autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 国産3列シートSUV 徹底比較

3台比較 2007/10/26 19:39

国産3列シートSUV 徹底比較(1/4)

国産3列シートSUV 徹底比較
国産3列シートSUV徹底比較

もともと北米市場ではミニバンが市民権を獲得していた。ところがやがて、ミニバンは「所帯じみている」という認識となり、SUVが脚光を浴び始めた。その急先鋒となったのが、レクサスRX(日本名ハリアー)だ。

それまでSUVというと、トラックベースのため快適性に劣るモデルばかりだったところ、乗用車のプラットフォームをベースに仕立てたことで得られた快適性と、スタイリッシュが外観が大いに受けた。

そして、SUVに3列シートという手法は、米国の大型SUVでは一般的だったが、90年代後半頃からミドルクラスでも見られるようになってきた。その先駆者が、ダッジ・デュランゴである。その後、比較的コンパクトなSUVにも3列シートを与えたモデルが相次いで登場した。

日本で販売される各社の中堅SUVについても、ミニバン並みのユーティリティを求め、このクラスながら3列シートを持つモデルがちらほら登場してきた。アウトランダーやクロスロードがそうであり、そこにヴァンガードも加わった。

RAV4のロングボディ版である新型高級ミディアムSUVのヴァンガード。欧米で販売されているRAV4のロングホイールベース仕様をアレンジし、日本にも導入したモデルである。

その半年前に登場したクロスロードは、ミニバンであるストリームをベースに、SUV的な内外装デザインを与えたモデル。カテゴライズの難しいクルマであるが、もっとも当てはまるのは「SUV」だと思う。

日本で始めて、このクラスのクロスオーバーSUVに3列シートを与えたパイオニアがアウトランダーだ。世界戦略車であり、走りの素性をはじめ、クルマとしての本質を追求して開発された。

3列シートを持つ日本のミドルクラスSUVの3台の素性を、3列目シートの使い勝手を主体に比較検証する。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ ヴァンガード の関連編集記事

トヨタ ヴァンガードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴァンガード の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR