中央道の「廃道」をVW サンタナで走る! 昭和を支えた“かつての高速道路”を訪問【昭和の風景を探す旅 VOL.5】

画像ギャラリーはこちら
失われつつある“昭和の景色”を求めて日本を巡る「昭和の風景を探す旅」。第5弾は、これまでの飲食店訪問とは趣向を変えて「昭和時代に使われていた高速道路の廃道」を、これまた昭和のクルマで見てきました。えっ、高速道路に廃止になった道なんて、あるの!?

>>「かつての高速道路」中央自動車道の“廃道”を画像で見る

目次[開く][閉じる]
  1. 昭和の風景を探す旅のアシ、今回は “日産製のドイツ車”サンタナ
  2. いまだに残る、中央道の廃止区間へ
  3. 高速道路だった名残がいっぱい
  4. あの頃きっと、サンタナもこの道を走ったはず……
サンタナの最新自動車ニュース&記事

昭和の風景を探す旅のアシ、今回は “日産製のドイツ車”サンタナ

このコーナーでは、昭和な風景を求めていろいろな場所に出かけていますが、今回の旅のお供は、筆者のもう一台の昭和クルマ、「フォルクスワーゲン サンタナ Xi5アウトバーンDOHC」を連れ出しました。

ご存知の方も多いと思いますが、日産でノックダウン生産していたあのサンタナです。

本国ドイツで昭和56(1981)年にデビューした2代目パサート(B2型)は、ボディバリエーションが5ドアハッチバックとワゴン(バリアント)しかなかったため、セダン版をサンタナとして別に用意。それを日産が、昭和59(1984)年から昭和63年(1988)年まで、座間工場で生産をしていました。「日産車」なので、「M30」という日産らしい型式も持っています。

いまだに残る、中央道の廃止区間へ

東京から中京圏へと至る、東名と並ぶもうひとつの大動脈が中央自動車道(以下、中央道)です。

勾配とカーブが連続することでも知られる中央道は、かつて談合坂サービスエリア界隈で事故や渋滞が多発していました。そこで2003年、上野原IC〜大月IC間で大幅な線形改良・車線増加工事を実施したのです。

このとき、急だったカーブ連続区間約1.5kmが廃止され、現在もその廃道が残っているのです。このような高速道路の廃止は極めて珍しい例です。

>>上野原〜大月間の航空写真【リンク(Google Map)】

※地図上、中央道(E20)に沿って「白頭稲荷」と「勘助本舗」の間あたり、中央道上側のうねうねしているのが廃止区間。

この区間を訪問するには、上野原ICで降りて国道20号に至り、下っていきます。上野原市街を抜け「野田尻」方面への案内が出たら、それを右折します。

道なりに進んでいくと中央道の側道に出ますが、途中で妙な光景が現れます。急に、左側に使われていない道が現れ、しかもその先では、柵で侵入を禁止しています。

そう、ここが廃止区間の東京側の始点です。使用していないこの道こそ、以前の「中央道下り線」。現在使用している側道は、旧上り線を転用したものなのです。

高速道路だった名残がいっぱい

ここから側道=旧上り線は、使用しなくなった旧下り線と並走しますが、このわずか1.5kmほどの区間に、この場所が元高速道路だったことを示す「遺構」がたくさんあり、興味は尽きません。

跨道橋にはいかにも高速道路のそれらしい橋梁名のプレート、道端には廃止前から使用していると思われる、「長い下り坂 速度落とせ」の表示が残ります。

上から眺めても、いかにも高速道路という雰囲気が伝わります。廃止区間の甲府側終点では、現在の中央道とから旧道へのアプローチを見られます。たしかにすごい急カーブだったのだ、と思うことしきりです。

あの頃きっと、サンタナもこの道を走ったはず……

今回、中央道の廃止区間と廃道、そしていまなお残る「当時の中央道下り車線」に立って思ったのは、筆者もこの道(舗装自体)そのものを数えきれないほどクルマで踏みしめていたのだな、という感銘でした。

ぼくは実家の最寄り高速道路が中央道なので、使用頻度がとても高かったのです。幼少時代からぼくが免許を取ったあとも、まずお出かけといえば山梨・長野方面でした。サンタナの前オーナーも東京西部に住んでいたようですので、きっとこのサンタナも幾度となくこの廃止区間を西に向かっていたことでしょう。

当時間違いなく、この廃道を走ったであろう、サンタナ。昭和を支えた大動脈・中央道と、そこに置かれた昭和のクルマも、あの時代を再現するヒトコマとなりました。

[筆者・撮影:遠藤 イヅル]

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

フォルクスワーゲン サンタナの最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン サンタナのカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン サンタナの中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン サンタナの記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン サンタナのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる