【ざわ‥ざわ‥】見るとクセになる!? 心がざわざわする外車の不思議なインパネ3選【外車のススメ Vol.21】

画像ギャラリーはこちら
クルマに乗るとまずインテリアが目に飛び込んできますよね。外観を見ているよりも内装に接する時間の方が長くなるので、目の前に広がるインパネのデザインや素材の質感、使い勝手はとても重要。一気にクルマの印象が変わってしまうほどです。そこで今回は、現在手に入れられるニューモデルの中から、見ているだけで心がざわざわするような、変わったデザインや操作系を持つインパネを3種選んでみました。
目次[開く][閉じる]
  1. 異端なデザインが目を引く「DS3クロスバック」
  2. メーターもスイッチもない!? 超シンプルな「テスラ モデル3」
  3. 謎のステアリングスイッチがいっぱい? まるでF1マシンのような最新のフェラーリ

異端なデザインが目を引く「DS3クロスバック」

1950年代から一風変わった……というより「ギョッ」とするようなデザインのインパネを出し続けてきたシトロエン。単にデザインが変わっているだけでなく、機能性も備えた「徹底して理詰めなのに操作がヘン」なのも特徴でした。

その伝統(?)は現在もカタチを変えて残っており、シトロエンの上位ブランドとして誕生し、現在は独立ブランドとなった「DSオートモビル」のクルマにも、「何これ!?」というインパネがあります。

どこを見ても目の前はひし形だらけ!?

DS最新のコンパクトSUV「DS3クロスバック」に乗り込むと、センターの「ひし形」をベースにしたデザインに目を見張ります。

エアコンの吹き出し口や各種スイッチが、7つのひし形の中に収まっていることにびっくり。オーディオや空調の操作はモニターで行うため、ひし形内にはそれを補うスイッチが配されるのみですが「最初にまず面食らう」というシトロエンの伝統もしっかり継続しています。

目の前のメーターもひし形を基調としたデザインで、シート座面・背もたれにも斜めステッチを入れ、ひし形のデザインイメージを徹底的に統一しています。

メーターもスイッチもない!? 超シンプルな「テスラ モデル3」

クルマのメーターデザインやスイッチの操作ロジックは、時代に合わせ発展を続けてきました。

1980年代に入ると、コンピューター制御が一般化してハイテク化が進行。装備も増えてインパネには数えきれないほどのスイッチが並ぶようになり、メーターのデジタル化も本格化しました。

最近では技術の進歩によって液晶パネルにアナログメーターを表示したり、スイッチ類もタッチスクリーン内に収めるようになりました。

その傾向を極めているのが「テスラ」です。同社の「モデルS」、「モデルX」のインパネでは、物理的な立体スイッチをほぼ廃止。そのシンプルさに、未来のクルマがついに発売された! と感動したほどです。

センターにあるのはたった一つの大型タブレットだけ!

そして同社第3の車種「モデル3」では、そのシンプルさをさらに突き詰めてきました。なんと目の前にあったメーターも消え、センターに大きなタッチスクリーンが鎮座するのみ。

とにかく、これ以上スッキリできないのでは? というほどに、ミニマルなデザインを採用しています。

昨今では、ブラインドタッチでは操作できないタッチスイッチから「物理スイッチ」に戻る動きも見られますが、テスラでは徹底してシンプルな方向に進んでいることがわかります。

謎のステアリングスイッチがいっぱい? まるでF1マシンのような最新のフェラーリ

F1マシンはハイテクの塊。ステアリングホイールには、マシンのセッティングを変更したりピットロードでの速度抑制用など、無数のスイッチが並んでいます。「ドライバーはこんなにたくさんの操作をしないといけないのか!」と驚かされるほどです。

F1に参戦を続けている名門・フェラーリは、2007年に発表した「458イタリア」からステアリングスイッチを数多く備えるようになりました。

ステアリングホイールにたくさんスイッチを置くことは珍しいことではないのですが、フェラーリでは、一般的にステアリングの裏から生えていることが多いライト類・ウインカーレバーや、ワイパーの操作レバーまでステアリング上に移設。

エンジンのオンオフ、ドライブモードの切り替えスイッチも置いているため、とても賑やかな印象になりました。ステアリングホイール裏側にもスイッチがあり、こちらではオーディオ類の操作が行えました。

スイッチが多いと高揚感があがりますが(筆者だけ?)、ステアリングホイールにたくさんスイッチがあると、まさに気分はF1ドライバーのようです。

現在発売中の「812スーパーファスト」「F8トリブート」などでは、操作方法がさらにわかりやすく改善されているほか、「SF90ストラダーレ」や「ローマ」では、さらにタッチスイッチも追加されています。フェラーリのステアリングスイッチが、今後どのように進化するのか楽しみです。

[筆者:遠藤 イヅル]

自宅に居ながら気軽に愛車の査定をしてみませんか?

クルマがいくらで売れるのか知りたくありませんか?

でもディーラーや買取店にいくのはちょっと面倒。

かといって買取店の方に自宅へ来てもらって査定してもらうのも気が引けますよね。

MOTA車買取なら、PC・スマホで愛車の情報を入力するだけ!

外出せずとも自宅に居ながら概算の見積り額を出すことが可能です!

MOTA車買取はこちら

「お店に行かずに簡単に買取申込をしたい」

「今すぐに売りたいわけではないけど、自分のクルマの価格が知りたい」

そんな人はお気軽にMOTA車買取をクリック! 最短45秒でエントリーが完了します!

MOTA車買取はこちら

シトロエン/DS3
シトロエン DS3カタログを見る
新車価格:
263.8万円406.4万円
中古価格:
46万円225.5万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

シトロエン DS3の最新自動車ニュース/記事

シトロエンのカタログ情報 シトロエン DS3のカタログ情報 シトロエンの中古車検索 シトロエン DS3の中古車検索 シトロエンの記事一覧 シトロエン DS3の記事一覧 シトロエンのニュース一覧 シトロエン DS3のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる