1.3リッターガソリンの違いを分析する!

画像ギャラリーはこちら
2020年2月14日、ホンダから新型フィットが発売された。昨年秋の東京モーターショーで先行公開された4代目モデルだ。フルモデルチェンジで何が変わったのか。カーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎氏が全4回に渡って新型フィットを徹底解説する。最終回となるVol.4では、ハイブリッド(e:HEV)と1.3リッターガソリンの違いを分析。買いなのはどっちだ!?

>>新型フィットの2つのエンジンモデルを画像で見る[フォトギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 新型は2タイプのエンジン
  2. 買うなら、ノーマルタイプとハイブリッド、どっち?
  3. 安全性を向上し、ドライバー思いのクルマに
  4. 【動画】ホンダ 新型フィットe:HEV HOME 公道試乗

新型は2タイプのエンジン

新型フィットのエンジンは、直列4気筒1.3リッターのガソリンモデルと、1.5リッターハイブリッドのe:HEV(イー・エッチイーブイ)。

従来型の3代目フィットでは1.3リッターの他に1.5リッターで動力性能の高い直噴エンジンやマニュアルトランスミッション(MT)も選べたが、新型には設定がない。

Vol.1|新型フィット 5つのグレード(タイプ)の特徴を分析」

買うなら、ノーマルタイプとハイブリッド、どっち?

ハイブリッドシステムを刷新

新型フィットで注目したいのは、ハイブリッドをe:HEV(イー・エッチイーブイ)という名称に刷新したことだ。従来から上級クラス車に用意されてきたi-MMDをコンパクトカー用に変更したもので、発電機と駆動用モーターを別個に搭載している。

エンジンは主に発電機を作動させ、駆動はモーターが担当する。そのためにエンジン回転は速度の増減に左右されにくく、高効率な回転域を多用できる。駆動はモーターが行うため、運転感覚は電気自動車に近く、加速が滑らかでノイズも小さい。

ただし、この制御を突き詰めると乗員に対してエンジンが勝手に回っている違和感を与えてしまう。そこで、アクセルペダルを深く踏み込んだ時には、一般的なガソリンエンジン車のように回転が高まり、なおかつATのように、エンジン回転が上下しながら速度を高めているのだ。

モーターはエンジンに比べるとアクセル操作に対して素早く反応する。追い越しの際に踏み足すと、2.0リッターエンジン車並みの力強さを実感できる。

ガソリンエンジンは従来型を継承するがトータル性能は進化している

直列4気筒1.3リッターのノーマルガソリンエンジンは従来型と同じだが、CVT(無段変速AT)は進化した。動力性能自体は高くないが、ノイズは抑えられ、コンパクトカーとしては上質な走りを楽しむことができる。

安全性を向上し、ドライバー思いのクルマに

装備では安全性と快適性を高めるホンダセンシングを全グレードに標準装着。衝突被害軽減ブレーキは、歩行者・自転車・車両と幅広く検知できる。路側帯の歩行者と衝突する危険が生じた時にも、パワーステアリングを制御することで回避操作を促す歩行者事故低減ステアリングも備わっている。

ペダルの踏み間違いなどを防ぐ誤発進抑制機能は、前後両方向に対応。低速で走る時に壁などに衝突するのを防ぐ近距離衝突軽減ブレーキも、同様に前後両方向に対応しているので安心。

運転支援機能は、先行車を追従するACC(アダプティブクルーズコントロール)が、渋滞時などにも対応するものに進化した。

パーキングブレーキが電動式のため、全車速追従機能によって停車した後、停車時間が長引いた時は自動的に電動パーキングブレーキを作動させて停車を続けられるのだ。

従来と同様、車線の中央を走れるように電動パワーステアリングを制御する機能も備わり、ドライバーの疲労を抑えて安全性を向上させることができた。

[筆者:渡辺 陽一郎/撮影:茂呂 幸正・Honda]

【動画】ホンダ 新型フィットe:HEV HOME 公道試乗

ホンダ フィット e:HEV クロスター / ホンダ フィット ホーム 主要スペック比較
車種名フィットフィット
グレード名e:HEV クロスターホーム
価格(消費税込み)229万円172万円
全長×全幅×全高4090mm×1725mm×1545mm3995mm×1695mm×1515mm
ホイールベース2530mm2530mm
駆動方式FFFF
車両重量1200kg1090kg
乗車定員5名5名
エンジン種類直列 4気筒 DOHC直列 4気筒 DOHC
総排気量1496cc1317cc
エンジン最高出力72kW(98PS)/6400rpm72kW(98PS)/6000rpm
エンジン最大トルク127Nm(13kg・m)/4500rpm118Nm(12kg・m)/5000rpm
トランスミッション電気式無段変速機CVT(無段変速オートマチック)
使用燃料レギュラーレギュラー
燃料消費率(JC08モード燃費)34.6km/L22.8km/L
燃料消費率(WLTCモード燃費)27.2km/L20.2km/L
燃料消費率
(WLTC:市街地/郊外/高速道路モード)
27.0km/L/29.7km/L/25.8km/L15.5km/L/21.0m/L/22.6km/L
タイヤサイズ185/60R16185/60R15

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円253.7万円
中古価格:
6.5万円291万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ホンダ フィットの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる